エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 家計の負担を減らすエアコンの選び方のポイント
 

家計の負担を減らすエアコンの選び方のポイント

電気代の節約、節電テクニック

エアコンは便利な生活には欠かせない、大切な家電製品です。エアコンの買い替えをする場合には、ライフルタイルにピッタリのエアコンを選びましょう!節電と家計の節約のためにもかかせない、エアコンの選び方についてまとめてみました。

久しぶりにエアコンをつけてみたら思った以上に暖まらなくて「そろそろ買い替え時かしら…?」なんて考える人も多いのではないでしょうか。今回はそんな買い替えを検討する時に参考になる、失敗しないエアコンの選び方のポイントをご紹介します。

エアコンを選ぶ前に確認しておくことは?

エアコンは進化の激しい家電製品で、毎年いろいろなメーカーから多くの新商品が発売されています。買い替えをしようと考えて家電販売店にいくと、あまりの数に目移りしてしまうくらいです。
エアコンを選ぶ前に知っておいて欲しいのですが、お店で気に入ったエアコンを見つけても、必ず自宅に設置できるとは限りません。購入した後になって「設置できない!」と慌てないように、まず、「設置できるエアコン」を見極めることが大事です。

室内機の設置スペースを確認しましょう

pixta_11317462_M
設置には十分なスペースが必要です

多くの家庭で使われている壁掛け型のエアコンの室外機は、充分なスペースがないと設置できません。室内機は概ね側面30㎝、天井から50㎝のスペースがあれば設置できますが、フラップを開けたときに家具やカーテンレールにぶつからないように、充分なスペースがとれるか確認をしておきましょう。エアコンのサイズ・容量が大きいほど本体サイズが大きくなりますので、買い替えでサイズアップする時は特に注意が必要です。

 

コンセントの形状と電圧を確認しましょう

エアコンはメーカーや機種によってプラグの形状が異なります。新しいエアコンのプラグ形状があわない場合にはコンセントの変更工事が必要になりますので、事前に形状を確認をしておきましょう。
エアコンのサイズによって必要な電気容量も異なります。買い替えでサイズアップする場合には、電圧の変更工事をするために電圧やアンペアを確認しましょう。今使っている電圧やアンペアは、自宅のブレーカーボックスの蓋を開けると確認できます。

 

室外機の設置スペースを確認しましょう

エアコンの室外機は建物から離して、水平に設置する必要があります。意外と大きな家電製品ですので、充分なスペースが取れるか確認しましょう。

  • 側面:5cm
  • 背面:5cm
  • 前面:25cm

また、室外機は設置する場所によって冷房・暖房機能に大きな影響を与えるって知っていますか?どちらをメインで使うかにあわせて、室外機を置く位置を考えられるといいですよね。

冷房をメインに使う
直射日光のあたらない場所に設置する
暖房をメインに使う
日の当たる暖かい場所に設置する

 

エアコン選びのポイント

電卓を持つ女性
家計にも優しいエアコンを選びましょう

エアコンは高価な家電製品ですので、簡単には買い直しはできません。次のポイントに従って、自分のライフスタイルにマッチした、家計の負担にならない最適なエアコンを選んでいきましょう。

ポイント1 エアコンの設置場所と使い方を考える

部屋の使い方は各家庭によっても違いますが、エアコンを設置する部屋によってエアコンの使い方も、必要な機能も違います。

リビング
家族がいつも集まる場所だから常にエアコンを使う
素早い立ち上がりと、常に快適な室温をキープすることが必要
寝室
使う時間は主に夜間の数時間だけに限られる
睡眠を妨げない静かな、健康を妨げない機能が必要
子供部屋・客間
使う時間や頻度が少ない
使う人数が少ないことから、最低限の機能でも満足できる

最新エアコンだからといってその部屋に必要のない機能や、大容量のエアコンを選べはコストの無駄になってしまいますし、最終的には家庭の電気代の無駄遣いにもつながりかねません。どの部屋に設置するのか、どのような使い方をするのかをよく考えてから決めましょう。

ポイント2 カタログをチェック

エアコンを選ぶためにいきなり家電販売店に行ってしまうと、多くの商品に目移りしてしまったり、店員さんの商品説明に引きずられてしまって、本当に必要な商品が選べません。まずは家電販売店で、いくつかのメーカーのカタログをもらってきましょう。カタログには性能や機能だけでなく、エアコンのサイズや必要な電気消費量、室内機や室外機の大きさや設置スペースの目安など、必要な情報が全て記載されています。カタログを見比べて欲しい商品の目星をつけることが大事です。

ポイント3 部屋の広さと条件に合うサイズを選ぶ

エアコンには冷暖房の限界がありますので、それぞれサイズ・容量が決められていて、「畳数の目安」としてサイズがカタログに表記されています。エアコンのサイズが大きい程購入価格があがりますが、購入コストを抑えようと大きな部屋に小さいサイズのエアコンを設置すると、家庭の電気代が跳ね上がり、かえって出費がかさんでしまいます。
窓の数や部屋の向きなどの部屋の条件によっても冷暖房の効率が変わってしまうので、エアコンは部屋の広さと条件を踏まえて、自分の生活に必要なサイズのエアコン>を選びましょう。

ポイント4 エアコンの能力を見極める

pixta_12883952_M
エアコンの能力って…一体何を目安にするの?

