1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 東京電力、ガス料金プラン「とくとくガスプラン」を発表!東京ガスと比べて何がお得?
 

東京電力、ガス料金プラン「とくとくガスプラン」を発表!東京ガスと比べて何がお得?

ガス自由化ニュース

いよいよ東京電力がガス自由化に参入!東京ガスの一般料金と比べ、はじめの1年間は最大8%程度安くなるという、家庭向け都市ガス料金プラン「とくとくガスプラン」を発表しました。東京電力のガス料金プランの特徴、切り替え手続き方法、東京ガスとの料金比較など、わかりやすく解説します。

2017年7月からガス自由化への参入を公表していた東京電力が、ついにガス料金プランの詳細を発表しました。プラン名は「とくとくガスプラン」。東京ガスの一般料金よりも、はじめの1年間は最大8%程度安くなるそうです!速報でお届けします…!

更新日
2017年5月9日
登録ガス小売事業者
登録あり

東京電力のガス料金プラン「とくとくガスプラン」って?

CIMG3087 (1)
東京電力「とくとくガスプラン」は東京ガスよりも安いのでしょうか?東京ガスの一般料金と比較します。

料金表1ヶ月の
ガスご使用量
東京電力「とくとくガスプラン」
基本料金
東京電力「とくとくガスプラン」
従量料金
東京ガス一般料金
基本料金(東京地区等料金)
東京ガス一般料金
基準単位料金(東京地区等料金)
A表0m3から20m3まで722円84銭138円38銭745円20銭142円66銭
B表20m3をこえ80m3まで1005円70銭124円24銭1036円80銭128円08銭
C表80m3をこえ200m3まで 1173円31銭122円14銭1209円60銭125円92銭
D表200m3をこえ500m3まで1801円87銭119円00銭1857円60銭122円68銭
E表500m3をこえ800m3まで5992円27銭110円62銭6177円60銭114円04銭
F表800m3をこえる場合11858円83銭103円29銭12225円60銭106円48銭

東京電力「とくとくガスプラン」は東京ガスの一般料金よりも3%安い※1単価設定がされています。さらに、以下の割引が適用されます。
※1東京ガス一般料金(消費税等相当額を含み、原料調整額は含まない)との比較。
東京電力は料金計算方法が異なります。
東京電力の計算方法:基本料金+従量料金−割引±原料費調整単価
東京ガスの計算方法:基本料金+単位料金(基準単位料金±燃料費調整単価)−割引

「スタート割」でガス代が毎月5%おトクに!

期間限定の特典となる「スタート割」。
東京電力「とくとくガスプラン」に早期申し込みをすると「スタート割」が適用され、料金適用開始から1年間、ガス代が毎月5%割引となります。

「スタート割」が適応されると、はじめの1年間は、東京ガスの一般料金と比べ、最大8%程度お得になるそうです。

スタート割は、早期終了する場合があります。
スタート割の適用期間は、スタート割のガス料金の適用開始日から、適用開始日直後の検針日から11ヶ月目の検針日の前日までとなります(期中解約の場合を除く)。

「ガスセット割」で電気代が年間1,200円おトクに!

東京電力の電気とガスをセット契約すると、「ガスセット割」が適用され、毎月の電気代から100円割引(年間1,200円割引)となります。

なお、ガスセット割の対象となる電気料金プランは、以下になります(関東エリア)。

スタンダードS / スタンダードL / スタンダードX
一人暮らしの方やファミリーなど、幅広く対応しているの料金プラン。
プレミアムプラン / プレミアムS / プレミアムL
ご家族の多い方、ペットを飼っている方など、月々の電気のご使用量が多い方向けの料金プラン。
スマートライフプラン
主にオール電化住宅にお住まいの方向けの料金プラン。
夜トク8 / 夜トク12
夜間の電気をお得に活用したい方向けの料金プラン。

スタンダードX、およびプレミアムプランは新規加入はできません。

「ガス機器修理サービス」でガス機器修理が50万円まで無料!

