エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. [電力自由化]栃木県の電力会社|電気料金比較 / エネチェンジ
 

[電力自由化]栃木県の電力会社に関する記事

2件の記事があります

2016年4月、電力自由化によって、電力会社は選べるように。
栃木県のみなさんが選べる電力会社、電気料金プラン比較に役立つ記事をご紹介しています。

[電力自由化]栃木県の電力会社に関する記事の一覧を見る

電力自由化で選べる電力会社と電気料金プラン、どうやって比較する?

「事務所の空調設備にかかる電気代コストを削減したい。」
「24時間稼働する工場の電気代が膨らみ、頭を抱えている。」

そんな電気代に関するお悩みを解消する第一歩!
まずは法人・高圧電力向け電気料金見直しサービス「エネチェンジBiz」をお試しください。
専任担当者が貴社に最適な電力会社をご提案いたします。

 

電気料金プランを見直した世帯の電気代節約額、平均18000円
2016年4月から電力自由化が始まり、電力会社が自由に選べるようになりました。あなたも電力会社を切り替えて、家計の節約をしませんか?すでに100万世帯以上が電力会社を切り替えています。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

電力自由化でみんながはじめて体験する電力会社、電気料金プラン選び
これまでは地域ごとに決められた電力会社、東京電力としか契約できませんでしたが、電力自由化によって、多くの電力会社から電気を選べるようになるのです。

なにをどのように比較して、どうやって選べばよいのか、わからないこともたくさんですよね。

エネチェンジでは、電気料金プラン選びを手軽におこなっていただける「電力自由化で選べる電気料金プラン比較」をご用意しています。
お住いのエリアの郵便番号を入力し、かんたんな質問にお答えいただくだけで、最適の電力会社、電気料金プランをご案内いたします。

利用はもちろん無料です。ぜひ、おためしください。

栃木県ってどんなところ?

名所旧跡や温泉地など豊富な観光資源を有する栃木県。国宝・日光東照宮には、世界から観光客が訪れています。日光国立公園内にある「華厳滝」は日本三名瀑のひとつとして知られています。鬼怒川温泉や那須温泉は、宿泊客だけでなく日帰り客にも人気。首都圏からの温泉客を中心ににぎわっています。お土産にはイチゴがおススメ。「とちおとめ」や「女峰」などが有名です。

県庁所在地は宇都宮市。ほかには、小山市、足利市、佐野市、大田原市、黒磯市などがあります。栃木県の人口は200.7万人(全国20位)。宇都宮駅は東北・山形新幹線のほか日光線、宇都宮線、烏山線の乗換駅。1日の乗降客数は70,036人です。

気になる、栃木県の暮らし

栃木県の生活費を見ていきましょう。政府統計の総合窓口「e-Stat」によると、栃木県の気になる支出は以下の通りです。

消費支出(全体):304,717円(全国22位)
食料:67,706円(全国21位)
水道光熱費:22,067円(全国17位)

全体の支出は22位と全国では中位に位置しています。水道光熱費は17位と高め。冬期間は氷点下になることも多く、暖房費がかさみがち。交通・通信費は51,435円(全国2位)です。トップの茨城県とは約3,300円の差。茨城県民と並び栃木県民も外出好きが多いと言えそうです。

電力自由化で、栃木県の電気料金はどうなる?

2017年7月31日現在、電力自由化によって栃木県で選べる電力会社には、東京電力のほか、東京ガス中部電力四国電力Looopでんきミツウロコでんき昭和シェル石油HTBエナジー洸陽電機スマ電ソフトバンクでんきエルピオまちエネなどが挙げられます。

毎日の暮らしに欠かせない電気。
まずはの電気料金プランを見直し、電力会社を切り替えることで、電気代節約につながる可能性も。まずは、エネチェンジの電気料金比較をためしてみませんか?