LooopでんきとSMAP ENERGYはユーザー参加型の新しいでんきの使い方DR(デマンドレスポンス)を推進しています。

  • SMAP ENERGYは「エネチェンジ」を運営するENECHANGE株式会社のグループ会社です。
    「Looopでんき」を運営する株式会社LooopとSMAP ENERGYは業務委託契約締結の上、DR(デマンドレスポンス)を推進しています。

DR [デマンドレスポンス]とは?

DRとはDemand Response(デマンドレスポンス)の略。
でんきは使用量(需要)と発電量(供給)のバランスが崩れると、 供給が不安定になったり停電を引き起こすため、 電力会社は常にでんきの使用量を予測しながら発電量の調整をし、日々の安定供給を実現しています。
電力会社が行っているその調整に ユーザがでんきの使い方を工夫して協力をすることを デマンドレスポンスDRと言います。

誰がどんなことしてるの?

Looop DRは、Looopでんきの契約者はどなたでもご参加いただけます。
募集期間中(*1)にご応募いただくだけで、費用はいっさいかかりません。
これまでに43,754(*2)の家庭や企業のみなさまにご参加いただいています。

かんたん!DRの取り組み方

  1. Step 1

    LooopでんきからDR発動時間(*3)メールが届く

  2. Step 2

    DRが発動している時間帯のでんきの使い方を工夫する

  3. Step 3

    変化量や得点(*4)などを Looopでんきマイページで確認する

  4. Step 4

    得点に応じたAmazonギフト券(*5)もらえる

  • *1 - 「真夏の節電大作戦2020」の応募は締め切りました。次回の開催は未定です。
  • *2 - これまでに実施した5回分(2019年冬、2019年春、2019年夏、2020年冬、2020年春)の参加世帯数です。
  • *3 - DR発動時間とは、でんきの使い方の工夫が必要な時間帯のことをいいます。
  • *4 - 変化量を得点化し、得点は特典と引き換えることができます。
  • *5 - 1点あたり1円分のAmazonギフト券が還元されます。詳しくは「真夏の節電大作戦2020」をご覧ください。

真夏の節電大作戦2020

LooopDR「真夏の節電大作戦2020」を開催しています。
期間は2020年7月21日(火)から8月31日(月)まで、 参加者には参加特典として、1kWhあたりの節電量につき、 「節電タイム」は5点、「スーパー節電タイムは」10点と換算し、 1点はAmazonギフト券1円分として還元をします(*6)

  • *6 -メールタイプのAmazonギフト券の最低発行金額が50円となるため、得点の合計が50点以上であることが得点付与条件となります。ご注意ください。

節電タイムのお知らせ

積極的に節電をすると得点が得られる時間帯には電球マークがついています

  • 節電タイム
  • スーパー節電タイム

節電タイムでの節電量1kWhあたり5点に対しスーパー節電タイムは 節電量1kWhあたり2倍の10点!

の節電タイム

節電タイム中にでんきの使い方や使う時間を工夫しましょう!

真夏の節電大作戦2020最新情報

2020年8月18日時点での変化量の合計 10,635.7kWh

上記はエリア全体の数値ではなく、各エリアの電気使用量の多い上位の世帯を対象としています。

参加者の個別の情報は「Looopでんきマイページ」にてご覧いただけます。
世帯ごとの真夏の節電大作戦2020の取り組み結果はもちろん、日々の電気使用量を30分単位で確認できるほか、Looopでんきに切り替えることでどれくらい節約できているかなども把握することができます。

マイページにログインする

Looop DR これまでの取り組みの成果

LooopDRは2019年冬から開始し、現在実施中の「真夏の節電大作戦2020」で6回目を迎えました。

LooopDRの成果(*1)

これまで 58,789 の参加世帯がつくった変化量の合計 484,845.3kWh

他の価値に換算すると

  • ふたり暮らしの 51,947日分(144年3ヶ月分) の電気使用量に相当(*2)
  • 太陽光パネル 88,484日分(245年7ヶ月分) の発電量に相当(*3)
  • 大型タワーのライトアップの 708日分(24ヶ月分) の電気使用量に相当(*4)
  • *1 -過去5回(2019年冬、2019年春、2019年夏、2020年冬、2020年春)に今回2020年夏(2020年7月21日〜8月18日までの速報値)を加えた、変化量の合計値です
  • *2 -1ヶ月分の電気使用量280kWh想定し算出
  • *3 -1年(稼働率50%)で1000kWhの発電する太陽光発電パネルを想定し算出
  • *4 -東京スカイツリー®のライトアップ消費電力量を1日平均118kWとし、1日あたりの平均点灯時間を6時間と想定し算出

これまでの変化量

過去5回分の変化量、最新情報 (*5)

  • *5 -過去5回(2019年冬、2019年春、2019年夏、2020年冬、2020年春)に今回2020年夏(2020年7月21日〜8月18日までの速報値)を加えた、1世帯あたりの変化量を示しています

Looopでんきとは

Looopでんきを展開する株式会社Looopは 東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動から誕生しました。
太陽光・風力・水力を始めとする自然エネルギーをこれからの発電のスタンダードにすべく 自然エネルギーの普及を目指し お客様のもとへ電力をお届けする電力小売事業「Looopでんき」を展開しています。

  • 基本料金¥0
  • 解約違約金¥0
  • 契約数18世帯以上2020年1月現在

よくいただくご質問

  • Q.DRの変化量はどのように計算するのですか?

    過去のデータから、世帯ごとに予想される電気使用量を算出し、実際の電気使用量の差分が変化量となります。

  • Q.DRは節電をする取り組みのことですか?

    節電だけではありません。
    夏や冬、予想される電気使用量に対して発電量が足りなくなる恐れがある場合には節電をし、使用量と発電量の調整を行いますが、春や秋には、予想される使用量よりも発電量が多い可能性がある場合には、積極的に電気を使用していただく取り組みとなります。

  • Q.春や秋など、どうしてでんきを使う取り組みになるの?

    春や秋は天候の良い日が多く、主に太陽光発電により多くのでんきをつくることができます。しかしながら、自然の恵みでつくられたエネルギーは、天候に左右されるため発電量を調整することが難しいという特徴があります。自然の恵みでつくられたエネルギーを他の発電方法で作られたエネルギーよりも優先して無駄なく利用するために、太陽が照っている時間帯にはでんきの積極的利用にご協力いただいています。

  • Q.どうしてこの取り組みが地球環境の負荷軽減につながるの?

    春や秋は自然の恵みで作られたエネルギーを優先して無駄なく使うことで、自然エネルギー以外の発電方法に頼らなければならない時間帯に使うでんき使用量を減らすことができたり、夏や冬は節電を心がけることで全体の発電量、使用量をへらすことで、 Co2排出量軽減につながることから、地球環境の負荷の軽減の一助になると考えています。

  • Q.Looop DRに参加するにはどうしたら良いの?

    次回のDRは未定なのですが、過去には春、夏、冬の実施実績があります。
    ご案内は Looopでんきご利用者のみとなるため、もしよろしければ Looopでんきへの切り替えをご検討いただければ幸いです。電力会社の切り替えが完了するにはお申し込みいただいてから1ヶ月後を目安とみていただいています。