エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. スーパーで買い物時に実践したい!消費税増税前から身につけたい節約術5選
 

スーパーで買い物時に実践したい!消費税増税前から身につけたい節約術5選

買い物 節約術
家計の節約術

政府が現在の消費税8パーセントから10パーセントに引き上げることを表明しました。増税すると具体的に私たちの生活にどのくらい影響があるのでしょうか。今回は増税前からクセつけておきたい、食材をスーパーで購入するときに役立つ節約術を5つご紹介します。今すぐできる簡単なものばかりですので、ぜひマネしてみてくださいね。

2年後の消費税率10%が確定しましたね。これをきっかけに今までと同じように買い物をしていては思った方も多いのでは??そこで、今回は“節約したいなら買い物の方法を変えよう!増税前から身につけたい買い物術7選”をテーマにスーパーでの買い物の時に役立つ節約買い物術のご紹介です。

買い物 節約

消費税10%増税の影響とは

世間では既に消費税が10%に増税になることで、ネットなどで早くも動揺している方も多いようです。

そんなもうじき訪れる消費税増税の影響とはどのようなものなのか気になっている方も多いのではないでしょうか?実際にみていきましょう。

食費 増税

消費税10%増税はいつから

消費税増税はいつからなのか知っていますか?当初の予定より延期になり、平成29年4月に引き上げになる見通しです。何故延期してしまったのかということについては、消費税増税すると景気が腰折れし、その結果税率をあげても税収が出ないと考えたからだそうです。

消費税10%増税のメリットとは

嫌なことだらけと思われがちな消費税増税にも良い点はあるはず。そう思って調べてみると、消費税増税のメリットとは景気に左右されず安定しているところ、特定の人に集中することがないというところです。震災の被災地の早期復興にもなるのではと期待が高まっているのだそうです。

消費税が上がることで起こるメリットや増税前に身につけたい買い物術をを学ぶ前に、ちょっと一息していきませんか?エネチェンジ診断では、生活パターンにあった適切な電気料金プランがわかります!今すぐチェック!

増税前から身につけたい買い物術「出発前編」

まずは増税前から身につけたい買い物術「出発前編」をお届けします。買い物に行く前から節約を心がけた行動が必要になるんです!と言っても難しいものではなく、今すぐできる簡単なものばかり。実際に例を挙げてみます。

一週間分の予算を決める

食費を抑えるなら一週間分の予算を決めることが大切です。

食費の一カ月の理想的な予算は家族の構成にもよっても異なってきますが、目安は下記の通りです。すぐには難しい場合も少しずつこの数字に近づけるようにすればOK。

一週間の食費の予算金額
夫婦二人暮らし
3,000円前後
四人家族(小学生の子ども二人+夫婦)
6,000円以内

チラシをチェックする

スーパーのチラシには、日替わりの特売品が掲載されています。ですがチラシをチェックする上で大切なことは食費の予算内で献立を考えて、本当に必要なものを予め確認しておくことです。

チラシを見ながら安い商品で献立を考えるのも一つの手ですね。

チラシをチェックしたら・・・

チラシをチェックしたらノートやメモなどに記載するのも忘れずに。買い物のときに持っていったり、記録を残しておくことでそのお店の傾向がつかめてくるかもしれません。

予算分だけのお金を持っていく

スーパーに買い物に行く際には、あらかじめ決めておいた予算額のみを持っていくようにしましょう。レジ前の商品は人気のものや手に取りやすいものも多くありますが、カゴに入れないように注意が必要です。

また、財布に充分なお金が入っていないということで商品選びの時により慎重にチェックすることにもなります。

増税前から身につけたい買い物術「お店編」

次にご紹介するのは、増税前から身につけたい買い物術「お店編」です。お店で買い物をする時にははどんなところをみたらよいのでしょうか?いつもの買い物風景を想像しながら見てみてください。

業務スーパーでまとめ買い

一週間分の食材をまとめて購入しましょう。業務用スーパーが近くにある場合は利用しない手はありません。冷凍食品や乾物、缶詰など比較的長期保存がきくものも、まとめ買いをしておいても良いですね。

まとめ買いをすることで、買い物回数を減らすことは想像以上に節約につながるんです。

食材の底値を知っておく

お店で買い物するときには食材の底値を知っておくと大変便利です。お店ではチラシに載っていないお買い得な商品もある場合もあります。そんな時に買うべきかどうかの判断をする時に役立つのが底値を知っておくこと。下記を参考にして下さい。

底値とは相場がいちばん低いときの値段のことです。

食材別の底値表
長野産こしひかり
5キロ 1740円
牛肉(肩きり落とし)
100g 89円
若鶏挽肉 (国内産)
100g 18円
豚カレー・シチュー用 (国内産)
100g 88円
鶏卵(M)
10個  50円

出典:底値調査隊

火を使わない調理で電気料金の節約に

お得に購入したら、火を使わない調理で電気料金の節約に。毎日の料理ではコンロをフル活用するのもアリ!

お財布に優しい調理を実践したら、電気料金の節約についても考えてみましょう。

春から新しい生活をはじめて、家にいる時間が少なくなった。夜型の生活になったなど生活パターンに変化がある場合、電気料金プランを違うものに変えた方が安くなる可能性があります。節約したいなら要チェックです!

a0001_000130
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。