エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 制度が改正【ふるさと納税】の地域貢献と、節約効果がスゴイ!
 

制度が改正【ふるさと納税】の地域貢献と、節約効果がスゴイ!

家計の節約術

家計の節約ができてお得だと評判の【ふるさと納税】が2015年4月に改正されました!まだ利用していない人も、すでに利用している人にも知っておいてもらいたい改正のポイントと、損をしないチョイスの仕方をまとめてみました。

ee3954d89c66603aee7b85f42edd3bc5_s
こんな贅沢なフルーツがお得に手に入るとしたら!?
ふるさと納税を利用していますか?
たまに「家計の節約にイイよ!」と取り上げられるけれども、本当にお得かどうかがいまひとつよくわからないので、なかなか手を出さない人も多いというこの制度。
でも、一度利用してみると、やっぱりお得に地域の名産品がゲットできて、家計の節約効果が高いんです。
今回は、2015年4月に改正されたふるさと納税をもっと、もっと活用するためのポイントと、ゲットするとお得な返礼品を紹介してみましょう!

ふるさと納税をもっと活用しましょう

ふるさと納税は2008年4月に公布された「地方税法等の一部を改正する法律」からはじまる、自分の好きな地方自治体に納税をすることができる制度です。
納税というよりは、寄付として考えた方がわかりやすいかもしれませんね。
税金を納めることで得をする!?と疑問に思う人も多いのですが、ふるさと納税は自分の故郷や縁のある地方自治体、つまり都道府県や市町村の活性化のために納税をし、納税の見返りとして地域の特産品などの返礼品をもらうだけでなく、「寄付をした」という名目で税金の一部の控除を受ける=払った税金を返金してもらうことができるのです。
納税額のうちかなりの金額が返ってきて、さらにリーズナブルに地方の名産品をゲットできると、話題の制度なんですよ。
2014年には13万人が利用したこの制度は、2015年4月に改正されてより利用しやすくなっていて、そう!今が狙い目のチャンスなんです!。

ふるさと納税の仕組み

自分の応援したい都道府県・市区町村にふるさと納税をすると、ふるさと納税額のうち2,000円を超える部分について所得税と個人住民税の控除を受けることできます。
対象となる納税額に所得に応じた限度額はあるのですが、実質納税額から2,000円を差し引いた金額が控除により戻ってくるのがこの制度の良いトコロ。
例えば、子供のいない夫婦を想定して、年収700万円の給与所得者が30,000円のふるさと納税をすると、2,000円を除く28,000円が控除により戻ってくるワケなんですね。
ふるさと納税は、活用することにより地域社会の活性化や人口減少対策に効果的であるとも言われていて、実際に東日本大震災のときには発生直後から岩手や宮城、福島などの被災した自治体に前年の6倍以上の寄付がなされ、それにより地域の支援をした面もあり、地域への貢献度の高い、賢い納税方法であるともいえるんです。

ふるさと納税のメリット・デメリット
メリット
・成長して生まれ故郷を離れても、その地域に貢献することが出来る。
・税金の使い道に納税者が関与できる。
デメリット
・地方自治体の税収が減ってしまう。
・サービスを受ける住民が税を負担する「受益者負担の原則」が守られない。

ふるさと納税改正で何が変わるの?

メリットの高いふるさと納税ですが、これまでは「確定申告をするのが面倒くさい!」などの理由で参加を見送って人も多いのでは?
たしかに、サラリーマン家庭では基本的に確定申告をする必要はないので、わざわざ自分で面倒ごとをしょい込んでまで納税なんかしたくないや!と思う人も多かったでしょう。
そんな人に朗報です!。
今回、2015年4月の制度改正では、一定の要件さえ満たせば、ふるさと納税先団体に申請することにより確定申告不要で控除を受けられるという特例=ふるさと納税ワンストップ特例制度が創設されたのです。
より便利に、使いやすくなったふるさと納税制度で、皆さんも地域貢献をしながら家計の節約をしてみませんか?

