エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 無駄なお金は使わない!安全運転が家計に貢献するワケ
 

無駄なお金は使わない!安全運転が家計に貢献するワケ

家計の節約術

春の全国安全運動が実施されますが、安全運転が家計の節約に役立つということを、皆さん知っていましたか?安全運転をすることで無駄な出費を抑えて、家計の節約をしながら、安全に車のある便利な生活を楽しみましょう!家計を助ける安全運転のポイントをまとめてみました。

車は一家に一台の時代ですが、20代から40代の運転免許証保有率は全体の90%を越えています。
運転免許の車を日常的に使う人もいれば、使わない人もいるけれど、社会人のほとんどは車の運転免許を持ち、それを維持するためにお金を使っているんですね。
車を運転するために定期的にかかってくる、運転免許の維持費。こういった経費を少なく抑えるコツは安全運転を心掛けることにあります。
今回は安全運転が家計の節約に与える効果について、考えていきたいと思います。
dcabb100e34d1d4e002bf03bb3c212a6_s
楽しいドライブは免許があるからこそきる

車を運転することはお金のかかることです

原動機付自転車の免許が取れるのは16歳、そして18歳から普通自動車の免許が取れるようになりますから、免許保有率は年齢とともに上昇して、男性では大学卒業年齢の22歳には全体の60%の人が免許を持つようになります。
運転免許を持っていないと就職に不利になることもあるそうなので、運転免許って社会人に必須の資格ともいえますね。
免許の保有率が90%を超えるのは30歳前後、そして働き盛りの年齢層ではそのままの高い割合が続き、65歳以上の高齢期に差し掛かると急激に保有率が減少を始め、80歳では36%前後にまで低下します。

車を乗りだす前にかかるお金

車が普及している現代ではあまり意識されませんが、車は走る凶器です。一般的に車の運転は禁止されているので、車の運転をするためにはまず試験を受けて、免許証の交付を受けなくてはいけません。
この免許を取得するための試験を行ったり、免許の交付を行っているのが、各都道府県の公安委員会です。
原付免許は半日程度の講習会で免許試験を受けられますが、車になると、そう簡単に免許をとることはできません。
公安委員会の学科試験と技能試験、適性試験を直接受験することも可能ですが、きちんとした技能と知識を教わるために公安委員会指定の自動車教習所に入学して、公安委員会の試験を受ける人が大半を占めています。

車の取得にかかる経費と節約のポイント
免許取得費用
直接受験する
公安委員会の学科試験、技能試験を直接受験する方法。
費用は合計25,000円前後で、仮免許1日、本免許1日で最低2日は試験に時間がかかります。
技能試験の難易度が高いので、最低でも3回は受験しないと受かりません。
教習所に行く
自動車講習所に入り、教習・試験まで一セットでする方法。
費用は25~35万円前後で、一日数時間づつ教習をうけるので、取得まで2~3ヵ月かかります。
難易度の高い技能試験が免除されるので、免許は取りやすいです。
合宿で学ぶ
指定教習所が開催する合宿に参加して、集中的に短期間で教習を受け、試験を受ける方法。
費用は20万前後で、合宿は2~4週間が目安です。
試験は合宿終了後に、自分が住んでいる都道府県で受験します。
車の購入費用
車の車種や、新車か中古車かによって、かなりの差があります。
年収の半分以下で購入費用の予算をたてると、生活に支障なく車を活用できますよ。
車の購入には消費税がかかりますので、消費税分も忘れず予算に入れて計算をしましょう。
駐車場代
車を所有する場合、その車をとめておける場所=駐車場を確保していないと車の登録ができず、ナンバープレートが取得できません。
自分が車を持っていれば費用はかかりませんが、場所がなければ駐車場を借りて使います。駐車場代は住んでいる土地によってかなりの差がありますが、自宅近くで探さないといけません。
車庫証明取得費用など
車を持つために必要な車庫を備え付けているという証明は、所轄の警察署長から受けるのですが、申請には普通車で2,500円前後かかります。
軽自動車は届け出制で、500円前後の費用がかかりますが、地域によって届け出が必要ない場所もあります。
車の販売店で代行してもらうと代行費用が10,000円以上かかりますので、時間があるなら自分で申請したほうがお得です。
納車費用
販売店から車を自宅に納入するための費用として、5,000~12,000円がかかります。
自分で販売店まで取りに行った方がお得です。
自動車取得税
普通車でも軽自動車でも、車を売買で購入すると税金がかかります。税率は新車か中古車かでかわりますし、また中古車でも年数によって計算方法が違います。
新車の普通は、
・課税標準基準額+ 付加物の価額= 取得価額(1,000円未満切捨て)
・取得価額× 3% = 自動車取得税額
カーナビやテレビなどの付加物が少なければ税金は安くなりますが、後付けするのも手間がかかりますので、自分の利便を考慮して判断しましょう。

