エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 丸紅新電力が電力自由化参入、北海道・関東・関西・九州から
 

丸紅新電力が電力自由化参入、北海道・関東・関西・九州から

電力自由化ニュース

大手総合商社である丸紅が、電力自由化にともない、「丸紅新電力」という会社名で電気の販売を開始します。北海道・関東・関西・九州は申し込みを受付けていますよ。電気料金プランの詳細をみてみましょう。

大手総合商社である丸紅が、「丸紅新電力」という会社名で電力自由化に参入します。2016年3月1日より、北海道・関東・関西・九州では申し込みも開始。3月1日に発表された「プランS」の詳細をみてみましょう。

更新日
2016年3月9日
登録売電気事業者
登録あり

丸紅新電力「プランS」

3月1日に発表されたプランは「プランS」、現在の従量電灯に対応している電気料金プランです。東京であれば従量電灯B・Cに相当するプランが発表されています。電気をたくさん使う人がお得になるように単価設定がされています。
では、エリアごとの電気料金単価を確認していきましょう。

北海道エリア「プランS」(従量電灯B向け)

区分単位丸紅新電力・プランS 料金(税込)北海道電力・従量電灯B 料金(税込)
基本料金10A1契約1004円40銭334円80銭
15A502円20銭
20A669円60銭
30A1004円40銭
40A1339円20銭1339円20銭
50A1674円00銭1674円00銭
60A2008円80銭2008円80銭
電力量料金第1段階 最初の120kWhまで1kWh23円54銭23円54銭
第2段階 120kWhをこえ280kWhまで27円66銭29円72銭
第3段階 280kWhをこえる分30円03銭33円37銭

北海道電力管内で従量電灯Bと契約している人向けの電気料金プランです。基本料金は30Aまでだと一律で1004円4銭となっています。
電力量単価は3段階になっており、第2・第3段階の料金がお得になっています。例えば、40Aで月の電気使用料が520kWhの場合は、1カ月で1,130円程度お得になります。

北海道エリア「プランS」(従量電灯C向け)

区分単位丸紅新電力・プランS 料金(税込)北海道電力・従量電灯C 料金
基本料金1kVA334円80銭334円80銭
電力量料金第1段階 最初の120kWhまで1kWh23円54銭23円54銭
第2段階 120kWhをこえ280kWhまで27円46銭29円72銭
第3段階 280kWhをこえる分31円00銭33円37銭

北海道電力管内で従量電灯Cと契約している人向けの電気料金プランです。第2・第3段階の料金が7%程度お得になっています。例えば、8kVAで月の電気使用料が1,500kWhの場合は、1カ月で3,250円程度お得になります。年間で考えるとなんと4万円近く安くなる計算に!これは大きいですね。

東京エリア「プランS」(従量電灯B向け)

区分単位丸紅新電力・プランS 料金(税込)東京電力・従量電灯B 料金(税込)
基本料金10A1契約1123円02銭280円80銭
15A421円20銭
20A561円60銭
30A842円40銭
40A1123円20銭
50A1404円00銭1404円00銭
60A1684円80銭1684円80銭
電力量料金第1段階 最初の120kWhまで1kWh19円43銭19円43銭
第2段階 120kWhをこえ300kWhまで25円91銭25円91銭
第3段階 300kWhをこえる分29円93銭

東京電力管内で従量電灯Bと契約している人向けの電気料金プランです。基本料金は40A未満の場合は固定で最低料金がかかります。電力量料金は2段階になっており、120KWh以上は一律25円91銭です。
40Aで月の電気使用量が520kWhの場合、月880円、年間1万円程度の割引となります。ちょっと割引のインパクトとしては弱いかな?という印象でしょうか。

東京エリア「プランS」(従量電灯C向け)

区分単位丸紅新電力・プランS 料金(税込)東京電力・従量電灯C 料金
基本料金1kVA280円80銭280円80銭
電力量料金第1段階 最初の120kWhまで1kWh19円43銭19円43銭
第2段階 120kWhをこえ300kWhまで25円91銭25円91銭
第3段階 300kWhをこえる分26円85銭29円93銭

東京電力管内で従量電灯Cと契約している人向けの電気料金プランです。基本料金は同額、電力量料金は第3段階だけ10%程度お得な設定になっています。
例えば、8kVAで月の電気使用料が1,500kWhの場合は、1カ月で3,690円程度お得になります。年間で考えるとなんと45000円近く安くなります。やはり第3段階が安いというのは、たくさん電気を使う家庭には嬉しいですよね。

関西エリア「プランS」(従量電灯A向け)

