【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. [電力自由化]東京都の電力会社|電気料金比較 / エネチェンジ
 

[電力自由化]東京都の電力会社に関する記事

36件の記事があります

2016年4月、電力自由化によって、電力会社は選べるように。
東京都のみなさんが選べる電力会社、電気料金プラン比較に役立つ記事をご紹介しています。

[電力自由化]東京都の電力会社に関する記事の一覧を見る

電力自由化で選べる電力会社と電気料金プラン、どうやって比較する?

会社の電気代にお悩みの法人のみなさまへ
電力会社の切り替えで経費を削減しませんか?

法人・高圧電力向け電力比較サービス「エネチェンジBiz」が、貴社の電気代を削減できる電力会社を無料でご提案いたします。
面倒な電力会社切り替え手続きも、電力会社選びのプロであるコンサルタントが担当いたします。

ご契約の相談から切り替えサポートまで、全て無料です。
一括見積りも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

電気料金プランを見直した世帯の電気代節約額、平均18000円
2016年4月から電力自由化が始まり、電力会社が自由に選べるようになりました。あなたも電力会社を切り替えて、家計の節約をしませんか?すでに100万世帯以上が電力会社を切り替えています。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

電力自由化でみんながはじめて体験する電力会社、電気料金プラン選び
これまでは地域ごとに決められた電力会社、東京電力としか契約できませんでしたが、電力自由化によって、多くの電力会社から電気を選べるようになるのです。

なにをどのように比較して、どうやって選べばよいのか、わからないこともたくさんですよね。

エネチェンジでは、電気料金プラン選びを手軽におこなっていただける「電力自由化で選べる電気料金プラン比較」をご用意しています。
お住いのエリアの郵便番号を入力し、かんたんな質問にお答えいただくだけで、最適の電力会社、電気料金プランをご案内いたします。

利用はもちろん無料です。ぜひ、おためしください。

東京都ってどんなところ?

世界都市・東京。東京都は、東京特別区のほか多摩地区、島しょ部で構成されています。都市型観光が発展し、東京スカイツリーや東京タワーなどは人気の観光名所のひとつです。また、家電量販店やアニメ店などが集中している秋葉原電気街や日本の伝統文化に触れることができる浅草・浅草寺などには、外国人観光客が大挙して押し寄せています。日本全国から水産品が集まる築地市場も有名な観光スポット。有名すし店などが点在し、人々の胃袋を満たしています。

都庁所在地は新宿区。ほかには、港区、渋谷区、江東区、武蔵野市、立川市、八王子市などがあります。東京都の人口は1,315.9万人(全国1位)。新宿駅は日本一乗降客数が多い駅として知られ、1日の乗降客数は、1,485,666人です。

気になる、東京都の暮らし

東京都の生活費を見ていきましょう。政府統計の総合窓口「e-Stat」によると、東京都の気になる支出は以下の通りです。

消費支出(全体):326,281円(全国9位)
食料:77,554円(全国2位)
水道光熱費:21,043円(全国27位)

全体の支出は9位と全国上位に位置しています。水道光熱費は27位と中位にあるものの、住居費は24,121円(全国5位)で生活にかかる費用は全体的に高めと言えるかもしれません。

電力自由化で、東京都の電気料金はどうなる?

2017年7月31日現在、電力自由化によって東京都で選べる電力会社には、東京電力のほか、東京ガス中部電力四国電力Looopでんきミツウロコでんき昭和シェル石油HTBエナジー洸陽電機スマ電auでんきエルピオニチガスなどが挙げられます。

毎日の暮らしに欠かせない電気。
まずはの電気料金プランを見直し、電力会社を切り替えることで、電気代節約につながる可能性も。まずは、エネチェンジの電気料金比較をためしてみませんか?