1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 手続きしないと電気がつかないってほんと?引越し時の電気の手続き、注意事項まとめ
 

手続きしないと電気がつかないってほんと?引越し時の電気の手続き、注意事項まとめ

引越し

電力自由化後の引越しでは、電気の手続きをきちんとしないと引越し先で電気がつかなくなっちゃうことがあるかもしれません。電力自由化後、電気の引越しはどう変わった?手続きはどうすれば良いの?注意事項は?これを読めば、すべてわかります。

引越し先のお部屋が決まると、いよいよ「引越しするんだ」という実感が湧いてきますよね。新しい生活に期待がふくらむいっぽうで、引越しにまつわる手続きを面倒に感じるのもこのタイミングでしょうか。引越し手続きのひとつである、「電気」の手続き方法が、電力自由化によって変わりました。今回は、電力自由化後の引越し時の電気の手続きや理想的なスケジュール、気をつけておきたい注意事項をわかりやすくご説明します。

引越し手続きやることリストご紹介の前に…

2016年4月の電力自由化で、数多くの電力会社のプランから自分の好きなプランを選んで契約できるようになりました。 引越しで電力会社との契約は必ずするものなので、せっかくなら自分に見合った電力会社のプランを選んで、電気代をお得に節約してみてはいかがでしょうか。

電力自由化前
地域ごとに決められた電力会社と契約
電力自由化後のいま
じぶんで、電力会社を選べる

ではさっそく、「電力自由化後の、電気の引越し手続き」をご紹介します。

電気の手続きやることリスト、理想的なスケジュール

電力会社とのコミュニケーションが大事
電気の引越し前の手続き、引越し後の手続きは以下のように進めていきます。

[引越し前]どんな手続きが必要?

電気の使用停止・開始手続きをしましょう。

1.引越し先で申し込みたい電力会社のプランを決める
引越し先で申し込みたいプランを検討します(迷ったら、エネチェンジ電力比較が便利です)。決まったら、引越し先ですぐに使用開始できるかどうか確認しましょう。引越し時には契約できない電力会社もあります。その場合は、引越し先の地域の電力会社と契約をした後、電力会社を選ぶことになります。
2. 引越し先で使う電力会社に申し込む
引越し先で使う電力会社に申し込みを行います。電力会社のHPから、もしくはエネチェンジからも申し込みができますよ。
3. 引越し先で使う電力会社に供給開始日を確認
この作業は電話で行うのが無難です。事情をしっかり説明して、いつから電気を使えるのかを確認しましょう。この時に、今契約している電力会社との契約についても、どのように対応するのかを確認しておくことをオススメします。
4.今契約している電力会社へ解約を申し込む
引越し先で使う電力会社との契約が順調に進んでいることが確認できたら、今契約している電力会社に解約申し入れをします。

電話をして確認するという作業が、どうしても追加されてしまうのですが、その時間さえ取れれば難しいことはありません。

[引越し後]どんな手続きが必要?

1.電気がつくか確認
【ブレーカーの場合】引越し先でまず行うのは、ブレーカーをあげる作業。電気がつけばOKです。
【スマートメーターの場合】スマートメーターの場合は、事前に入居日をつたえておけばOKです。照明などをつけてみて、電気がつくかどうか確認しましょう。
2.使用開始の書類を確認
多くの場合、引越し先で使う電力会社から、使用開始日がメールもしくは書面で届きます。お客様ページへのログイン方法なども記載されている場合があるのでしっかりと確認しましょう。
3.お客様ページで電気の使用開始を確認
電気使用量のお知らせ(電気使用量の確認)を紙ではなく、WEBで行う会社もあります。会員ページへのログイン情報が届いたら、ログインできるかしっかりと確認しましょう。

引越し先では、手続きというより確認作業行うイメージですね。電気の引越し手続き、意外と簡単だと思いませんか?

電気の引越し手続き、注意事項はある?

