エネチェンジ限定特典で
普通に申し込むよりおトク。
【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
東京電力エナジーパートナーの
夜得プラン、朝得プラン、半日お得プラン、土日お得プランを契約されている方必読!

いまお使いの東京電力EP※1のプラン※2
2019年3月31日で使えなくなってしまいます

※1東京電力エナジーパートナーの略
※2対象プラン:夜得プラン、朝得プラン、半日お得プラン、土日お得プランのほか、農業用低圧季節別時間帯別電力、融雪用電力、低圧蓄熱調整契約も廃止となります。

手続き方法をわかりやすく解説、よくある質問のほか
おすすめの電力会社・プランをご紹介します。
なお、切り替え手続きには2ヶ月程度を要することもあります。
お早めの手続きをおすすめします。

いますぐ、切り替え先としておすすめの
電力会社の情報をみてみる

終了となるプランとは?手続きしないとどうなるの?

2019年3月31日で使えなくなってしまうプランは、時間帯や曜日によって電気料金単価が割安に設定されている、以下の電気料金プランです。
  • 時間帯別電灯(夜得プラン)
  • 時間帯別電灯(朝得プラン)
  • 時間帯別電灯(半日お得プラン)
  • 曜日帯別電灯(土日お得プラン)
  • 農業用低圧季節別時間帯別電力
  • 融雪用電力
  • 低圧蓄熱調整契約

切り替え手続きをしないとどうなるの?

2019年4月1日にすぐに電気が止まるということはないと思われますが、契約がない状態で電気をつかうことになるため、いつ電気が止まってもおかしくない状況になります。
また、手続きをしてから、電力会社・プランの移行が完了するまで、2ヶ月程度かかる場合もあります。早めに手続きを済ませましょう。

意外とかんたん!切り替え手続き方法まとめ

切り替え手続きはわずか2ステップです。
1.電力会社を選ぶ
2.申込手続きをする
解約手続きはどうしたらいいの?
◆お住まいが変わらない場合
新しく申し込む電力会社が解約手続きを行うため、ご自身での解約手続きは不要です。
◆お住まいが変わる場合
引越し時は、ご自身で電力会社との契約解除手続きが必要です。東京電力EPに連絡をし、手続きをしましょう。
なお、新しいお住まいでの電力会社選びと手続きは、エネチェンジの「引越し先の電気の手続き」ページで可能です。ぜひご利用ください。

電力会社の選び方

東京電力EPの「夜得プラン」「昼得プラン」「半日お得プラン」「土日お得プラン」は、特定の時間、特定の曜日の電気料金単価が割安なプランです。しかしながらそれ以外の時間帯は割高に設定されているため、ライフスタイルとあっていない場合には、電力会社・プランの見直しをおすすめします。

