エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 【九州電力】こうすればもっと安くなる!九州電力の電気料金プランを大解剖!
 

【九州電力】こうすればもっと安くなる!九州電力の電気料金プランを大解剖!

九州電力の電気料金プランを見なおす

九州電力では家庭向け電気料金プランとして、普通住宅向けプランの「従量電灯」「時間帯別電灯(旧:よかナイト10)」「ピークシフト電灯」と、電化住宅向けの「季時別電灯(旧:電化deナイト)」というプランが展開されています。ここでは、普通住宅向けの3つの電気料金プラン比較をしてみました。

九州電力では家庭向け電気料金メニューとして、普通住宅向けプランの「従量電灯」「時間帯別電灯(旧:よかナイト10)」「ピークシフト電灯」と、電化住宅向けの「季時別電灯(旧:電化deナイト)」というプランが展開されています。

ここでは、普通住宅向けの3つの電気料金プラン比較をしてみました。あなたの家庭はどのプランがお得になるのか、見ていきましょう。

九州電力の電気料金プランは九州電力の電気料金プラン一覧で個別にご確認いただけます。

九州電力の家庭向けプランを大解剖!

九州電力では現在、一般家庭向けに以下の3プランが展開されています。

従量電灯
24時間同一料金
時間帯別電灯(旧:よかナイト10)
夜間がお得に
ピークシフト電灯
夏季の午後以外がお得に

上記の「従量電灯」「時間帯別電灯」「ピークシフト電灯」の料金単価を以下に表で比較してみました。比較しやすいように、従量電灯Bは60A、時間帯別電灯とピークシフト電灯は6kVAでの基本料金で表しています。

従量電灯

従量電灯プランは、一日を通して平均的に電気を使用しているご家庭に向いているプランです。

基本料金

60A
1749円60銭

単価

120kWhまで300kWhまで300kWh以上
17円13銭22円63銭25円57銭
従量電灯プランはこんなご家庭におすすめ
  • 一日均一
  • あまり使わない

24時間同一料金の従量電灯プランは、同じ時間帯に炊事・洗濯・家事など大きな電力を使うことがなく、時間帯により使用する電力量に大きな差がないご家庭向けのプランとなっています。

上記は2014年9月時点での料金単価です。従量電灯プランについて、最新の情報はエネチェンジプラン一覧の九州電力の従量電灯プランページをご覧ください。

時間帯別電灯(旧:よかナイト10)

時間帯別電灯は、日中は電気を使わないご家庭で、夜電気を多く使用するご家庭にぴったりの料金プランです。

基本料金

6kVAまで
1188円

単価


昼間時間

AM8:00-PM10:00

夜間時間

PM10:00-PM8:00
80kWhまで
22円50銭
200kWhまで
29円72銭
200kWh以上    
33円59銭
11円78銭
時間帯別電灯はこんなご家庭におすすめ
  • 夜型の生活
  • 日中不在

一人暮らしや共働きのため日中は不在なご家庭、夜型の生活のご家庭などは、このプランをお得に利用することができます。

上記は2014年9月時点での料金単価です。時間帯別電灯プランについて、最新の情報はエネチェンジプラン一覧の九州電力の時間帯別電灯プランページをご覧ください。

ピークシフト電灯

ピークシフト電灯プランは、日中あまり電気を使わず、夜間に電気を多く使用するご家庭にぴったりの料金プランとなっています。

基本料金

6kVAまで
1188円

夏季(7~9月)単価


昼間時間

AM8:00-PM1:00

PM4:00-PM10:00

ピーク時間

PM1:00‐PM4:00

夜間時間

PM10:00-AM8:00
80kWhまで
21円55銭
200kWhまで
28円46銭
200kWh以上
32円16銭
54円00銭10円29銭

夏季以外(10~6月)単価


昼間時間

AM8:00-PM1:00

PM4:00-PM10:00

夜間時間

PM10:00-AM8:00
80kWhまで
21円55銭
200kWhまで
28円46銭
200kWh以上
32円16銭
10円29銭
ピークシフト電灯プランはこんなご家庭におすすめ
  • 夜型の生活
  • 日中不在

ピークシフト電灯プランは、従量電灯に比べて基本料金は割安ですが、日中の料金単価は割高に設定がされているため、日中あまり電気を使わないご家庭に向いています。夜間単価は日中の1/2~1/3と大変割安なので、夜型の生活のご家庭にはぴったりなプランです。夏季(7-9月)のピーク時間帯(PM1:00‐PM4:00)は夜間単価の5倍と大変割高なので、そのピーク時間帯に電気を使わないご家庭や、夜型の生活のご家庭にぴったりなプランです。

上記は2014年9月時点での料金単価です。ピークシフト電灯プランについて、最新の情報はエネチェンジプラン一覧の電力のピークシフト電灯プランページをご覧ください。

九州電力のプランをお得に使うポイントはここ!

  • 従量電灯Bは3段階料金での1kWhあたりの料金単価が割安なので、1日の中でも時間帯に限らず平均的に電気を使用するご家庭は従量電灯プランがお得になるでしょう。
  • 夜型の生活の家庭や、朝のうちに多くの家事を済ませてしまうご家庭は時間帯別電灯やピークシフト電灯のほうがお得になることがあります。
  • 時間帯別電灯よりもピークシフト電灯のほうが昼間時間の3段階料金が若干割安に設定されているので、夏季のピーク時間(7~9月のPM1:00-PM4:00)にほとんど電力を使わないご家庭であれば、時間帯別電灯よりもピークシフト電灯のほうが若干お得になります。

まとめ

九州電力も電気料金の値上げが続いていますね。そして電気料金が値上げされる中、新メニューのピークシフト電灯が加わるなどメニューの改変も行われています。

電気料金が上がっていく中で家庭の電気料金をお得に節約していくためには,各家庭に一番お得な電気料金プランのみなおしを定期的にきちんと行い、必要に応じて料金プランを変えるなどの対策が必要となってきます。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。