2015年4月改正のポイント
改正点1 納税枠の上限が従来の約2倍になりました
ふるさと納税を自己負担金の2,000円でおさえ、他全額の控除を受けるための上限金額は、年収や家族構成によって変わってきます。
今回この上限金額が従来の約2倍に引き上げられたことにより、より多くの寄付ができるようになりました。
例えば子供のいない夫婦の家庭であれば・・・

  • 年収300万円・・・上限額12,000円 ⇒ 23,000円に
  • 年収500万円・・・上限額30,000円 ⇒ 59,000円に
  • 年収700万円・・・上限額55,000円 ⇒ 108,000円に

普段税金を多く納めている人ほど有利な制度ですが、より大きな効果が得られるようになりましたね。
上限額が約2倍になるのは、2015年1月1日以降の納税からです。
自分の上限額は総務省のホームページか、お住いの市町村で確認ができますよ。

改正点2 ふるさと納税ワンストップ特例制度で手続きが簡単になりました
従来納税の翌年に必要だった確定申告の手間を省くため、確定申告をする必要のない給与所得者がふるさと納税を行う場合に、ある一定の要件を満たしている場合に限り、各ふるさと納税先団体に特例の適用に関する申請書を提出することで、自分で確定申告を行わなくてもふるさと納税分の寄附金控除を受けることができるようになりました。

  • 元々確定申告をする必要がない人
  • ふるさと納税の納付先団体が5つまでである人
  • 2015年1月1日から3月31日までの間にふるさと納税をしていない人

ふるさと納税ワンストップ特例制度の適応で手続きを簡略化できる対象は、2015年4月1日からの納税に限られています。
ふるさと納税初心者や、確定申告に不慣れな人もより利用しやすくなりますね。
5つ以上の団体に納税をしてもっともっとお得になりたい人や、3月31日にまでに納税をした人は、来年に自分で確定申告をしないと控除は受けられないので、注意して下さいね。

「節約」というよりは、自分の上限額に合わせた最適な納税をすることで「賢く使って得をする」のが、ふるさと納税の利用の極意であるといえます。
これは、家計の電気の使い方に似ていますね。
電気代も自分の生活にあった最適なプランを選び取ることで、もっともっとお得に利用できるんです。
皆さんもエネチェンジ診断で、最適なプランを見つけて下さいね。

ふるさと納税で得をするチョイスを一挙公開!!

このふるさと納税は自分の生まれ故郷の地方自治だけでなく、学生の時に一時的に住んだ思い出の町や、頑張っているところを応援したい村など、自分の好きな納税先を選ぶことができるのが良いトコロなんです。
そして「納税ありがとう♡」という気持ちで送られてくる、各地域の名産品・特産品がバリエーション豊かなのも、嬉しいですね。
家計の節約を考えるのであれば、よりお得な、節約貢献度の高い返礼品を提供してくれる納税先を選びたいもの。
ココからは、ふるさと納税上級者がおススメする返礼品を、紹介していきましょう。
8a962b1d3545517a9f19f6e02c2e97da_s
やっぱり、国内でとれた農産物が人気です!

人気の品ナンバー1 お米!

ふるさと納税の中で、一番人気なのはやっぱりお米!
日本人の食卓に欠かせないお米は、経済的にとても優秀な食材でもありますね。
特にお米に関しては、それぞれの風土で大切に育てられた人気のブランド米をリーズナブルに提供してくれる自治体が多く、人気の自治体は受け付け開始からあっという間に締め切ってしまうことも!
お米の交換受付時期は自治体によってちがいますので、皆さん、早めにチェックして下さいね。

お米を提供してくれるお得な自治体は
第1位
福島県広野町 ← 3万円でお米60㎏とお味噌750gが!
第2位
長野県阿南町 ← 1万円で米20㎏
第3位
山形県南陽市 ← 1万円で米20㎏

人気の品ナンバー2 お肉!

大人も子供も大好きなお肉!国産のお肉はジューシーで美味しいですよね。
人気のお肉は地域の名産品にとどまらず、高級なブランド肉を提供してくれる自治体もあって、スゴイ人気なんですって。
数量限定や時期が限られたものも多いので、皆さんのマメに人気の自治体のサイトをチェックして下さいね。

お肉を提供してくれるお得な自治体は
第1位
宮崎県綾町 ← 1万円で「綾ぶどう豚食べ尽くしセット」2.5kg
第2位
北海道新十津川町 ← 1万円でジンギスカン2kg
第3位
茨城県石岡市 ← 1万円で「弓豚」2kg

人気の品ナンバー3 フルーツ!

