エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. [電力自由化]秋田県の電力会社|電気料金比較 / エネチェンジ
 

[電力自由化]秋田県の電力会社に関する記事

2件の記事があります

2016年4月、電力自由化によって、電力会社は選べるように。
秋田県のみなさんが選べる電力会社、電気料金プラン比較に役立つ記事をご紹介しています。

[電力自由化]秋田県の電力会社に関する記事の一覧を見る

電力自由化で選べる電力会社と電気料金プラン、どうやって比較する?

「設備投資をしたら、電気代が増えてしまった!」
会社の電気代コストに頭を抱えていませんか?

法人・高圧向け電力比較サービス「エネチェンジBiz」は、無料で電気代削減のお手伝いをします。
電力会社の切り替えに必要な面倒な手続きは、エネチェンジにお任せください!

電力会社を切り替えることにより、電気代コスト削減に成功した会社が多くあります。
電気代を削減できた分、別の運用費用に活用できるといううれしい声も届いています。

 

電気料金プランを見直した世帯の電気代節約額、平均18000円
2016年4月から電力自由化が始まり、電力会社が自由に選べるようになりました。あなたも電力会社を切り替えて、家計の節約をしませんか?すでに100万世帯以上が電力会社を切り替えています。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

電力自由化でみんながはじめて体験する電力会社、電気料金プラン選び
これまでは地域ごとに決められた電力会社、東北電力としか契約できませんでしたが、電力自由化によって、多くの電力会社から電気を選べるようになるのです。

なにをどのように比較して、どうやって選べばよいのか、わからないこともたくさんですよね。

エネチェンジでは、電気料金プラン選びを手軽におこなっていただける「電力自由化で選べる電気料金プラン比較」をご用意しています。
お住いのエリアの郵便番号を入力し、かんたんな質問にお答えいただくだけで、最適の電力会社、電気料金プランをご案内いたします。

利用はもちろん無料です。ぜひ、おためしください。

秋田県ってどんなところ?

1年を通じて、さまざまなイベントが開催されている秋田県。8月には、東北三大祭りである「竿灯まつり」が秋田市内で開催されています。8月第4土曜日には、100年以上の歴史がある「大曲花火大会」が行われており、毎年80万人以上が大仙市を訪れています。2月には、「横手かまくら祭り」が開催され、冬の風物詩として県内外から観光客を集めています。名物は、「きりたんぽ」や「いぶりがっこ」。

県庁所在地は秋田市。ほかには、男鹿市、潟上市、大仙市、横手市、大館市などがあります。秋田県の人口は108.5万人(全国38位)。秋田駅は新幹線停車駅で県内各地をつなぐ交通の要衝。1日の乗降客数は22,286人です。

気になる、秋田県の暮らし

秋田県の生活費を見ていきましょう。政府統計の総合窓口「e-Stat」によると、秋田県の気になる支出は以下の通りです。

消費支出(全体):291,494円(全国31位)
食料:66,097円(全国27位)
水道光熱費:25,652円(全国3位)

全体の支出は31位と低位です。しかし、水道光熱費は3位と上位に位置しています。日本海側は豪雪地帯として知られ、氷点下に及ぶ厳しい寒さに見舞われることもあります。保険医療費は11,135円(全国41位)。福祉のまちとして知られる鷹巣町などもあり、健康管理に注力している自治体が多くなっています。

電力自由化で、秋田県の電気料金はどうなる?

2017年7月30日現在、電力自由化によって秋田県で選べる電力会社には、東北電力のほか、LooopでんきミツウロコでんきHTBエナジー丸紅新電力じぶん電力などが挙げられます。

毎日の暮らしに欠かせない電気。
まずはの電気料金プランを見直し、電力会社を切り替えることで、電気代節約につながる可能性も。まずは、エネチェンジの電気料金比較をためしてみませんか?