電気料金はどこが安い?電気代を抑えるための電力会社選びのポイントとは

電気料金はどこが安い?電気代を抑えるための電力会社選びのポイントとは
電力会社・電気料金プランの選び方

電力会社によって違う電気料金プラン。実際のところ、どこの会社の電気料金が安いのでしょうか。この記事では、電気料金が安い電力会社の選び方を紹介しています。選ぶ際のコツや手軽に電力会社を切り替える方法も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

「電気料金の安い電力会社はどこ?」「今よりも電気代が安くなる料金プランはどうやって選べばいいの?」といった、電力会社の料金設定に関する疑問を解決します。電気料金が安い電力会社やプランを知って、電気代の節約につなげましょう。

更新日
2021年10月21日
記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均27,542円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

電気料金は電力会社によって違う?

電気料金は、電力会社ごとに設定料金が異なります。

エリアによる違い

ひとつの電気料金プランでも、販売エリアにより設定料金が異なります。電気料金プランを選ぶときは、お住まいのエリア(北海道電力エリア・東北電力エリア・東京電力エリア・中部電力エリア・北陸電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・四国電力エリア・九州電力エリア・沖縄電力エリア)で販売されている電力会社のプランの中から選ぶ必要があります。

料金プランの違い

同じ電力会社でも、電気料金プランごとに設定料金が異なります。夜の電気代が安いプランや、季節ごとに異なる料金設定がされているプラン、オール電化向けのプラン、一人暮らし向けのプランなど、さまざまな生活スタイルの方に向けて数種類のプランを用意している会社が多いです。

ポイント還元など付加価値の違い

電力会社によっては、電気料金プランに付加サービスがついているものもあります。Tポイントなどのポイントがたまるプランや、電気のかけつけサービスが無料で使えるプラン、ガソリン代が割引になるプランなど、会社ごとにさまざまな付加サービスつきのプランが展開されています。

電力自由化により、家庭向けプランの選択肢が増えました

2016年に電力小売全面自由化となり、それまで家庭向けの電気は旧一般電気事業者(東京電力・関西電力など)が販売をしていましたが、電力小売全面自由化以降は多くの会社が電力販売に参入し、市場が活性化しました。さまざまな会社の電気料金プランが選択肢として加わり、私たちは自由にプランを選択できます。そのメリットを活かして安いプランを選ぶためには、現在契約しているプランや普段の電気の使い方を把握することが大切です。

電気料金が安い電力会社は?

ここでは、旧一般電気事業者の「従量電灯A/B」よりも安い設定の電気料金プランを紹介していきます。「従量電灯A/B」とは、旧一般電気事業者の中で最も一般的な電気料金プランのことです。

東京電力エナジーパートナー「従量電灯B」よりも安い電力会社・電気料金プラン

ソフトバンクでんき「くらしでんき」
区分単位ソフトバンクでんき「くらしでんき(従量電灯B)」料金(消費税率10%)東京電力EP「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約286円00銭286円00銭
15A429円00銭429円00銭
20A572円00銭572円00銭
30A858円00銭858円00銭
40A1144円00銭1144円00銭
50A1430円00銭1430円00銭
60A1716円00銭1716円00銭
電力量料金~120kWh1kWh19円68銭19円88銭
121kWh〜300kWh25円68銭26円48銭
301kWh〜29円04銭30円57銭

ソフトバンクでんきが販売する電気料金プラン「くらしでんき」は、東京電力エナジーパートナー「従量電灯B」と基本料金は同額、電力量料金は120kWhまでの料金が1%お得に、121~300kWhの料金が3%お得に、301kWh以上の料金が5%お得になるプラン。

また、毎月の電気料金1,100円(税込)につきTポイント5ポイントがたまります。普段からTポイントをためている方は、電気を使うだけでTポイント分の節約メリットも得られます。

北海道電力「従量電灯B」よりも安い電力会社・電気料金プラン

アストでんき「北海道ブライトプラン」
区分単位アストでんき「北海道ブライトプラン」料金(消費税率10%)北海道電力「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約272円80銭341円00銭
15A409円20銭511円50銭
20A545円60銭682円00銭
30A818円40銭1023円00銭
40A1091円20銭1364円00銭
50A1364円00銭1705円00銭
60A1636円80銭2046円00銭
電力量料金~120kWh1kWh23円93銭23円97銭
121kWh〜280kWh28円51銭30円26銭
281kWh〜29円53銭33円98銭