なお、現在と同等の料金プランを継続して利用したい場合には、東京電力EPの子会社である株式会社PinTの受付専用Webページから手続きが可能です。

また、「農業用低圧季節別時間帯別電力」「融雪用電力」「低圧蓄熱調整契約」は、エネチェンジからのお手続きはいたしかねるため、東京電力EPにてお手続きをお願いいたします。
  • 夜得プラン
    単位 料金(税込)
    基本料金 6kVA以下の場合 1契約 1,296円00銭
    7kVA~10kVAの場合 2,160円00銭
    11kVA以上の場合 2,160円00銭+280円80銭×(契約容量-10kVA)
    電力量料金 昼間時間 最初の90kWhまで(第1段階料金) 1kWh 24円12銭
    90kWhをこえ230kWhまで(第2段階料金) 32円12銭
    上記超過(第3段階料金) 37円09銭
    夜間時間 12円57銭
    特徴
    21時から翌朝5時までの電気料金単価がお得なプラン。
    一方で日中の電気料金プランは一般向け料金プランよりも割高に設定されています。
    このプランがおすすめの世帯
    ・契約容量が多く、21時から翌朝5時までの電気使用量の割合が多い世帯
    このプランが向いてない世帯
    ・契約容量が少なく(目安:4kVA以下)、日中の時間帯(朝5時から21時まで)の電気使用量の割合が多い世帯
    このプランが向いていない世帯におすすめの電気料金プラン
    24時間同一単価の電気料金プラン
    時間帯を気にせずに、東京電力EPの一般向け料金プランよりも割安に利用できます。 基本料金が割安になり、夜の電気料金単価が割安なプランが良い場合は、シン・エナジーの生活フィットプランもおすすめです。
  • 朝得プラン
    単位 料金(税込)
    基本料金 6kVA以下の場合 1契約 1,296円00銭
    7kVA~10kVAの場合 2,160円00銭
    11kVA以上の場合 2,160円00銭+280円80銭×(契約容量-10kVA)
    電力量料金 昼間時間 最初の90kWhまで(第1段階料金) 1kWh 24円02銭
    90kWhをこえ230kWhまで(第2段階料金) 31円99銭
    上記超過(第3段階料金) 36円94銭
    夜間時間 12円28銭
    特徴
    深夜1時から翌朝9時までの電気料金単価がお得なプラン。
    しかしながら、上記の時間帯以外の電気料金単価は一般向け料金プランよりも割高に設定されています。
    朝得プランがおすすめの世帯
    契約容量が多く、深夜1時から翌朝9時までの電気使用量の割合が多い世帯
    朝得プランが向いてない世帯
    契約容量が少なく(目安:4kVA以下)、朝9時から翌1時までの電気使用量の割合が多い世帯
    朝得プランが向いていない世帯におすすめの電気料金プラン
    24時間同一単価の電気料金プラン
    時間帯を気にせずに、東京電力EPの一般向け料金プランよりも割安に利用できます。
  • 半日お得プラン
    単位 料金(税込)
    基本料金 6kVA以下の場合 1契約 1,296円00銭
    7kVA~10kVAの場合 2,160円00銭
    11kVA以上の場合 2,160円00銭+280円80銭×(契約容量-10kVA)
    電力量料金 昼間時間 最初の70kWhまで(第1段階料金) 1kWh 28円47銭
    70kWhをこえ170kWhまで(第2段階料金) 37円93銭
    上記超過(第3段階料金) 43円80銭
    夜間時間 12円68銭
    特徴
    21時から翌朝9時までの夜間時間の電気料金単価がお得なプラン。
    しかしながら、朝9時から21時まで昼間時間の電気料金単価は一般向け料金プランよりも割高に設定されています。
    半日お得プランがおすすめの世帯
    契約容量が多く、21時から翌朝9時までの電気使用量の割合が多い世帯
    半日お得プランが向いてない世帯
    契約容量が少なく(目安:4kVA以下)、朝9時から21時までの電気使用量の割合が多い世帯
    半日お得プランが向いていない世帯におすすめの電気料金プラン
    24時間同一単価の電気料金プラン
    時間帯を気にせずに、東京電力EPの一般向け料金プランよりも割安に利用できます。
  • 土日お得プラン
    単位 料金(税込)
    基本料金 10A 1契約 280円80銭
    15A 421円20銭
    20A 561円60銭
    30A 842円40銭
    40A 1,123円20銭
    50A 1,404円00銭
    60A 1,684円80銭
    電力量料金 平日 最初の90kWhまで(第1段階料金) 1kWh 21円06銭
    90kWhをこえ230kWhまで(第2段階料金) 28円06銭
    上記超過(第3段階料金) 32円39銭
    休日(土曜日および日曜日) 20円78銭
    最低月額料金 1契約 231円55銭
    特徴
    土曜日と日曜日の電気料金単価がお得なプラン。
    しかしながら、平日の電気料金単価は一般向け料金プランよりも割高に設定されています。
    ※平日が祝日の場合は「平日」の電気料金単価が適応されます。
    土日お得プランがおすすめの世帯
    土曜日と日曜日の電気使用量の割合が多い世帯
    土日お得プランが向いてない世帯
    平日の電気使用量の割合が多い世帯
    土日お得プランが向いていない世帯におすすめの電気料金プラン
    24時間同一単価の電気料金プラン
    時間帯を気にせずに、東京電力EPの一般向け料金プランよりも割安に利用できます。

相談ホットライン

エネチェンジでは、電力会社選びに関するご相談をメールやお電話にてお答えしています。どうぞお気軽にお問い合わせください。
電話
0800-123-0233
メール
お問い合わせ
お電話での受付は年中無休、通話無料で、10時から18時となります。

よくある質問

  • 現在のプランよりも安くなる電力会社がありますか?
    おまかせ“でんき”切り替え」では、でんき選びのプロフェッショナルがご利用状況に応じたおすすめの電力会社・プランをご紹介いたします。このほか、お電話やメールでのご質問・ご相談もうけたまわっております。お気軽にお問い合わせください。
  • どの会社でも切り替えることができますか?
    エネチェンジのこのページでご紹介している電力会社であれば、お手続き可能です。kVAからAへの変更手続きが必要な場合は電力会社が対応をするため、お客様ご自身での対応は不要です。
    ※お客様ご自身で「kVA」から「A」に変更手続きをしたうえで、申し込まなければならない電力会社・プランもあります。ご注意ください。

会社概要

公平・中立な比較サービスとして消費者一人ひとりのライフスタイルにあった電力・ガス選びをサポートすべく立ち上がった「エネチェンジ」は、テレビ、新聞、雑誌に多数紹介されている日本最大級の電力・ガス比較サイトです。

メディア紹介実績