お部屋の畳数にピッタリのサイズが見つかったら、次にエアコンの「能力」を選びましょう。
エアコンの能力は冷房・暖房と表記が分かれ、最高能力の数値が大きいほど素早く部屋を冷暖房でき、最低数値の数値が小さいほど繊細な運転ができます。エアコンの大半は冷房能力より暖房能力の方が低くいので、冬の暖房にエアコンを使う場合は、2畳上のモデルを選ぶといいでしょう。

ポイント5 省エネ性能に優れたものを選びましょう

エアコンは家庭の電気代の半分以上を占めることもある、電気消費量の大きい家電製品です。どうせエアコンを買い替えるのであれば、省エネ性能の良いエアコンを選びましょう。エアコンの省エネ性能を見極める目安になる数値は、カタログの省エネ基準達成率エネルギー消費効率です。

省エネ基準達成率
目標値に対して、省エネ基準をいくらくらい達成しているかを%で表した数値。数値が大きいほど省エネ性能に優れている
エネルギー消費効率
COP(エネルギー消費効率)とAPF(通年エネルギー消費効率)で表示される。APFの数値が小さいほど省エネ性能が優れている

APFの数値が「2」違うだけで家庭の電気代は1カ月約1,000円も安くなるといわれていますので、ぜひこの数値に注目して下さい。

いくつかのエアコンを比べる場合には、省エネラベリング性能を示す★マークを比べると簡単です。経済産業省、資源エネルギー庁が統一したルールで★の数を表示していますので、エアコンを同じ基準で比較することが出来ます。★マークが多いほど省エネ性能が高く、値段も高くなる傾向があります。

ポイント6 必要な機能を選ぶ

最近のエアコンは冷房と暖房、除湿の3つの機能が盛り込まれていますが、メーカーや機種によっては他にもいろいろな機能が盛り込まれています。機能の付加があるほど購入コストがあがりますが、エアコンの使い勝手の良さを左右する機能ですので、自分のライフスタイルに本当に必要な機能かどうかを考えて検討しましょう。

センサー機能
お部屋の人数やいる場所、動きなどをセンサーで感知してピンポイントで空調を整えて省エネ運転をします
再熱除湿機能
除湿時に暖めた空気を混ぜることにより、温度を下げずに除湿します
空気洗浄機能
室内に浮遊する花粉やカビ菌などを除去して、空気をきれいに整えます
気流コントロール機能
部屋全体に冷暖房の空気流を作り出し、効率よく空調をして省エネをします
ノンストップ暖房機能
霜取り運転をしながら暖房をすることで、低下しがちな寒い日の室内温度を一定にキープします
除菌機能
室内の空気中に浮遊するウイルスやカビ菌を分解・除去します
フィルター清掃機能
面倒なエアコンのフィルターを自動で掃除します
無吸水加湿機能
吸水をしなくても、乾燥しがちな室内の湿度を一定のレベルに維持します
脱臭機能
室内にこもったタバコや汗などの嫌な匂いを脱臭します
内部クリーニング機能
送風によって室内機内部を乾燥させて、カビの繁殖やエアコン臭を抑止します

エアコン選びのポイント・まとめ

imasia_17139652_M
お掃除のしやすさも重要なポイントです

エアコンの選び方、いかがでしたか?エアコンは数多くの機種が出回っていますが、冬の暖房期・夏の冷房期は需要が高まって品薄になりますので、買い替えを考えるのであれば準備期間をとって計画的に考えましょう。
買い替えのチャンスは、

  • 3月の決算期
  • 6月と12月のボーナスの時期

9~10月の新製品発売前には型落ちのエアコンが安くなりますので、コストをおさえたい場合は型落ちで性能の良いものを選ぶのもいいですね。

エアコン選びのポイント・まとめ

  • エアコンを選ぶ前に設置場所の確認をしましょう
  • エアコンはカタログでメーカー・機種を比較して選びましょう
  • 設置する部屋の大きさに見合ったエアコンを選びましょう
  • 冷暖房の能力を見てエアコンを選びましょう
  • 省エネ性能の良いエアコンを選んで、家計を節約しましょう
  • 必要な機能のあるエアコンを選びましょう
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。