アストでんきが販売する電気料金プラン「北海道ブライトプラン」は、北海道電力「従量電灯B」と比較すると基本料金・電力量料金ともに安く設定されています。

東北電力「従量電灯B」よりも安い電力会社・電気料金プラン

シン・エナジー「きほんプラン」
区分単位シン・エナジー「きほんプラン」料金(消費税率10%)東北電力「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金30A1契約980円83銭990円00銭
40A1307円78銭1320円00銭
50A1633円70銭1650円00銭
60A1960円65銭1980円00銭
電力量料金~120kWh1kWh18円31銭18円58銭
121kWh〜300kWh24円42銭25円33銭
301kWh〜26円79銭29円28銭

シン・エナジーが販売する電気料金プラン「きほんプラン」は、東北電力の「従量電灯B」と比較すると基本料金・電力量料金ともに安く設定されています。

毎月抽選で電気代が割引になる「福引」(個人契約限定)や、毎月たまるJALマイルも魅力です。

中部電力ミライズ「従量電灯B」よりも安い電力会社・電気料金プラン

ENEOSでんき「中部Bプラン」
区分単位ENEOSでんき「中部Bプラン」料金(消費税率10%)中部電力ミライズ「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約286円00銭286円00銭
15A429円00銭429円00銭
20A572円00銭572円00銭
30A858円00銭858円00銭
40A1144円00銭1144円00銭
50A1430円00銭1430円00銭
60A1716円00銭1716円00銭
電力量料金~120kWh1kWh20円85銭21円04銭
121kWh~300kWh24円77銭25円51銭
301kWh~26円49銭28円46銭

ENEOSでんきが販売する電気料金プラン「中部Bプラン」は、中部電力ミライズ「従量電灯B」と基本料金は同額ですが、電力量料金が全ての区分で安く設定されています。

さらに、ENEOSカードで電気代を支払うと、ガソリン代が割引になるのもうれしいポイント。

北陸電力「従量電灯B」よりも安い電力会社・電気料金プラン

シン・エナジー「きほんプラン」
区分単位シン・エナジー「きほんプラン」料金(消費税率10%)北陸電力「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金30A1契約704円22銭726円00銭
40A938円96銭968円00銭
50A1173円70銭1210円00銭
60A1408円44銭1452円00銭
電力量料金〜120kWh1kWh17円30銭17円84銭
121kWh〜300kWh20円78銭21円73銭
301kWh〜22円74銭23円44銭

シン・エナジーが販売する電気料金プラン「きほんプラン」は、北陸電力の「従量電灯B」と比較すると基本料金・電力量料金ともに安く設定されています。

毎月抽選で電気代が割引になる「福引」(個人契約限定)や、毎月たまるJALマイルも魅力です。

関西電力「従量電灯A」よりも安い電力会社・電気料金プラン

アストでんき「関西ブライトプラン」
区分単位アストでんき「関西ブライトプラン」料金(消費税率10%)関西電力「従量電灯A」料金(消費税率10%)
最低料金~15kWh1契約266円97銭341円01銭
電力量料金16kWh~120kWh1kWh20円06銭20円31銭
121kWh〜300kWh25円46銭25円71銭
301kWh〜26円48銭28円70銭

アストでんきが販売する電気料金プラン「関西ブライトプラン」は、関西電力「従量電灯A」と比較すると最低料金・電力量料金ともに安く設定されています。

中国電力「従量電灯A」よりも安い電力会社・電気料金プラン

TERASELでんき「TERASELでんき中国A」
区分単位TERASELでんき「TERASELでんき中国A」料金(消費税率10%)中国電力「従量電灯A」料金(消費税率10%)
最低料金〜15kWh1契約320円03銭336円87銭
電力量料金16kWh〜120kWh1kWh19円72銭20円76銭
121kWh〜300kWh26円07銭27円44銭
301kWh〜28円08銭29円56銭

TERASELでんきが販売する電気料金プラン「TERASELでんき中国A」は、中国電力「従量電灯A」と比較すると最低料金・電力量料金ともに安く設定されています。また、電気料金200円につき楽天ポイントが1ポイントたまります。