区分単位丸紅新電力・プランS 料金(税込)関西電力・従量電灯A 料金
最低料金1契約6510円24銭
※250kWhまで
373円73銭
※15kWhまで
電力量料金15kWh超過120kWhまで1kWh0円22円83銭
120kWh超過250kWhまで0円29円26銭
250kWh超過300kWhまで26円90銭29円26銭
300kWh超過分33円32銭

関西電力管内で従量電灯Aと契約している人向けの電気料金プランです。
月の電気使用料が250kWhまでは定額制となっています。250kWh以上の電気料金単価も、関西電力の従量電灯Aのに比べると安く、第3段階に至っては20%近く割引になっているんですね。
電気をたくさん使う人をターゲットにしているのが、伝わってきます。
ちなみに、月の電気使用量が520kWhの場合は約1,600円安くなるんです。

関西エリア「プランS」(従量電灯B向け)

区分単位丸紅新電力・プランS 料金(税込)関西電力・従量電灯B 料金
基本料金1kVA380円80銭380円80銭
電力量料金第1段階 最初の120kWhまで1kWh20円47銭20円47銭
第2段階 120kWhをこえ300kWhまで23円82銭24円75銭
第3段階 300kWhをこえる分25円34銭28円33銭

関西電力管内で従量電灯Bと契約している人向けの電気料金プランです。基本料金は同額、電力量料金は第2・第3段階が割引に。
例えば、8kVAで月の電気使用料が1,500kWhの場合は、1カ月で3,750円程度お得になりますよ!

九州エリア「プランS」(従量電灯B向け)

区分単位丸紅新電力・プランS 料金(税込)九州電力・従量電灯B 料金(税込)
基本料金10A1契約874円80銭291円60銭
15A437円40銭
20A583円20銭
30A874円80銭
40A1166円40銭1166円40銭
50A1458円00銭1458円00銭
60A1749円60銭1749円60銭
電力量料金第1段階 最初の120kWhまで1kWh17円13銭17円13銭
第2段階 120kWhをこえ300kWhまで22円35銭22円63銭
第3段階 300kWhをこえる分23円18銭25円57銭

九州電力管内で従量電灯Bと契約している人向けの電気料金プランです。基本料金は30Aまでだと一律で874円8銭となっています。電力量単価は3段階になっており、第2・第3段階の料金がお得になっています。
例えば、40Aで月の電気使用料が520kWhの場合は、1カ月で570円程度割引に!

九州エリア「プランS」(従量電灯C向け)

区分単位丸紅新電力・プランS 料金(税込)九州電力・従量電灯C 料金
基本料金1kVA291円60銭291円60銭
電力量料金第1段階 最初の120kWhまで1kWh16円20銭17円13銭
第2段階 120kWhをこえ300kWhまで20円90銭22円63銭
第3段階 300kWhをこえる分23円37銭25円57銭

九州電力管内で従量電灯Cと契約している人向けの電気料金プランです。基本料金は従量電灯Cと同額ですが、電力量単価は5〜8%程度安くなっています。
例えば、8kVAで月の電気使用料が1,500kWhの場合は、1カ月で3,060円程度お得になりますよ!

丸紅新電力ってどんな会社?

大手総合商社の丸紅は、みなさんご存知ですよね。丸紅新電力は、丸紅が電力自由化にともない、国内電力小売事業を分社化した丸紅の100%子会社です。
丸紅は2002年から電力事業に参戦していおり、国内での電力供給実績は4500件もあるんです。海外でも電力事業を展開しており発電量は10GW超え。実績も十分あるし、安心です。

3月15日に実はもう1つのプラン発表がある!

「プランS」が発表されたばかりですが、実は3月15日に「プランG」という別のプランが発表予定なんです。「新しい価値」を提供すると宣言している「プランG」、詳細が気になりますね。発表され次第、続報をお届けします!

3月1日から申し込み受付中!他のエリアも拡大予定

丸紅新電力の「プランS」は3月1日より申し込み受付を開始しています。

申し込み
受付中(2016年3月1日〜)
電力供給
2016年4月
供給エリア
北海道電力管内、東京電力管内、関西電力管内、九州電力管内
申し込み方法
WEB

東北、中部、中国電力エリアへの提供は2016年6月を目処に準備中とのことなので、ほぼ全国展開になりますね。期待!

参照:【丸紅新電力】電力自由化が4月から始まります。

商社の作った電力会社・丸紅新電力にも注目していこう

3月1日に発表された丸紅新電力の「プランS」をご紹介しました。電力自由化にともない様々な業種が電力市場に参入していますが、大手商社も自社ブランドで勝負を仕掛けてきましたよ。どこが勝ち残るのか、4月が楽しみです。

エネチェンジではアナタに最適な電気料金プランを比較検討できるサービスエネチェンジ電力比較を提供しています。電力自由化後の最適な電気料金プラン探しに、ぜひご活用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。