自分がもう運転免許を持っているからといって、安心はできませんよ。
自分の子供が大きくなっていけば、子供の免許取得費用も家計の一部として考えていく必要があるんです。

車の維持にはお金がかかります

車を乗りだすまでに大きくかかる費用は、なんといっても車の購入費用ですが、車は買ってしまえば終わりではありません。
車を安全に安心して使続けるためは、なにかと維持費がかかります。
車を選ぶときには、本体価格だけでなくその後にかかる維持費についても考えていく必要があるんですよ。

車の維持にかかる経費と節約のポイント
自動車税
車の所有者に対しては、毎年自動車税がかかります。
自動車税は車の排気量に応じて税額が決まっていて、軽自動車は年7,200円(2015年4月以降の新車購入の場合は10,800円)、排気量3~3.5ℓの普通車は58,000円です。
無駄に排気量の大きい車を選ぶと、毎年の維持費が大きくなるので注意が必要です。
燃料費・修理費用
自動車を動かすための燃料費は、車種や利用頻度、物価によって変わります。
また、車の故障による修理費も予算をたてておくと、いざという時に安心ですね。
駐車場代
月ぎめで駐車場を借りる場合、毎月の支払いが必要になります。
自動車保険(任意保険)
車を運転中に交通事故を起こして損害を与えた場合、高額な損害賠償が請求されるケースも多いので、任意で保険に加入しておくほうが絶対にお得です。
最近は代理店を通さずインターネット経由による直接加入の保険サービスもあり、保険料金も割安です。
車検費用
車検とは自動車検査登録制度を略したもので、日本では利用している車が安全基準をクリアしているか確認検査を定期的に受け、車の所有権を法律的に認めてもらう必要があります。
車検を受ける期間は車の車種や経過年によって違いますが、車検証に記載されていますので、忘れずに受けるようにしましょう。うっかり忘れて乗り続けていると、罰金刑の対象になりますよ。
車検は自動車整備店にお願いするのが一般的ですが、さまざまな経費がかかります。

自動車重量税
自動車重量税は車両重量車検回数に応じて税額が決まっています。
新車で購入した車を初めて車検に通す場合には、軽自動車で13,200円、重量1~1.5tの車は45,000円前後かかります。
自賠責保険料
交通事故が起こったときの被害者への補償のため、加入が義務付けられている保険で、車検の期間に応じて加入します。
車検期間が2年の場合、軽自動車は26,370円、普通車は27,840円前後かかります。
継続登録費用
車検に合格したことを登録し、新たな車検証の交付を受ける費用として普通乗用車で1,800円がかかります。
登録代行費用
登録代行手数料として、15,000~20,000円がかかります。
検査整備費用・部品代
自動車整備店によって検査整備費用が決められています。
また、車が安全基準をクリアするために部品の交換が必要な場合は、別途部品代がかかります。
車の故障が多ければ多いほど部品代がかかりますので、車は大事に使ったほうがお得ですよ。

免許の維持にもお金がかかります

車の運転免許も、一度取得すれば一生大丈夫の資格ではありません。
定期的に知識や技能があるかどうか、また運転に対する適性があるかどうかを確認を受ける義務があるのです。これが免許の更新制度ですね。
車の免許保有率は65歳を境に減少していきますが、私たちの多くは社会に出る20歳前後で免許を取得しますので、大体40年間は運転免許を持っている計算になり、その間何度も都道府県公安委員会の免許更新を受け続けていくのです。

更新期間は人によって違う!

