エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 関西電力、通信大手のKDDIと電力小売り事業で提携へ。首都圏攻略で
 

関西電力、通信大手のKDDIと電力小売り事業で提携へ。首都圏攻略で

電力自由化ニュース

新聞報道によりますと、関西電力は携帯電話のauブランドを提供する通信大手KDDIと電力小売り事業で提携する方向で調整されていることがわかりました。

新聞報道によりますと、関西電力は携帯電話のauブランドを提供する通信大手KDDIと電力小売り事業で提携する方向で調整されていることがわかりました。

 

関西電力とKDDIがタッグ。首都圏での新規顧客開拓

2016年4月より電力の小売りが完全自由化され、既存の大手電力会社は、従来の供給エリアを越えた越境販売を検討しています。
関西電力は現在の供給エリアの関西圏のみならず、首都圏への進出も計画しており、KDDIと提携することで、電力小売りと携帯電話や固定電話、インターネットサービスなどをセットで販売し、個別に契約するより安価に提供するなどの新しい料金プランが検討されている模様です。

電力自由化時の他地域展開へ備えた提携

関電はKDDIと提携することで、国内最大の電力市場である首都圏で東京電力に対抗し、新規の顧客獲得を狙う見通しです。報道によると、KDDIのauには全国の約4300万人の携帯電話契約者のうち、関東圏には約1800万人の契約者がいるとされ、関電はその関東地区の契約者をターゲットに、東電より割安な電気料金などを提案することで新規顧客の獲得につなげたい考えです。

2016年を見据えた守りの意味も

また、この提携には守りの意味も生じてきます。日本で第2の電力需要圏である関西には、東京電力を始めとする他地域の電力会社が参入を予定しており、他の新電力会社も同様に参入することが予想されています。
関電は度重なる値上げによる自由化後の契約者離れに警戒感を持っており、異業種との連携を通じた料金値下げによって、顧客つなぎとめを図る狙いがあります。

広がる通信大手との協業。次の焦点はNTTドコモ

電力の小売り自由化をめぐっては、しっかりとした顧客基盤を持ち、毎月の料金収受システムにノウハウがあって親和性の高い電力会社と通信大手とが提携し、新たな競争環境に対応する戦略が目立っています。

東京電力はソフトバンクとの提携を進めている

business-tie‐up
東京電力はすでに通信大手・ソフトバンクとの提携交渉を進めており、相互の強みをいかした提携を図ろうとしています。

東電は自由化で首都圏での顧客離脱を補うために、関西などの地域で新規顧客を開拓しようとしています。通信会社と提携して、お互いの営業エリアをクロスする形で新規顧客を開拓する動きは今後も活発化するとみられ、携帯電話最大手のNTTドコモの動向も含めて注目されることになりそうです。

嶋田宏実

嶋田宏実

大手メディアの現役記者。欧米での駐在経験があり、各国のエネルギー事情に通じる。
嶋田宏実
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。