エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 2015年4月から北海道電力の電気料金が軽減措置終了で値上げされました。北海道家庭の電気代負担、どうなるの?
 

2015年4月から北海道電力の電気料金が軽減措置終了で値上げされました。北海道家庭の電気代負担、どうなるの?

電力自由化ニュース

北海道電力は昨年11月に電気料金を値上げしましたが、3月までの間は軽減措置としての単価設定がされていたため、この4月から経済産業省より認可された15.33%の値上げ率単価が適用されています。値上げによる北海道の家庭への影響など、値上げ額の詳細とともにご紹介します。

北海道にお住まいの方は、今月4月より電気料金が上がったことをご存知でしょうか?
北海道電力は昨年11月に電気料金を値上げしましたが、3月までの間は軽減措置としての単価設定がされていました。軽減措置が終了したこの4月から経済産業省より認可された15.33%の値上げ率の単価が適用されています。
値上げによる北海道の家庭への影響など、値上げ額の詳細とともにご紹介します。

北海道電力の電気料金は、2015年3月までは軽減措置がとられていた

北海道電力は昨年2014年11月、経済産業省より15.33%の電気料金値上げを認可されました。その際、北海道電力は利用者の負担軽減のための軽減措置として、2014年11月から2014年3月までの間、12.43%の値上げ率での単価設定をしてきました。

3月でこの軽減措置が終わり、この4月から15.33%の値上げ率単価が適用されました。つまり、4月からこれまでよりも2.9%電気料金が値上げされたことになります。

電気料金の軽減措置の終了について
ご家庭など低圧で電気をご利用のお客さまにつきまして、平成26年11月1日から実施しておりました電気料金の軽減措置は、平成27年3月31日をもって終了し、4月1日以降の電気料金は、新単価にて計算いたします。

出典:値上げの内容-電気料金の値上げについて-ほくでん

北海道電力の4月からの新単価詳細

現在、北海道のご家庭が選べる北海道電力の電気料金プランの種類は以下のようになります。

プラン名をクリックするとプラン詳細ページに移動します。

北海道電力家庭向け電気料金プラン一覧

3月までの軽減措置がとられていた単価より、平均で2.9%の単価の値上げがされています。

値上げによりどのくらい増える?北海道家庭の電気代負担額

北海道の家庭の電気代は、昨年からの値上げの影響でどのくらい上がっているのでしょうか?この4月以降の北海道の家庭の電気代を昨年の平均額と比較した場合、値上げにより増えてしまう負担額は以下のような予想ができます。

北海道電力の値上げによる家庭の電気代影響額予想(2014年比)

季節電気代平均額
(2014年)
電気代平均予想額
(2015年)
値上がり予想額
(ひと月あたり)
春(4~5月)9,790円11,290円
(昨年より15.33%増)
+1,500円
夏(6~8月)8,162円9,413円
(昨年より15.33%増)
+1,251円
秋(9~10月)8,192円9,447円
(昨年より15.33%増)
+1,255円
冬(11~12月)13,172円13,553円
(昨年より2,9%増)
+381円

2015年4月~10月までの間は前年よりも15.33%増、11月~12月までは2.9%増と予想した場合、2015年4月~10月まではひと月あたり1,200円~1,500円の値上げ、11月~12月はひと月あたり381円北海道の家庭の電気代が上がると予想できます。

家庭に見合わない電気料金プランを使っていると電気代が大変なことに!

契約する電気料金プランは、家庭ごと自由に選ぶことができます。電気料金プランは、プランごと時間帯別に異なる電気の単価が設定されています。例えば北海道電力のドリーム8エコプランは、以下のような単価設定がされています。

ドリーム8エコプランの時間帯別単価(1kWhあたり)
冬季ピーク
16時-18時
60円02銭
冬季昼間
7時-16時/18時-23時
90kWhまで 25円07銭
90kWh~210kWh 31円71銭
210kWh以上 35円63銭
冬季以外昼間
7時-23時
90kWhまで 28円08銭
90kWh~210kWh 35円66銭
210kWh以上 40円10銭
夜間
23時-翌7時
14円13銭

冬季とは毎年11月の検針日~翌3月の検針日までの期間をいいます

ドリーム8エコプランは、冬期のピーク時間帯(16時~18時)の1kWhあたりの単価が60円02銭と大変高く設定されています。その分、夏よりも電気をたくさん使う冬の昼間時間帯の単価はやや割安に設定されています。
このプランは、共働きなどで毎晩帰りが遅いご家庭など、ピーク時間帯に電気を使うことがほとんどないご家庭などに向いています。しかし、いつもピーク時間帯に在宅をしていて電気を使っているご家庭がドリーム8エコを使ってしまうと、プランが見合わずに電気代がとても高くついてしまいます。

そのように、ご家庭に見合う電気料金プランを選ぶということは電気代の無駄をなくして節約していくためにとても重要となります。

電気料金が上がってしまった今こそ、最適な電気料金プラン選びが電気代節約のカギとなる

plan simulation
震災後から今までに一番電気料金が上がっているのは北海道電力です。
電気料金が上がってしまった今こそ、ご家庭にいちばん見合う電気料金プランを選んでいくことで、値上げ後も上手に電気代を節約していくことが可能となります。

ご家庭に最適な電気料金プランは、エネチェンジ電力比較で簡単に診断することができます。今契約されているプランよりも電気代を安くできるプランがあるかもしれません。

定期的なプランの見直しも大切

electricity_cost_saving
ご家庭の生活スタイルは年々変化していくものです。生活スタイルの変化に伴い、ご家庭での電気の使用状況も変わってきます。
電気代を上手に節約し続けていくためには、定期的に電気料金プランの見直しをすることが重要です。

エネチェンジ電力比較の会員にご登録(無料)いただくと、これから先ご家庭の電気代がお得になる情報をいち早くお届けいたします。また、エネチェンジ電力比較は何度でもご利用いただけますので、この機会にぜひご登録ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。