免許更新期間はその人の年齢や、違反・人身事故などの経歴によって差があります。
更新には2,500円の更新手数料のほかに、都道府県ごとに決められた更新時講習手数料がかかります。
東京都にお住いの場合は・・・

免許を取得して初めて更新を受ける場合
初めて取得した運転免許の有効期限は3年間。年数は誕生日ごとにカウントされますので、免許を取得した3回目の誕生日の1ヵ月後が更新期限になります。
初回更新の更新時講習は120分間、1,350円の受講費用がかかります。
全く違反をしていない場合
過去5年間に渡って無違反であり、なおかつ人身事故を起こしたことがない場合には、免許更新期間は5年間となります。免許証に「優良」の文字が記載され、有効期間欄の地色がゴールドになりますね。
更新時講習は30分間、500円の費用がかかります。
軽微な違反を1回だけしてしまった場合
過去5年間以内に3点以下の軽微な違反を1回だけしてしまった場合は、免許更新期間は5年間となります。免許証に「優良」の文字は記載されず、有効期間欄の地色も青色になります。
更新時講習は60分間、800円の費用がかかります。
違反や人身事故を起こしてしまった場合。
過去5年間に1点以上の違反を2回以上したか、6点以上点数処分を受けた場合には、免許更新期間は3年間になります。
更新時講習は120分間、費用は1,350円かかります。
70才の場合
過去5年間に渡って無違反がないか、過去5年間以内に3点以下の軽微な違反を1回だけしてしまった場合には免許更新期間は4年間になり、違反歴がある場合には免許更新期間は3年間になります。
事前に3時間の高齢者講習か高齢者講習同等教育を受講する必要があり、予備検査と講習手数料を含めて74才以下は5,800円、75才以上は6,000円の費用がかかります。
71才以上の場合
違反経歴などにかかわず、免許更新期間は3年間になります。
事前に3時間の高齢者講習か高齢者講習同等教育を受講する必要があり、予備検査と講習手数料を含めて74才以下は5,800円、75才以上は6,000円の費用がかかります。

違反や事故が無い方が講習時間も費用も安く済みます。
また、違反歴がある場合には免許センターでしか手続きができませんが、違反歴がなければ近場の警察署でも手続きができるので、交通費も無駄にかからずお得です。
自分の更新期間や手続きの場所、費用などは、お誕生日前に届く免許センターからの通知に記載されていますので、確認してくださいね。

 安全運転が家計に貢献するワケ

b4c8ab727c674e0695a851c3c2cd530d_s
標識を守ることで自分の生活も守る
免許の更新に大きな影響を与える違反歴の算出は、更新誕生日の40日前を起算日としています。
ちょうど免許更新の通知が自宅に届く頃が、起算日となるわけですね。
その起算日をさかのぼって過去5年間違反歴が参照されて、更新期間が変わってくるわけですが、交通違反や交通事故は、免許の更新期間だけでなく、家計に深刻な影響をもたらします。
それでは、安全運転をすることが何故家計の節約につながっていくのかを説明していきましょう。

交通違反は重大な出費!

信号無視にスピード違反、飲酒運転に駐車違反など、これらの交通違反は道路交通法でしてはいけないと規定されているものです。
交通違反をすると更新期間に影響を与える点数の処分だけでなく、反則金を支払わなければいけません。
飲酒運転や一般道での30キロ以上のスピード違反などの悪質な違反は反則金では済まず、裁判所の略式裁判をうけて罰金を支払わなくてはいけないことも!
「これぐらい」「ちょっとぐらい」という気を引き締めて違反を防いで、家計の無駄な支出を抑えましょう。

反則金は基本的に高額!