「とくとくガスプラン」にご加入の方はもれなく、ガスコンロやガス給湯器など、お使いのガス対象設備が故障した際、無料で修理が受けられるサービスです。なんと、何台でも何回でも修理を受けられ、最大50万円まで自己負担なしなんです。

ガス機器修理サービスの特徴
  • 新品設置から10年以内の機器が対象。
  • 何台でも何回でも、修理OK!
  • 最大50万円(税込)まで、自己負担なし。
  • 24時間365日修理受付。

対象機器はガスコンロ、ガス給湯器、ガスファンヒーターなど。
日本ガス機器検査協会のJIA認証を受けたガス機器(業務用およびTES熱源機を除く)が対象となります。詳細は東京電力のホームページでご確認ください。

東京電力「とくとくガスプラン」、だれでも申し込める?

2017年5月9日現在、東京都および神奈川県にお住まいで、東京ガスと契約されているご家庭で、東京電力の電力自由化プランを利用中、もしくは新たに対象プランとガスをセットで申し込んだ人が対象となります。
対象プラン(電力自由化プラン)は、「スタンダードS/L/X」「プレミアムプラン」「プレミアムS/L」「スマートライフプラン」「夜トク8/12」となります。
現在は、東京ガスの供給エリアのうち東京都と神奈川県しか申し込みできませんが、今後エリアは順次拡大予定となっています。
スタンダードX、およびプレミアムプランは新規加入はできません。

東京電力「とくとくガスプラン」、契約手数料、支払い方法や請求書は?

支払い方法は?
口座振替、クレジットカード支払いとなります。
請求書は
とくとくガスプランの場合、検針票は、東京電力エナジーパートナーから郵送されます。 (電気とガスの料金合算後に、ご使用量のお知らせが郵送されます。)ガスとセット契約の場合、発行料金はかかりません。

東京電力「とくとくガスプラン」、解約時の手数料や違約金は?

解約手数料とは、契約を解消させるときに発生するお金で、解約違約金は契約期間内に契約を解除する場合に発生するお金です。

解約手数料は?
契約期間は1年間(自動更新)となり、契約期間中にお客さま都合で解約の場合にのみ540円の事務手数料がかかります。
解約違約金は?
かかりません。

東京電力「とくとくガスプラン」、引越しの時はどうする?

happy family holding box moving to new home
2017年5月現在、東京電力は引越し先での新たなガスの新規契約(使用開始)には対応していません。引越し先で東京電力のガスを申し込みたい場合は、東京ガス等と都市ガスの使用開始契約を行った後に、改めて東京電力のガスを申し込む必要があります。

東京電力「とくとくガスプラン」を契約している人が引越しをする場合は、東京電力カスタマーセンターに連絡をし、ガスの使用停止・解約・閉栓などの手続きを行う必要があります。

東京電力のガス、保安面はニチガスが対応

pixta_21909600_001
東京電力のガスを契約して、ガスのトラブルなどがあった場合にどのような対応をしてもらえるのか心配になる人もいるでしょう。東京電力は都市ガス自由化参入に伴いニチガスと業務提携をしています。保安業務やガス機器のメンテナンス業務などは、提携先のニチガスが行い、ガスを送る導管やガスメーターの保安やガス漏れについてはこれまで同様、ガス導管事業者である東京ガスが対応をします(災害等の緊急時には東京電力も連携をして対応します)。保安面で実績のある会社がきちんと対応してくれるので、安心感がありますね。

東京電力「とくとくガスプラン」供給開始は7月から、申し込みは5月10日から!

東京電力「とくとくガスプラン」は5月10日から申し込みの受付が開始されます。

申し込み
2017年5月10日、午前9時から受付開始。
供給エリア
当面は東京ガスの東京地区等の「東京・神奈川」のみ。今後、エリアは順次拡大予定。
加入条件
東京電力の電力自由化プランを利用中、もしくは新たに対象プランとガスをセットで申し込む。
対象プラン(電力自由化プラン)は、「スタンダードS/L/X」「プレミアムプラン」「プレミアムS/L」「スマートライフプラン」「夜トク8/12」となります。
申し込み方法
電話

東京電力「とくとくガスプラン」、申し込みは早めがお得!

東京電力のガス料金プラン「とくとくガスプラン」をご紹介しました。早期申し込みで1年間「スタート割」が適用されます。東京都・神奈川県の東京ガスの供給エリアにお住まいで、東京電力の電気を使っている人は検討してみては?

エネチェンジでは電気料金比較のほか、ガス料金比較も行えます。最適な電力会社、ガス会社選びはエネチェンジをご利用ください。

エネチェンジ診断で電気料金を比較・節約!

お住まいの郵便番号を入力して、電気料金を今すぐ比較!

-
郵便番号がわからない