お米にお肉ときたら、次はやっぱりフルーツでしょう。
ふるさと納税で選ぶなら、自宅用にはなかなか購入に踏み切れない高級な品種のものが人気のようですね。
メロンやスイカは争奪戦です!やっぱり旬の栄養豊富なトコロをいただきたいですよね。
果物そのものだけでなく、名産のフルーツをたっぷり使ったお菓子なども狙い目ですよ。

フルーツを提供してくれるお得な自治体は
第1位
鳥取県琴浦町 ← 1万円でエリザベスメロン3Lが5~6玉も!
第2位
静岡県牧之原市 ← 1万円で5kg(通常イチゴパック約18パック分)
第3位
長野県須坂市 ← 1万円で5kg

お得なのは食品だけじゃない! 

ふるさと納税でお得にゲットできるのは、食品だけではありません。各地の工芸品など、面白い物がたくさんあるんですよ。
以前はクオカードやTポイントプレゼントなんて自治体もありましたが、ここはヤッパリ、それぞれの地域で作られた優れた工芸品や頑張る地元の工業製品を選びたいトコロですね。
家計には貢献しないかもですが、社会貢献度の高いガバメントクラウドファンディング系もイイと思うんです。

食品以外でも人気の自治体は
工芸品・工業製品
長野県飯山市 ← 10万円でイーヤマ製タワーデスクトップPC
観光チケット
長野県飯山市 ← 2万円で市内宿泊券1万円分+リフト券1日分
GCF系
広島県神石高原町 ← 5千円から犬の殺処分ゼロプロジェクト支援

お得なものを、「ふるさと納税ポータルサイト ふるさとチョイス」で見つけて下さいね。
各地方自治体がこぞって自慢をするさまざまな名産品・特産品をリーズナブルに楽しんで、頑張る地方を応援しましょう!

ふるさと納税の節約ポイント

2c9ec4f1beb0104647c0c5247ec3c7d0_s
人気のブランド肉をリーズナブルに!
高級食材から季節限定のフルーツやスイーツまで、ふるさと納税はまるでグルメお取り寄せサイトのようですね。納税をすることによって地方を潤し、普段ならスーパーで買うのをためらってしまうようなグルメを味わえる!しかも、送料は無料ってすごくないですか?
ふるさと納税には地域の個性が光る特典が盛りだくさんですが、節約も忘れないで!
節約の原則は無駄遣いをしないこと。
お得だからと調子に乗って、必要のないものまで手を出さないように注意してくださいね。

損をしないふるさと納税の仕方とは!?

お得、お得!と手を出してしまいがちなふるさと納税ですが、やっぱり基本は節約です。
賢く利用して、賢く最大限のメリットを得ることを念頭に、ふるさと納税に参加することを心掛けましょう。

ふるさと納税での節約ポイント

自分の上限金額内で納税しましょう
上限金額をうわまわる納税をしてしまうと、自己負担金ばかりが大きくなってしまいます。
上限金額を予算にして、必要以上の納税はしないように気を付けましょう。
自分の必要とする商品を提供してくれる納税先を選びましょう
いくら得だと言っても、使わない物や食べきれないものを選んでも、結局は無駄になってしまいます。
納税はよく検討して、賢く選び取りましょう。
クレジットカード決済ができるところを選びましょう
銀行振り込みや郵送振り込みなど、決済方法は各自治体によって異なります。
どうせならクレジットカード決済ができる自治体を選んで、還元率の良いカードでキャッシュバックを受けて得をしましょう。

改正で便利になったふるさと納税を賢く利用して、社会に貢献!&家計を節約!してくださいね。

そしてやっぱり大事なのが、電気代の節約です。
私たちの生活を支える電気を大切に使うことも、大事な社会貢献の一つですからね。
電気代もふるさと納税の節約ポイントのように、無駄遣いの見直しをして、生活に見合ったプランを選んで節約していくことが大事なんですよ。
どうぞ皆さんもエネチェンジ電力比較から、電気代の見直しを始めていきましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。