エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. マイナンバー制度、いつから何をする?スケジュール総まとめ
 

マイナンバー制度、いつから何をする?スケジュール総まとめ

家計の見直し

マイナンバー制度はいつから、何が一体どう動くのでしょうか。スケジュールを押さえておけば、どの段階で何をするべきか、という方向性が見えてきます。そこで、マイナンバー制度そのもの、税金、社会保障の面からスケジュールをまとめてみました。これを読めば、スケジュールはばっちり!?

マイナンバー制度が平成27年10月から段階的に始まります。でも、いつから何をするのか、という具体的な話は、あまり知らないという人も多いかもしれません。そこで、マイナンバー制度そのもの、税金、社会保障の面から大まかなスケジュールをまとめてみました。

マイナンバー制度のスケジュール

ビジネスイメージ
カレンダー見ないと!
まず、マイナンバー制度そのものの実施スケジュールについてみてみましょう。

平成27年10月から開始

実はマイナンバー制度そのものは平成27年10月から始まっています。段階的なため、いまいちぴんと来ない人も多かったかもしれません。具体的には、日本に住民票のある全ての人に対し、通知カードが送られてきます。これは同年11月には完了する予定です。

11月が終わっても届かない人は、すぐにお住まいの地域を管轄する役所に行って相談してください。必要な手続きを行ってくれます。実際にマイナンバー(個人番号)を使った制度の運用が始まるのは平成28年1月からです。これらも含めた、大まかなスケジュールを表にまとめてみました。

年月実施内容
平成27年(2015年)10~11月日本に住民票のある全ての人に対し、通知カードを発送。
平成28年(2016年)1月社会保障制度の一部を除き、マイナンバー制度の運用開始。
平成29年(2017年)1月年金、医療保険の分野におけるマイナンバー制度の運用開始。
国の機関相互での連携開始。
マイナポータル運用開始予定。
平成29年(2017年)7月地方公共団体における連携開始。
平成30年(2018年)10月民間利用における実施の是非を決定予定。

税金との連携スケジュール

writingtaxdocument
いつから何書けばいいんだっけ?
マイナンバー制度の目的の一つに、公平な社会の実現があります。当然、税務上の公平、ということも視野に入っているのです。では、税金におけるマイナンバーの利用スケジュールはどのようになっているのでしょうか。

利用開始時期のまとめ

税金の関係書類はたくさんあります。全部を紹介することは不可能なので、多くの人にとって関係のある分野に絞って、まとめてみました。

対象となる書類利用開始時期
所得税および相続税の確定申告書平成29年3月15日申告期限分より
個人消費税の確定申告書平成29年3月31日申告期限分より
相続税の申告書平成28年1月1日以降の相続または遺贈に関する申告書より
給与所得の源泉徴収票平成28年1月1日以降の金銭等の支払等に係るものより
退職所得の源泉徴収票退職の日(平成28年1月1日以降)以後1か月以内に提出を行うものより

労務・社会保険との連携スケジュール

nenkintetyou
年金手帳しっかり見ないと!
必要な保障を、必要なときに適切に受けられるようにすることもマイナンバー制度の目的の一つ。労務・社会保険の制度とも密接に絡み合っています。では、この分野とマイナンバーの利用スケジュールはどうなっているのでしょうか。

利用開始時期のまとめ

主な書類について、マイナンバーの利用開始時期をまとめてみました。

対象となる書類利用開始時期
雇用保険被保険者資格取得届・喪失届平成28年1月1日以降提出分より
健康保険および厚生保険被保険者資格取得届・喪失届平成29年1月1日以降提出分より
健康保険被扶養者(異動)届平成29年1月1日以降提出分より
国民年金第3号被保険者届平成29年1月1日以降提出分より
健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届(70歳以上の被用者に限る)平成29年7月10日提出期限分より

マイナンバー制度、いつから何が始まる?のまとめ

smilingwoman20151112
予定がわかっていれば安心!
マイナンバー制度、いつから何に適用されるかわりましたか?一番最初の注意点は、平成27年11月中にマインバー通知カードが届かなかったら、問い合わせる必要あり!ということでしょう。マイナンバーを使うことになる書類はたくさんあります。そのため、事務処理にかなりの時間がかかるのも事実。

そこで、事業者が法律で定められた一定の事務について、事務を行う目的でマイナンバーを利用することを事前に特定し、本人に通知または公表している場合、本人の同意なくしてマイナンバーを利用できるものとされています。マイナンバーは誰にとっても初めての制度です。早めにできることはやっておいたほうがいいのは言うまでもありません。

MinAh

MinAh

AFP(日本FP協会認定)、2級FP技能士。「人生に必要なのは愛と勇気とお金」をコンセプトに、がしがしコラムを書いてます。好きなものはエスニック料理(パクチー信者)、仕事終わりのビール、綺麗な景色。一番の気分転換はカラオケで歌いまくること。どうぞごひいきに。
MinAh
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。