電力自由化後、引越しで初めて新しい電力会社に手続きをする時って不安なことも多いですよね。注意事項をまとめました。

電気の引越し手続きをきちんとしておかないと、引越し先で電気がつかないことも!

pixta_25866578_M
電力自由化によって、引越し時の電気の手続きがとても大事になったんです。電力自由化前までは、利用できる会社がひとつだけだったので引越し先でアンペアブレーカーをオンにすれば電気をすぐに使うことができました。しかしこれからは、電力自由化で電力会社を選べるようになったこと、さらにスマートメーターの導入がすすむことで、手続きをすませないと電気が使えないということも起こりえます。
そのため、引越しが決まったら電気の手続きを忘れずに行いましょう。

事前に、引越し先にスマートメーターが付いているか確認を◎

tepcosumame
画像出典:知っておきたい電気設備|電気料金・各種お手続き|東京電力
引越し先の電力メーターがスマートメーターに切り替わっていない場合は、基本的にはスマートメーターへの切り替えが行われてから新しい電力会社の電気を使いはじめることができます。引越し先で使う電力会社の中には、スマートメーターに切り替わっていなくても引越し日から電気が使えることもあるようですが、事前に確認することをオススメします。
引越し先が決まったら、引越し先にスマートメーターが取り付けられているかをきちんと確認しておくと、電気の手続きもスムースです。

結婚や、初めての一人暮らしの場合は、引越し後のライフスタイルが整ってから電気料金プランの見直しを◎

プラン選び
引越し先で暮らす世帯人数が今と同じ場合は「今の電気使用料」を元にエネチェンジ電力比較をしていただくと最適なプラン診断ができますが、結婚や初めての一人暮らしなど、世帯人数が変わる場合は引越し先で1カ月にどのくらい電気を使うのか想像できませんよね。
そういう場合は、引越しをしてからしばらく様子を見て、自分たちの電気使用料や生活スタイルがわかってきたときに電気料金プランの見直しをすることをオススメします。

アパートやマンションでは、電力会社を選べる場合と、選べない場合があります

マンションやアパートでも選べるの?
マンションで高圧一括受電契約がされている場合は、個人で電力会社を選ぶことはできません。高圧一括受電契約がされていない場合は電力会社を自由に選ぶことができます。自分で好きな電力会社のプランを選びたい!という人は、引越し先を選ぶ際に「高圧一括受電契約」であるかどうかも考慮しましょう。
見分けかたのひとつとして、電気料金のお知らせが電力会社から届いている場合は、高圧一括受電契約ではないので、アパートやマンションにお住まいでも電力会社を選ぶことが可能です◎

引越しと同時に、電力会社を選んでみたいけど、なにをどうえらべばよいの?

どうやって選べばよいのか、悩んでしまう
せっかくなら、この機会に自分にピッタリの電力会社を選んでほしい!……とエネチェンジは思っています。とはいえ、「どう選ぶの?」というのが皆さんの素朴な疑問でしょう。
まずは「電力会社を自ら選ぶこと」を考えてみましょう。

電力会社を選ぶことのメリット

電力自由化前は選択肢がなかったわけですから、言われた通りに契約をすればよかったんです。ある意味、何も考えなくてよいからラクチンでした。電力自由化で選べる電力会社、プラン数が増えて、「急に選択肢がたくさんでてきても困る!」「契約とか考えると面倒くさそう」という人もいるかもしれません。でも、電力会社を選ぶことのメリットをはたくさんありますよ!

  • 自分の生活時間帯に合うプランで電気代の節約ができる!
  • 選ぶプランによっては、電気代自体がグンと安くなったり、ガスとセットにして支払いを一緒にできたり、お得なポイントがたまったりする
  • 再生可能エネルギーなど、自分が購入する電気の発電方法も選べる
電力会社を切り替えることで、日常生活に直結するメリットも◎
いかがでしょう?
節約やポイントがたまるなど、私たちの日常生活に直結するメリットもありますね。
引越しをする時は、どちらにせよ電力会社に何かしらの手続きをする必要があります。どうせ手続きするのであれば、節約になったり、自分にとってお得なサービスが用意された電力会社に変えてみたいと思いませんか?

