【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 東京ガスが電力事業に参戦!電力小売事業登録申請を提出
 

東京ガスが電力事業に参戦!電力小売事業登録申請を提出

電力自由化ニュース

東京ガスが電力の販売に参戦すると発表しました。ガス会社が電力販売をはじめるということは、当然ガスと電気のセット販売が行われるでしょう。どんなプランを見込んでいるのでしょうか?

2015年10月15日、東京ガスが資源エネルギー庁に小売電気事業登録申請書を提出しました。ガス会社による電力・ガスのセット販売も盛り上がっています。

電力自由化だけでなく、2017年のガスの自由化も見越しての電力参入

東京ガスによる一般消費者向け小売電力事業の参入は以前より経営方針として打ち出されていましたが、登録申請やスケジュールの公式発表といった具体的な動きが見えたのは今回が初めてです。

東京ガスによる一般消費者向け小売電力事業の参入

東京ガスが15日に発表した2015〜2017年度の取り組みでは、2016年4月の電力自由化だけでなく、2017年のガスの小売全面自由化についても言及されています。首都圏を中心に1,100万件以上の顧客をかかえる東京ガス。ライフバルやエネスタ、エネフィットといった地域代理店を販売網として活用できることが大きな強みとなっており、既存顧客に電気とガスのセット割引を提案できるとなれば、一大勢力になることも予想されます。

あまり知られていませんが、東京ガスはPPS(特定規模電気事業者)として企業向けの電力小売事業自体は2000年から開始しており、関東圏に独自の発電所も所有しています。今後、一般家庭にも電気を提供していくことで、電気・ガスをワンストップでお届けすることを目指すと発表しています。ガスについても天然ガス利用拡大などもうたわれており、いち消費者としても今後の動向が気になります。

進むガス・電力セット販売の動き

ガス会社による電力販売には、このほか大阪ガス静岡ガスなど都市ガス事業者が参入方針を表明しているほか、ミツウロコなど大手LPガス事業者の小売電気事業登録も行われています。

また、東京電力もガス会社との提携を進め、ガスセットの割引プランを用意する動きを進めています。

セット割は電気・ガスにとどまらない!

東京ガスの電気料金プランは電気とガスのセットプランだけに留まらず、インターネット回線とのセットや、オリジナルのポイントサービスも開始する予定です。2016年の電力自由化を皮切りに、私たりの暮らしを取り巻く環境が変わっていきそうですね。

電力小売り自由化後に電力会社やプランを選ぶには?

2016年の自由化で、電力会社を自由に選べるようになったとき、最も難しいのは自分にあった料金プランを選ぶことです。この「電力比較サイト エネチェンジ」は、さまざまなプランを比較・診断していただけます。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。