エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 東京ビッグサイトで「スマートエネルギーWeek2015」展
 

東京ビッグサイトで「スマートエネルギーWeek2015」展

コミケの節電効果
電力自由化

2月25日から27日までの3日間、東京・有明の東京ビッグサイトで「スマートエネルギーWeek2015」(主催・リードエグジビジョンジャパン)が開かれました。「電力自由化EXPO」や「国際スマートグリッドEXPO」を中心に、自由化がもたらす消費者へのメリットや自由化が開く新技術、新ビジネスを展示場で取材しました。

2月25日から27日までの3日間、東京・有明の東京ビッグサイトで「スマートエネルギーWeek2015」(主催・リードエグジビジョンジャパン)が開かれました。
来年4月からの電力自由化を控え、初開催の「電力自由化EXPO」をはじめ、「国際スマートグリッドEXPO」や太陽光発電、風力発電などの再生可能エネルギーに関する展示など、合計9展示会場が一堂に集まり、1580社が出展しました。
「電力自由化EXPO」や「国際スマートグリッドEXPO」を中心に、自由化がもたらす消費者へのメリットや自由化が開く新技術、新ビジネスを展示場で取材しました。

 

電力自由化で注目されるHEMSとスマートメーター

「スマートエネルギーWeek2015」の展示会場には、家電メーカーや重電機メーカー、住宅会社、商社など、関連する企業のブースが数多く並んでいました。

家電とHEMSを繋ぐ展示をしたPanasonic

その中のひとつ、一般消費者が直接かかわる展示をしているブースとしてPanasonicがありました。多くの見学者でにぎわっていましたが、ブースでは、「スマートHEMS」の展示や説明が行なわれていました。HEMSはご存知の方も多いと思いますが、「ホームエネルギーマネジメントシステム」の略称です。

「スマートHEMS」の展示がなされているPanasonicのブース

smart_energy_week_2015_panasonic

HEMSは、一般に、家電製品や調理器具、冷暖房器具、太陽光発電など電気を使うさまざまな器具、装置をIT(情報通信技術)を用いてネットワーク化するシステムです。「当社は、電気製品だけでなく、将来のガスや水道、さらに、エネファーム(家庭用燃料電池)などのネットワーク化を見据えており、それらをひっくるめて『スマートHEMS』と呼んでいます」と担当者が話してくれました。

電気の「見える化」で消費量を10%節減

HEMSの目的は、それぞれの器具、装置の電力消費量を「見える化」し、省エネ・節電に役立てることにあります。例えば、一家の電気消費量が、月々グラフなどで、モニターやパソコン画面などに表示されます。平均的な家庭との比較もできます。「今月の我が家の消費量は平均を上回っていた。来月はもっと節電しよう」「子供部屋のエアコン消費量がとても多い。温度設定を適切にするよう注意しよう」といった省エネ行動が可能になります。 ちなみに省エネルギーセンターの調査によると、電気消費量の「見える化」によって、平均で月間約10%の節減効果があるとされています。

スマートメーターとHEMSは電力自由化にどう関わってくるのか

ところで、HEMSは、電力自由化とどんな関係があるのでしょうか。HEMSはすでに導入されているところもあり、自由化とは直接関係はありません。しかし、家庭を含めた電力の全面自由化に当たっては、日本のどこの電力会社からでも契約家庭の電力使用量を把握できるスマートメーターの導入が不可欠で、現在、導入が進みつつあります。

電力会社による直接の家電コントロールも可能になる「デマンド・レスポンス」

スマートメーターは、通信機能や制御機能を持つ次世代電力メーターで、単に使用電力量の遠隔検針だけでなく、家庭などの電力需要家と電力会社との間で電力需給のコントロールを可能にする点が大きな特徴です。自由化によって、多くの事業者が電気事業に参入すると、複雑になる需給コントロールの役割をスマートメーターが果たすのです。

スマートメーターがHEMSと連携されると、ネットワークを通じた家庭の電気器具の最適制御が可能になります。こうした技術は、便利になるというだけでなく、新たな料金メニューの提供にもつながります。
例えば、猛暑の時期、電力需給がひっ迫した際に、電力会社がHEMSを通じてエアコンの温度設定などを自動的に制御することで、ピークの電力消費量を削減します。この電力会社によるコントロールを受け入れる消費者は、その分安い電気料金を享受できる、といった見返りがあります。このような、需要側による電力需給の調整はデマンド・レスポンスと呼ばれます。