いっぽうデメリットは…?

なんだかメリットがたくさんありそうな電力会社選びですが、デメリットはあるのでしょうか?

  • 電力会社のプランの数が多すぎて、どうやって選べばいいのか迷ってしまう
  • どの会社が安心できるかわからず、心配……(詐欺とかもあるんじゃないかな)
どう選ぶ?
「自分で電力会社を好きに選んでいいよ」と言われても……困ってしまいますよね。特に東京や大阪などの大都市圏は、新しく参入した電力会社の数も多く、とにかく電力会社・電気料金プランを選ぶだけで一苦労です。ましてや、生活に欠かせない電気を適当に選ぶわけにもいきません。どうやって選べばいいんでしょうか?

電力会社の選び方

お住いのエリアごとに選べる電力会社、プランは異なります。エネチェンジで選べる電力会社、プランを以下にまとめてみました。

地域選べる会社数プラン数代表的な会社
北海道地方12社38プラン北海道電力, 北海道ガス, auでんき, 丸紅新電力
東北地方15社59プラン東北電力, イーレックス, HTBエナジー, J:COM
関東・甲信越(東京電力エリア) 53社221プラン東京電力, 東京ガス, ENEOSでんき, 昭和シェル石油
中部地方24社86プラン 中部電力, 東京電力, 東邦ガス, 東燃ゼネラル石油
北陸地方4社13プラン北陸電力 ,auでんき
関西・近畿地方26社80プラン関西電力, 東京電力,大阪ガス, eoでんき, スマ電
中国地方12社41プラン中国電力, イーレックス, HTBエナジー, auでんき
四国地方8社27プラン四国電力, auでんき
九州地方19社71プラン九州電力, ナンワエナジー, 西部ガス, HTBエナジー
沖縄地方1社3プラン 沖縄電力

2017年3月6日更新(エネチェンジ調べ)
こんなにたくさんの選択肢があると、正直選べない……ですよね。
そこで役にたつのが、エネチェンジ電力比較!簡単な質問に答えるだけで、自分の住んでいるエリアで契約することができる電気料金プランを、手軽に比較することが可能です。たくさんある電気料金プランの中から、オススメのものを3プランくらいに絞り込めるわけですね。便利!

エネチェンジ電力比較をつかって比較してみると······

Screenshot 2016-05-30 at 12.33.37
エネチェンジ電力比較・診断画面
エネチェンジ電力比較はとっても簡単!電気料金の請求書を手元に用意して、5つの簡単な質問に答えていきます。

  1. 同一世帯の人数を選ぶ
  2. ガスの利用を選ぶ(オール電化・都市ガス・LPガス)
  3. 生活の時間帯を選ぶ
  4. 今の電力会社とプランを選ぶ
  5. 今の電気代もしくは電気使用量を入力する

これで完了!次の画面に比較結果が表示されます。

診断結果は······

2017-02-23_17
エネチェンジ電力比較・診断結果画面
5つの質問に答えて診断ボタンをポチッと押すと、エネチェンジで今すぐ切り替えていただけるプランのなかから、おすすめプランが3つ表示されます。例えば、

  • 解約金・違約金がないプラン
  • いちばん節約できるプラン
  • そのエリアで人気のプラン

のように3つ表示され、気になったプランは「詳細を見る」ボタンで確認ができます。

スクリーンショット 2017-02-23 午前10
エネチェンジ電力比較・診断結果画面
その下には、お住まいの地域で選べる電力会社のプランがおすすめ順電気代が安い順に表示されます。プランごとに、以下の内容がひと目でわかるんですよ。

  • おすすめ度(星5つ)
  • そのプランに変えると年間でいくらお得になるか
  • プランの特徴(違約金の有無、ポイントサービスの有無、割引の有無など)

