エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. [電力自由化]神奈川県の電力会社|電気料金比較 / エネチェンジ
 

[電力自由化]神奈川県の電力会社に関する記事

17件の記事があります

2016年4月、電力自由化によって、電力会社は選べるように。
神奈川県のみなさんが選べる電力会社、電気料金プラン比較に役立つ記事をご紹介しています。

[電力自由化]神奈川県の電力会社に関する記事の一覧を見る

電力自由化で選べる電力会社と電気料金プラン、どうやって比較する?

会社の電気代の削減をお手伝いします!

エネチェンジBiz」は、法人・高圧電力の電気代見直しサービスです。

業態や規模を問わず、多くの会社が電気代削減に成功しています。

ご利用に一切費用はかかりません。
ぜひ、エネチェンジBizの無料診断をお試しください。

 

電気料金プランを見直した世帯の電気代節約額、平均18000円
2016年4月から電力自由化が始まり、電力会社が自由に選べるようになりました。あなたも電力会社を切り替えて、家計の節約をしませんか?すでに100万世帯以上が電力会社を切り替えています。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

電力自由化でみんながはじめて体験する電力会社、電気料金プラン選び
これまでは地域ごとに決められた電力会社、東京電力としか契約できませんでしたが、電力自由化によって、多くの電力会社から電気を選べるようになるのです。

なにをどのように比較して、どうやって選べばよいのか、わからないこともたくさんですよね。

エネチェンジでは、電気料金プラン選びを手軽におこなっていただける「電力自由化で選べる電気料金プラン比較」をご用意しています。
お住いのエリアの郵便番号を入力し、かんたんな質問にお答えいただくだけで、最適の電力会社、電気料金プランをご案内いたします。

利用はもちろん無料です。ぜひ、おためしください。

神奈川県ってどんなところ?

首都圏のベッドタウンとして発展し続ける神奈川県。県内には3つの政令指定都市があります。県庁所在地である横浜市周辺には、横浜ランドマークタワーほか都市型観光が発展しています。古都・鎌倉市には、鎌倉大仏や鶴岡八幡宮などがあり、多数の観光客、参拝客でにぎわいます。箱根町は首都圏の主要温泉街のひとつ。新年恒例の「東京箱根間往復大学駅伝競走」などでも知られている町です。

県庁所在地は横浜市。ほかには、川崎市、鎌倉市、海老名市、横須賀市、相模原市などがあります。神奈川県の人口は904.8万人(全国2位)。横浜駅は神奈川県のほか首都圏各地を結ぶ交通の大動脈。根岸線、京浜東北線、横須賀線・湘南新宿ラインなどを擁し、1日の乗降客数は1,886,000人です。

神奈川県の暮らし

神奈川県の生活費を見ていきましょう。政府統計の総合窓口「e-Stat」によると、神奈川県の気になる支出は以下の通りです。

消費支出(全体):323,047円(全国10位)
食料:73,957円(全国7位)
水道光熱費:20,941円(全国30位)

全体の支出は10位。9位である東京都とは約3,000円の差です。ある程度の生活費が必要な地域と言えるでしょう。水道光熱費は30位。人口集中地帯だけに、効率のよい給水、給電体制が構築されており、他地域より水道光熱費は安くなっています。

電力自由化で、神奈川県の電気料金はどうなる?

2017年7月31日現在、電力自由化によって神奈川県で選べる電力会社には、東京電力のほか、東京ガス中部電力四国電力Looopでんきミツウロコでんき昭和シェル石油HTBエナジー洸陽電機スマ電J:COM電力エルピオSHIZGASでんきなどが挙げられます。

毎日の暮らしに欠かせない電気。
まずはの電気料金プランを見直し、電力会社を切り替えることで、電気代節約につながる可能性も。まずは、エネチェンジの電気料金比較をためしてみませんか?