【重要】 電力会社を切り替えていても、災害時の復旧作業は不利なく行われます。
冬の電気代を安くしたいなら、今すぐ手続き!
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. キュービクルとは?高圧電力に欠かせないキュービクルの役割や耐用年数、保守業務などをわかりやすくご紹介!
 

キュービクルとは?高圧電力に欠かせないキュービクルの役割や耐用年数、保守業務などをわかりやすくご紹介!

でんきの基本

キュービクルって何?なぜ必要なの?点検頻度に決まりはある?高圧電力に欠かせない「キュービクル」について、初心者にもわかりやすくご説明しています。

高圧電力を契約する法人は知っておきたい、キュービクルの基礎知識や必要な届け出、保安管理業務についてまとめました。

 

会社や店舗・工場の電気代削減をお考えですか?

エネチェンジでは、法人・高圧電力の電気料金見直しサービス「エネチェンジBiz」も提供しています。現在の電気代をどれくらい削減できるか、無料診断を実施しています。
お気軽にお試しください。

 

キュービクルって何?

キュービクル

キュービクルは、多くの電気を必要とする工場や大型商業施設、病院、オフィスビル、ホテル、店舗など、様々な施設に設置されており、小規模な変電を行っている受電設備です。
ビルの屋上や工場の敷地内に「変電設備」と記載された写真のような金属製の箱が置かれているのを見たことがありませんか?これが、キュービクルです。

正式には、「キュービクル式高圧受電設備」といい、6,600ボルトの高圧電力を受電し、キュービクル内で100ボルトや200ボルトに変圧しています。

キュービクルはどんな役割をしているの?

Screen Shot 2016-11-10 at 3
出典:電気の送られ方 | 電気事業連合会
発電所で作られた電気は、電力会社の変電所を通して電圧を下げながら私たちのもとへ運ばれてきます。一般家庭や事業所などで低圧電力の電気を契約している場合は、最後に電柱に設置されている柱上変圧器(トランス)で100ボルトと200ボルトに変圧された電気が送られてきますが、工場や大型商業施設、病院などで高圧電力の契約をしている場合は、柱上変圧器の一つ手前の6,600ボルトの電気をキュービクルで受電し、受電した高圧の電気をキュービクル内で100ボルトや200ボルトに変圧して使用します。

キュービクルの設置が必要な高圧電力契約

電気の契約には高圧電力と低圧電力があり、原則として、高圧電力は契約電力が50キロワット以上の工場や大型商業施設、病院などが契約しているのに対し、低圧電力は契約電力が50キロワット以下の商店や医院、カフェ、美容院などの事業所から一般家庭までが契約しています。

高圧電力契約
契約電力が50キロワット以上(目安)
低圧電力契約
契約電力が50キロワット未満(目安)

高圧電力契約は、6,600ボルトの電気をそのまま敷地内に引き込むため、キュービクルの設置が必要となります。キュービクルは高圧電力を契約する事業者が設置をし、責任を持って管理をしなければなりません

キュービクルを設置する際の届け出や保安管理業務について知りたい!

キュービクルの工事・維持・運用については電気事業法により定められており、設置者が自己責任において保安規程を作成すること、電気主任技術者を選任すること、電気の保安を確保することが義務付けられています。

キュービクルを設置する場合に必要な届け出は?

キュービクルを設置する際は、電気事業法に基づき、国への手続きが必要となります。

保安規程の制定、届出
キュービクルを設置する際は、設置者が保安規程を定め、産業保安監督部長又は経済産業大臣に届け出る必要があります。
電気主任技術者の選任、届け出
キュービクルの工事、維持及び運用に関する保安監督者となる電気主任技術者を選任し、産業保安監督部長又は経済産業大臣に届け出る必要があります。
電気主任技術者を雇用することが困難な場合は、保安管理業務を行う個人事業者や電気保安法人(電気保安協会など)に外部委託をすることもできます。その場合、産業保安監督部長又は経済産業大臣に申請し、承認を得る必要があります。

また、保安規定や電気主任技術者、外部委託先を変更する場合も、同じく届け出が必要となります。

キュービクルの保安管理業務は何をするの?

設置者は、キュービクルの保安のために、保安管理業務(巡視、点検および検査)を行わなければなりません。キュービクルの月次点検、年次点検などの頻度は、設置者自ら定めた保安規程に基づき実施します。

保安管理業務を外部委託している場合は、委託先が行います。外部委託先が実施するキュービクルの点検頻度については、経済産業省告示第249号において最低限必要な頻度が定められています。
参照:経済産業省

 キュービクルの法定耐用年数はどれくらい?

キュービクルを設置した場合、償却資産として申告の対象となります。キュービクルの法定耐用年数は15年です。
参照:耐用年数表(国税庁)建物付属設備>電気設備>その他に該当

キュービクルの維持管理費が高い!なんとかならないの?

キュービクルの毎月の点検費用などが高い、と悩んでいる人もいるかもしれません。キュービクルの保安管理業務を外部委託している場合は、委託先によって費用が異なるので、変更することも可能です。ただし、保安管理業務の委託先は、費用だけで選んでしまわずに、緊急時の対応なども安心して任せることができる電気保安法人や個人事業者を選ぶことをおすすめします。

キュービクルの役割や耐用年数、保守業務についてまとめ

キュービクルの役割や耐用年数、保守業務についてご説明しました。キュービクルについて、理解できましたか?キュービクルは設置者が自己責任において保安管理をしていかなければなりません。事故を防ぐためにも、点検などの保安管理業務はしっかりと行っていきましょう。

経費削減を考えるなら、まずは電力会社を見直してみませんか?

キュービクルの価格は決して安いものではなく、さらに維持管理費も高いとお悩みの方は多いと思います。そのキュービクルや高圧電力を安くしたい、など経費削減を考えた場合、電力会社の見直しという方法があります。高圧電力は、低圧電力よりも安く電気を使えるというのはご存知かもしれませんが、高圧電力の電気料金プランや単価は電力会社によっても異なるので、設備や事業内容に見合った電力会社のプランを選ぶことで、法人の電気代も削減が可能なんです。

電気代見直しの支援サービス・法人電力比較「エネチェンジBiz」では、公平な立場から最適な電力会社選びをご提案。電気の切り替えで一番大変な「電力会社ごとの見積もりをとって、比較する」という部分を、電力に関する知識を持った専任担当者がフォローをさせていただきます。

エネチェンジBizをご利用いただいて、最大58.51%も電気料金が削減できた事例もあります。経費も削減できて、安心して契約ができる電力会社探しを無料でお手伝いします◎ぜひ、ご利用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数