四国電力「従量電灯A」よりも安い電力会社・電気料金プラン

TERASELでんき「TERASELでんき四国A」
区分単位TERASELでんき「TERASELでんき四国A」料金(消費税率10%)四国電力「従量電灯A」料金(消費税率10%)
最低料金〜11kWh1契約390円83銭411円40銭
電力量料金12kWh〜120kWh1kWh19円35銭20円37銭
121kWh〜300kWh25円64銭26円99銭
301kWh〜28円97銭30円50銭

TERASELでんきが販売する電気料金プラン「TERASELでんき四国A」は、四国電力「従量電灯A」と比較すると最低料金・電力量料金ともに安く設定されています。また、電気料金200円につき楽天ポイントが1ポイントたまります。

九州電力「従量電灯B」よりも安い電力会社・電気料金プラン

ENEOSでんき「九州Bプラン」
区分単位ENEOSでんき「九州Bプラン」料金(消費税率10%)九州電力「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約297円00銭297円00銭
15A445円50銭445円50銭
20A594円00銭594円00銭
30A891円00銭891円00銭
40A1188円00銭1188円00銭
50A1485円00銭1485円00銭
60A1782円00銭1782円00銭
電力量料金〜120kWh1kWh17円28銭17円46銭
121kWh〜300kWh22円25銭23円06銭
301kWh〜23円97銭26円06銭

ENEOSでんきが販売する電気料金プラン「九州Bプラン」は、九州電力「従量電灯B」と基本料金は同額ですが、電力量料金が安く設定されています。また、ENEOSカードを利用して電気代を支払うとガソリン代が割引になるので、車を所有している方にもおすすめ。

沖縄電力「従量電灯」よりも安い電力会社・電気料金プラン

ソフトバンクでんき「くらしでんき」
区分単位ソフトバンクでんき「くらしでんき」沖縄電力エリア料金(消費税率10%)沖縄電力「従量電灯」料金(消費税率10%)
最低料金10kWhまで1契約402円40銭402円40銭
電力量料金11kWh〜120kWh1kWh22円72銭22円95銭
121kWh〜300kWh27円63銭28円49銭
301kWh〜28円94銭30円47銭

ソフトバンクでんき「くらしでんき」は、沖縄電力「従量電灯」と最低料金は同額、電力量料金は安く設定されています。また「くらしでんき」は、電気代1,100円(税込)につき5ポイントのTポイントがたまります。

安い電気料金プランを選ぶコツは?

ご家庭ごとに最適な電気料金プランは異なります。安い電気料金プランを選ぶコツをみていきましょう。

電気の使用が多い時間帯を把握する

1日の中で自分や家族がどんな電気の使い方をしているか把握をしましょう。1日を通して電気を使う量に変化がない場合は、電力量料金に時間帯区分がないプランがおすすめです。反対に、電気をたくさん使用する時間帯がある場合は、電力量料金に時間帯区分があり、異なる単価設定がされているプランがおすすめです。

使用量に合わせたプランを選択する

1カ月あたりに使う電気の量によっても、最適なプランは違ってきます。電力会社のプランには、一人暮らしなど電気使用量が少ない方がお得になる単価設定がされているプランや、大家族など電気使用量が多い家庭がお得になる単価設定がされているプランなどがあります。ご家庭の電気使用量に合わせてお得になるプランを選びましょう

キャンペーン中の電力会社・電気料金プランを選んで初年度の節約額を上げる

お得なキャンペーンを実施している電力会社のプランを選ぶ、という選び方もおすすめです。電力会社によっては、電気料金プランの申し込みで現金キャッシュバックやギフト券のプレゼント、初年度の電気代がお得になるなど、さまざまなキャンペーンを行なっています。

エネチェンジもキャンペーンを実施中です!2021年9月30日までにエネチェンジ内にて対象の電力会社の電気料金プランへ申し込むと、抽選でAmazonギフト券1万円分をプレゼント。詳細は以下のバナーからチェックしてくださいね。

電気代を安くしたいなら、電力会社を見直そう

電気代を安くしたいなら、電力会社の見直しがおすすめ。ご家庭の生活スタイルに見合ったプランを選ぶことで、今と同じ電気の使い方をしても、電気代の節約が可能です。

「たくさんプランがあって、どれを選べばよいかわからない······」という方は、エネチェンジ電力比較をご利用ください。条件を入力するだけで、そのご家庭にぴったりなプランを診断し、節約額の目安もわかります。電気料金が安いプランに切り替えたい方は、ぜひおためしください。

 

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。