反則金は車の車種によっても差がありますが、普通車では・・・

スピード超過
一般道25~30キロオーバーで18,000円
信号無視
赤信号無視が9,000円、黄色点滅信号無視で7,000円
一停無視
一時停止の標識を無視して止まらないと7,000円
横断歩行者妨害
横断歩道で歩行者を優先させないと9,000
携帯電話使用
運転中に携帯電話を使っていると9,000円
駐車違反
駐車禁止標識のある道路に車を放置すると15,000円
ちなみに・・・
酒酔い運転は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び運転は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

反則金は支払わないと免許更新はできませんし、不払いが続くと正式裁判となります。

交通事故は出費だけではすまされない

運転免許を持っている以上避けて通れないのが、交通事故のリスクですね。
交通事故にはお互いに怪我のない物損事故と、どちらかに怪我のある人身事故に大別されますが、物損事故は免許の点数には影響しないものの、車の修理費が重くのしかかってきます。自分に非があれば、自分の車+相手の車の修理代金も、全額を負担しなくてはいけないこともあるんですよ。
人身事故の場合は点数処分があり運転免許にも影響を与えますが、それ以上に怖いのは相手の怪我に対する損害賠償金です。最近の交通事故による損害賠償金は高額化しており、自賠責保険では払いきれないこともあるのです!
亡事故の場合は賠償金が1億円以上になることもありますが、死亡事故を起こすということは、お金だけでなく、自分や家族の仕事や生活、精神に大きな負担を強いることになります。
運転免許を持ち続ける以上、安全運転を心掛けることは、家計と自分や家族の生活を守るためにとても大切なことなのです。

任意保険は賢く選びましょう

どんなに安全運転を心がけても、事故を起こさないという保障はどこにもありません。
任意保険は自動車を運転するための義務と考えて、加入したほうがお得です。
検討したい保険は・・・

対人賠償保険
歩行者や相手の車の搭乗者を死傷させた場合に、自賠責保険では足りない分を補ってくれる保険です。
最近の補償額は高額化しているので、無制限にしておくのが安心です。
対物賠償保険
相手の車や電柱、ガードレールや民家などを破損させた場合の保険です。
相手が高級車の場合などは賠償額が数千万になるケースもあるので、最高額を設定しておくと安心です。
搭乗者障害保険
保険に加入している車に乗っていた人が死傷した場合に支払われる保険です。
自損事故保険
相手のいない単独事故を起こし、保険に加入している車の同乗者が死傷した場合に支払われる保険です。
無保険車障害保険
自動車保険に加入していない車との事故で死傷し、相手に損害賠償能力が無いときに支払われる保険です。
車両保険
保険加入車が事故や盗難などの被害にあった場合に、その損害を補償してくれる保険です。
免責額を大きくすると、料金が安くなります。

保険料は安いものではありません。
保険対象を限定するなどの工夫をすれば、保険料を安くすることができますので、保障内容が本当に必要かよく考えて検討するといいでしょう。
最近はリスク分散型の保険もあり、細かく条件を設定して割引が可能になっていますよ。

免許の失効にも要注意です!

免許を取得し、車を運転するなら一生受け続けなくてはいけない運転免許の更新ですが、免許の更新期間は誕生日の1ヵ月前から、誕生日後の1ヵ月の計2ヵ月間に限られています。
自分の更新時期に気付かず、うっかり免許証の有効期間が切れてしまった場合は、一から免許をとり直しなんて事態にも!
日常的に運転をするなら、免許がなくなって別の手段で移動をしなければならなくなるという経済的損失は大きいですし、免許のとり直しには時間もお金もかかって、家計を圧迫すること必須です。

うっかり失効したときの再取得方法
失効後6ヵ月以内
「特定失効者に対する講習」を受ければ試験を免除され、適性試験だけで免許の取得できます。
失効後7~12ヵ月
大型免許と普通免許に限り仮免許の技能試験と学科試験が免除されるので、仮免許の交付を受けて5日間以上の路上練習をした後、試験場で学科試験、技能試験を受けることができます。
教習所に仮免持ち入所をして、2段階からの教習を受けることもできます。
失効後1年を越えた場合
優遇措置はなく、最初からの免許のとり直しとなります。
やむを得ない理由があって更新ができなかった場合は・・・
海外駐在や長期入院などのやむを得ない理由で免許更新ができずに失効してしまった場合は、失効後3年以内で、やむを得ない事情が止んだ日から1ヵ月以内であれば、「特定失効者に対する講習」を受ければ試験を免除され、適性試験だけで免許の取得できます。

