ガス自由化

191件の記事があります
2017年4月には、都市ガスの自由化が始まります。 ガスの自由化によって、わたしたちの暮らしがどうかわるのでしょうか。 ガス自由化のメリットやデメリットのほか、新規参入企業やその特徴など、わかりやすく解説します。ガス自由化の最新ニュースも随時更新!
ガス自由化に関する記事の一覧を見る

ガス自由化とは?

2016年4月に電力自由化が開始されましたが、日本のエネルギーシステム改革はまだ終わっていません。 2017年4月には都市ガス自由化が始まります。 「ガス自由化?聞いたことない……」 そんなアナタのために、エネチェンジはガス自由化に関する様々なニュースや情報をお届けしていきます。

今すぐガス料金を知りたい!という方はこちら!
いよいよガス自由化!
ガス料金比較をためしてみる

 

ガス自由化のスケジュール

エネルギーシステム改革のスケジュール 画像引用元:経済産業省 資源エネルギー庁

都市ガス自由化ってなに?

都市ガス自由化といっても、電気と同じでガスも目には見えません。一体どんなことが起きるのでしょうか?

覚えておきたいガスの3つの種類

ここでガスの種類について、簡単に説明をしておきましょう。家庭で使うガスには3つの種類があります。

1. 都市ガス
ガス導管を通して家庭にガスを届ける
2. 簡易ガス(団地ガス)
70戸以上の団地などで、敷地内にガス発生設備をおき、各家庭にガスを届ける
3. LPガス(プロパンガス)
LPガス会社の人が、LPガスの入ったボンベを家庭に配達することでガスを届ける

都市ガスとLPガスの違い

「都市ガス」「LPガス(プロパンガス)」、同じ「ガス」でも全く異なる仕組みで扱われています。

都市ガス・LPガスの仕組み
都市ガスとLPガスの違い
都市ガスの場合、原料のLNGは陸あげ後に気化、臭化などの工程を経て、導管(イラストのオレンジ部分、土の中に埋まっているところ)を通じて各家庭に供給されます。この導管の管理〜各家庭にガスを供給するまでの一連の業務は、都市ガス会社、つまり東京ガスや大阪ガスなどの大手4社をはじめとする全国約200社が、それぞれの地域で担ってきました。 一方、LPガスは、原料となるLPガス(イラストではLPGと記載)を陸揚げ後、ボンベに充填し、各家庭に届けられています。LPガスを扱う会社は大小様々あり、その数はなんと全国で2万社もあるんです。

都市ガスは地域独占

資源エネルギー庁の資料によると、日本の都市ガスの会社(一般ガス事業者)は212社(平成20年3月31日時点)で、それぞれの地域で独占供給をしてきました。なかでも東京ガス東邦ガス大阪ガス西部ガスの4社は四大事業者といわれています。

都市ガス自由化で様々な企業が都市ガスに参入

都市ガスはガス管を通って家庭まで運ばれてきますね。都市ガス自由化になると、このガス管を、新規参入するガス会社が使用できるようになります。 例えば、都市ガス自由化で私が新規参入してきた「△△ガス」と契約したとします。△△ガスは、今ある東京ガスのガス管を使って、私の家までガスを届けるということです。 イメージできましたか?

工場や病院などでは、すでにガス自由化は始まっている

電力自由化でも同じでしたが、工場や病院などのガスをたくさん使う企業向けには、1995年からガス自由化がはじまっています。 ガス市場のうちの3分の2は自由化され、なんと30社以上が新規参入をはたしているんです。

海外ではガスも自由化されている

イギリス、ドイツ、イタリア、アメリカ、フランスなど、海外では家庭向けのガス自由化は始まっています。海外では、電気とガスのセット販売が一般的です。

ガスの自由化の目的って?

資源エネルギー庁は、電気とガスをあわせた「エネルギーシステム改革」という考えをもとに自由化を進めています。ガスはあくまでも、エネルギーシステム改革の中のひとつです。 消費者からしてみると「面倒」「ややこしい」「不安」といった、後ろ向きな印象もあるかもしれませんが、そもそもガス自由化の目的は何なのでしょうか?

ガスシステム改革の目的 ① 天然ガスの安定供給の確保 ガス導管網の新規整備や相互接続により、災害時供給の強靱化を含め、天然ガスを安定的に供給する体制を整えます。 ② ガス料金を最大限抑制 天然ガスの調達や小売サービスの競争を通じ、ガス料金を最大限抑制し、国民生活を改善します。 ③ 利用メニューの多様化と事業機会拡大 利用者が、都市ガス会社や料金メニューを多様な選択肢から選べるようにし、他業種からの参入、都市ガス会社の他エリアへの事業拡大等を通じ、イノベーションを起こします。 ④ 天然ガス利用方法の拡大 導管網の新規整備、潜在的なニーズを引き出すサービス、燃料電池やコージェネレーションなど新たな利用方法を提案できる事業者の参入を促します。

引用元:エネルギーシステムの一体改革について|電力・ガス|資源エネルギー庁 料金メニューを含めて、消費者にとってメリットのある改革になってほしいですね。

ガス自由化でどんな企業が参入してくる?

電力自由化では携帯電話会社、鉄道会社、石油会社、ガス会社、商社など、本当に様々な企業が参入してきましたよね。都市ガス自由化でも、同じ状況が想定されます。 東京電力関西電力などは工場などへのガスの販売実績もあり、すでにガス自由化を見越したプロモーションをはじめています。 電力自由化で新電力として参入した会社が、ガス事業を始める……なんてこともあるかもしれません。 どんな料金プランが発表されるのか、楽しみですね。

参入企業のことをもっと知りたい方はこちらもどうぞ

ガス自由化のメリットとデメリット

2017年4月にはじまるガス自由化、私たちにどんないいことがあるのでしょうか?

ガス自由化のメリット
  • ガス会社を選べるようになる
  • ポイントサービスや定額制、セット割など、料金メニューが多様化する
  • 今のガス料金よりも割安なプランを選ぶことができる
  • 都市ガス自由化にあわせて、LPガス業界でも透明性を高める動きがある(ガス料金公開など)
ガス自由化のデメリット
  • 電力自由化に比べて、恩恵を受けられる人がさらに限定的になるかもしれない(大都市圏のみでしか新規企業が参入しない可能性が高い)
  • 自己責任の範疇が広がる

もっとガス自由化を知りたい…!という方には…

弊社副社長の巻口が、ガス自由化のことをわかりやすく解説した「ガス自由化Q&A」をぜひご覧いただければと思います。

2017年4月ガス自由化、電気だけでなくガスも自ら選ぶ時代に

ガス自由化はもうすぐ始まります。損をしないためにも、電気を含めた自分の家庭のエネルギー全体という視点で、しっかりと情報収集をしていきましょう。 自分のライフスタイルにあった賢いガス会社選びを! 具体的に料金を比較してみたい!ガス会社を探してみたいという人は、ガス料金比較もご活用ください。