スマートメーターとHEMSで、さまざまな料金プランにも対応

スマートメーターとHEMSの連携は、デマンド・レスポンスを可能にするだけでなく、節電する上で大切な料金メニューに対応することができるのです。自由化が始まると、電力会社はもちろん、新電力などがさまざま料金メニューを提示することが予想されます。リアルタイムで変わる料金プランや昼間の需要ピーク時だけに割高の設定をするプランなど、一般消費者はそれらを自由に選択することができます。スマートメーターとHEMSはそうした多様な料金メニューに対応して、電力消費を適切にコントロールしてくれます。

自由化後の複雑なプランもエネチェンジで比較診断が可能に

ただし、電力会社や新電力がどんな料金プランを用意しているのか、あるいはどのプランがご自分の家庭に最もお得なのかは、一般消費者には分かりづらいのも事実です。
エネチェンジは、2016年の電力自由化の際にそうした複雑なプランを無料で比較診断できるサービスとして、開発を進めています。
現在の電力会社内のプラン診断を行っていただくことで、自由化に際して新しく設定されるお得なプランもご紹介していく予定です。

家庭での「蓄電(充電)」にも注目があつまる

需要側の電力需給調整の役割として、近年、家庭における充電機能に関心が高まっています。「国際スマートグリッドEXPO」のブースでも、ホンダとNECのブースが目を引きました。

夜間の割安電力を電気自動車に充電し、日中の電源として利用

ホンダのブースには、電気自動車が展示され、充電機能の役割が説明されていました。

電気自動車を展示したホンダのブース

smart_energy_week_2015_honda

担当者は、この展示を「電気自動車は、環境にやさしい車としての機能だけでなく、安定したエネルギーの供給に効果を発揮します」と説明していました。
このシステムでは、電気自動車のバッテリーを、制御装置を通して電源につなぐと、ただ走るための電気を充電するだけでなく、貯めた電気を家庭に供給してくれるのです。
例えば夜間の料金の安い電力をバッテリーに充電し、昼間に使うことができます。太陽光発電や家庭用燃料電池などを含めたHEMSと連携した場合は、天気の良い日には余剰電力を充電し、昼間に使うことで電気料金を節約することができます。

専用の家庭用の充電池は、災害時にも役に立つ

NECは家庭用小型充電システムを展示しています。家庭用充電装置は、近年、値段が大幅に下がり、現在、100万~300万円程度をいわれます。家庭用充電装置は、災害などによる停電時だけでなく、電気料金の節約、さらに地域の電力需要のピーク抑制に貢献します。電力需要は、エアコンなどの消費が最大となる夏の一時期にピークとなります。

個別の蓄電は電気料金の引き下げにも繋がる

発電所が起こすような大規模な電力を貯めておき、任意に使用する技術はまだ未発達のため、電力会社は、需要ピーク時の最大値にあわせて発電設備を用意しなければなりません。ピーク需要が大きいと電力会社の設備コスト負担が大きくなり、その分電力料金の押し上げ要因になります。需要家の側で、充電システムなどにより需給を調整できれば、ピーク需要が平準化され、電気料金を抑えることができるのです。

まとめ

自由化時代のスマートな暮らしは、電気の節約と同時に、ライフスタイルに合わせた、割安な電気料金を選ぶこともポイントといえます。そのためにも、それぞれの電気事業者の料金プラン、メニューの比較と、その選択が重要になります。
エネチェンジはこうした電力自由化後のプラン選びをお手伝いいたします。

廣瀬 鉄之介

廣瀬 鉄之介

エネルギー・環境ジャーナリスト
産経新聞社経済記者、編集委員として、経済・産業・エネルギー政策等の記事執筆を担当。退社後、経済産業省所管団体「原子力発電技術機構」及び「社会経済生産性本部」で原子力、その他エネルギー関係の広報、出版物の編集に携わる。原子力発電、電力自由化、再生可能エネルギー等に精通。
廣瀬 鉄之介
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。