免許の有効期間は免許証に記載されていますので、誕生日には免許証を確認するクセをつけましょう。
更新の案内通知は、免許証の住所の届け出をした場所に送られてきます。住所が変わったときに最寄りの警察署に住所変更の届け出をしておかないと、更新の通知が届かずに更新時期を逃してしまうこともありますので、必ず届け出に行きましょう。

安全運転で家計を節約しましょう

私たちを支える車は便利な道具ですが、一旦走り出せば走る凶器にも変わるもの。運転する私たちの責任と経済的負担は大きいのですが、便利なものは上手に活用をしていきたいですね。
車や免許の維持にかかるお金の大半は絶対経費で、節約する余地はありませんが、車の修理代や交通違反をして支払わなくてはいけない反則金や、事故に対する賠償金を抑えれば、無駄な出費はありません。
無事故・無違反でいること、つまり安全運転をすることが、家計の節約に大きく貢献するワケなんです。
0bc3a14fb9629fa93dfaeae39242823c_s
車のある便利な生活を!

節約のため安全運転のポイント

さてさて、それでは家計節約のために、日頃から何を心掛けていけばいいのでしょうか。

家計を節約する安全運転のポイント

ゆとりをもって運転をしましょう
交通事故は慣れた場所で、先を急いでいる時に多く発生します。
焦りは判断力を狂わせますので、時間と心ににゆとりをもって運転しましょう。
セーフティスピードを守りましょう
スピードを出せば出すほど周りへの注意が散漫になり、とっさの判断力が低下します。
事故の重大化のリスクも高いので、スピードは意識して控えましょう。
信号や標識の規制を守りましょう
信号や一時停止の標識は、事故の多く発生している場所を選んで設置されています。
規制を守ることで、事故のリスクを最大限減らすことができます。
適度な車間距離を守りましょう
車間距離を詰めていると、とっさのときに対応をする余裕がなくなります。
前の車につられてスピードもあがりやすいので、前の車の後部車輪が地面と接しているところが見える場所をキープして走りましょう。
左右の安全確認を徹底しましょう
事故が多く発生するのは、交差点です。見通しが良くても必ず減速して、左右の安全を確かめましょう。
駐車場の出入りなどで歩道を通過する時は、歩行者や自転車が近くにいないか、左右を十分に確認しましょう。
歩行者・高齢者を優先させましょう
横断歩道上は歩行者が優先です。交差点を右左折するときは、必ず歩行者がいないか確認をしましょう。
高齢者は動作が遅いので、十分なゆとりをもって接しましょう。
子供にはチャイルドシートを着用させましょう
チャイルドシートの着用率は全体の60%程度と低迷していますが、事故の時に子供の死傷リスクは高いので、6歳以下の子供を車に乗せる場合には必ずチャイルドシートを着用させましょう。
夜間は早めにライトを点灯しましょう
早朝、夕方の薄暗い時期は交通事故が発生しやすくなります。早めにライトをつけると自分の見通しも良く、他の車にも気付いてもらえるというメリットがあります。
飲酒運転は絶対禁止です!
飲酒運転は非常に事故のリスクが高い、悪質な犯罪です。絶対にしてはいけません。

例年新入生が入学し、新卒者が社会にでる春の時期には、安全運転の注意喚起のために春の全国交通安全運動が実施されますね。
2015年は5月11日(月)~20日(水)までの10日間が実施期間です。
全国で街頭指導も行われますが、皆さんもこれを機会に、安全運転の大切さを、家族そろって考えてみて下さいね!

車を運転する時に必須の任意保険は、固定費の中でも運転状況や家庭の環境、車の使いかたにあわせて定期的に見なおすことで大きく節約ができますが、それは家計の中の電気代も同じです。
エネチェンジ電力比較で電気料金のプランの見直しをして、車にかかる費用と一緒に無駄な出費を省いていきましょう♪

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。