さらに、画面右側にあるポイント絞り込みから、解約金がないプラン、ポイントがたまるプラン、セット割引があるプランなど、自分が絞り込みたい内容でのプラン検索も可能です。

プランが決まったら······

プランが決まったら、あとは申し込むだけ!エネチェンジの画面からそのまま申し込みができます◎

このように、エネチェンジ電力比較を使うと自分にぴったりなプランを簡単に比較できちゃうんです。実際にエネチェンジを使って比較したり、電力会社を変更した人たちも、「候補を絞り込めるから便利だった」と言っています。

エネチェンジ電力比較をつかって変更したひとの体験談

エネチェンジでエネチェンジ電力比較を利用してくださったひとの声をご紹介します。

  1. w2
    東京都 50代 女性

    他の比較サイトも見ましたが、サイトが見やすくて、比較検討するのに余計なものが少なく、割安さの比較計算がしやすかった。

  2. w3
    東京都 40代 女性

    一度に比較検討できるのがよかった。自分の家庭に合った会社・プランを簡単に探せるので助かりました。

  3. m1
    千葉県 40代 男性

    お勧めの会社がランキングされることにより、検討する会社を絞ることが出来た。電気料金がどのくらい安くなるかの目安になった。

  4. w4
    秋田県 40代 女性

    具体的に料金が出たことで、電力会社を替える決め手となった。料金が安くなり、大いに節約効果があった。
    大手の電力会社を変えるのは少なからず不安がありますが、スマートメーターに変えてもらう以外、こちらで何もすることがなく、これでいいの?くらいでチェンジできました。それで料金が安くなるのは手軽なエコだと思います。

  5. w1
    東京都 30代 女性

    他の比較サイトでは細かい部分が比較できなかったり、情報が不十分だったがエネチェンジはわかりやすく、ソートもできて便利だった。
    今までは電気やガスなどが自由化したといっても、新規事業者が信頼に足るものか、また、不備はないか、実質本当に得になるのか等疑わしく思っていたというのが本音です。しかし、実際乗り換えてみて、それまでの検討する時間や作業は多少大変さもありましたが、目に見える形で節約につながることがわかり、ガスや電気代に限らず、色々なものに対して経済的な意識・他のサービスへの関心が強くなったと感じています。そういった意味でも、ただ漫然と契約を見直さずにいくのではなく、行動して見てよかったと思っています。

実際に、引越しで電力会社を変えた人は…?

エネチェンジ編集部の1人が、実際に引越しのタイミングで電力会社変更をしています。東京電力からENEOSでんきへの変更手続き、どうだったのでしょうか?

  1. 荒木
    荒木

    確かにコールセンターに電話をして、供給開始日やスマートメーターのことを確認する手間はありましたが、たかが数分の電話なので面倒とは感じませんでした。引越し日から電気を問題なく使っていますし、電気の質も同じです。実際に電気料金も以前より安くなっているし、これで節約ができるなら、すごい簡単だしラクだと思います。私はこまめな節電ができない人なので(笑)ありがたいですね。

年間数千円、人によっては1万円以上も節約できるので、それを考えれば契約のやり取りが少し煩雑だとしても、メリットが多いですよね。

電気の引越し手続きまとめ

電力自由化後の電気の引越しについてご説明しました。なんだか面倒くさそう……と感じてしまいがちですが、意外と手続きは簡単です。どうせ引越しをするときは電力会社の契約手続きをしなければなりません。だったら、それをきっかけに自分に最適な電力会社・電気料金プランを探してみませんか?

エネチェンジではアナタに最適な電気料金プランを比較検討できるサービスエネチェンジ電力比較を提供しています。引越し先での電気料金プラン探しに、ぜひご活用ください。

250万世帯以上が切り替えています
電力会社を変えると電気代が平均18000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

エネチェンジ診断で電気料金を比較・節約!

お住まいの郵便番号を入力して、電気料金を今すぐ比較!

-
郵便番号がわからない