エネチェンジ限定特典で
普通に申し込むよりおトク。
【重要】事業終了・撤退、値上げをする電力会社をお使いの方へ
エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧

ご入力の条件では、インターネットでお申込いただけるプランがありません。
お手数ですが電力会社へお電話にてご連絡ください。
「エネチェンジ引越しで、電話での手続きを勧められた」とお伝えください。
{{areaProviderHikkoshiPage.title}}

申込可能な電気料金プラン

読み込みに時間がかかる場合があります。
今しばらくお待ちください。

申込可能な電気料金プラン

引越し先地域の標準プランと比較しています(1人:30A、2人以上:40Aで試算)。契約容量により電気代や特典が異なる場合があります。

ヒント:
新築物件への引越しに伴う申し込みには、対応している電力会社がまだ限られており、候補が少ない状況です。
申し込みたいプランが見つからない場合は、下記をご覧の上、まずは地域の電力会社へお電話ください。
なお、新居での電気の供給開始後に、電気の切り替えができますので、
引越しがひと段落してから、ぜひ電気料金を比較してみてください。電気の切り替えはこちら。
  • 1年間の電気使用量を{{yearConsumption | numberWithDelimiter}}kWhと想定して、1人世帯:30A、2人以上世帯:40Aで試算しています。契約容量(アンペア)は住居により異なり、契約容量によって電気代や特典が異なる場合があります。
  • 予想節約額は各電力会社の公表している{{year}}年{{month}}月の電気料金単価を元に引越し先地域の標準プラン(旧一般電気事業者の従量電灯プラン)と比較した契約初年度の金額です。記載の加入条件で適用される以外の割引やポイント還元は含まれておりません。
  • 引越し先の契約のお申し込みのほか、現住所でご利用中の電力会社へのお客さまご自身による解約手続きが必要です。詳しくはご利用中の電力会社へお問い合わせください。
  • 引越し先の契約容量や設備によって料金が異なる、ご契約いただけない場合があります。ご自身でお申込み先の電力会社へご確認ください。
  • 電気のご利用開始前にスマートメーターへの交換(原則無料)が必要になる場合があります。

電気の引越し手続き・時期について

電気の引越し手続きをしないと、入居日に電気が使えない場合が!

引越し時の電気の手続きとは
電気の引越し手続きは、入居日が決まったタイミングで、旧居の「電気の廃止手続き」と、新居の「電気の開始手続き」を行う必要があります。電力自由化にともなって導入された「スマートメーター」が設置された物件では、入居当日の時点で新しい住所での電力会社との契約がないと、電気を使えないことがあるので注意しましょう。

引越し日が決まったら、なるべく早く電気の手続きを!

引越し先の電気の手続きと、旧居の電気の解約手続きは、引越し日が決まったらすぐに手続きを行うのがベスト。契約の手続きにかかる日数は電力会社によって異なりますが、引越し日が迫ると手続きが間に合わない会社が増え、選択肢が狭まってしまいます。入居日ギリギリや、当日に手続きを行うことはなるべく避けましょう。

引越し日が決まったら、なるべく早く電気の手続きを!

電気の引越し手続きの流れ

  1. 1

    電力会社と電気料金プランを探す

    申込可能な入居日を確認して、電気料金の節約額や特典・特徴から、いいなと思うプランを選んだら、エネチェンジにてお申し込みください。

    プランを比べて選べます
  2. 2

    選んだ電力会社に申し込む

    電力会社から手紙、またはメールが届きます。お支払い方法などを登録し、手続き完了。

    お申し込みまでの方法
  3. 3

    現在の電力会社の廃止手続きをする

    現在のお住まいで契約されている電力会社に連絡をし、解約条件(契約解除料など)を確認、問題なければ廃止手続きをします。

    現在の電力会社の廃止手続き
電気の引越し手続きは、たった3ステップ。あとは電力会社が切り替わるのを待つだけです。

引越し先の電力会社を選ぶ前に
確認しておくことがあります。

引越し先で契約する電力会社を探す前に確認しておくことは、3点あります。1つ目は「引越し先の住所」。エリアによって申し込める電力会社が異なるためです。2つ目は、「引越し先の設備」。エコキュートなどを設置しているオール電化住宅の場合は、専用プランに申し込む必要があるためです。3つ目は「旧居で契約中の電力会社・電気料金プラン」。今よりも割安な電力会社・電気料金プランに切り替えるために必要な情報です。

引越し

電気の引越し手続き時には、新居の住所などの情報が必要です。

引越し先で利用する電力会社と契約する際、一般的にこちらのリストの情報などが必要になるので気をつけましょう。電気の引越し手続き直前にバタバタしないように、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

電気の引越し手続き時に必要な情報
  • 契約者名
  • 引越し先の住所
  • 電話番号
  • 電気の使用開始希望日
  • 希望する電気料金プラン
  • 電気料金の支払い情報

電気の解約には、「お客様番号」などの情報が必要です。

解約を忘れてしまうと、旧居と新居の電気代を二重に払ってしまうことになるので、忘れずに手続きしておきましょう。旧居で使用している電力会社を解約する際は、一般的にこちらのリストの情報が必要になります。リスト内の「お客様番号」は、電力会社切り替え時に使用される番号です。検針票、または電力会社が提供している契約者向けのマイページなどで確認ができます。また解約手続きの際には、解約金の有無も確認しておくと安心です。

電気の解約時に必要な情報
  • 契約者名
  • お客様番号
  • 電気を停止する場所の住所(旧居の住所)
  • 電話番号
  • 電気使用停止希望日

引越し当日(電気開通日)に行うこと

立ち会いなど、基本的にすることは
ありません。

スマートメーターが設置されている物件の場合は、引越しの当日に電気が開通しているか確認するだけです。工事などもないので、開通日の立ち会いも発生しません。従来のアナログ式電力メーターのようにブレーカー操作の必要がなく、契約さえ済んでいれば、契約開始日には自動的に電気が使えます。また旧居では、アンペアブレーカーを必ず切ってください。

ブレーカー

電気の引越し手続きでよくある質問

  • 電力会社の引越し手続きに、契約事務手数料などはかかるの?
    いいえ、かかりません。
  • 電力会社の切り替えに、工事は必要?
    新居がスマートメーター設置済みであれば、工事の必要はありません。もし引越し先の住居がアナログ式電力メーターの場合は取り替え工事が発生しますが、基本的に工事費用などはかかりません。
  • 今使っている電力会社の電気は、引越し先で使えないの?
    引越し先の地域や、契約中の電力会社によって異なります。供給エリアは電力会社によって違うので、エリア外の場合は利用できなくなります。また、引越し先の住所での申し込みに対応していない電力会社もあります。そうした電力会社や、手続きが間に合わない場合は、最低1カ月は引越し先のエリアの旧一般電気事業者の電気を使った後、切り替える手順になる場合があります。
  • 新居が決まっていないと電力会社は選べないの?
    電気の引越し手続きは、新居が決まってからです。電気を使う場所の住所・使用開始日がないと手続きができないためです。ただし、引越し先の大体の地域・時期がわかっていれば、申し込める電力会社・申し込みに必要な日数は本ページで確認ができます。
  • マンションでも申し込むことができますか?
    申し込めますが、例外もあります。引越し先のマンションが「高圧一括受電契約」の物件の場合、個人で契約する電力会社を選べません。
  • 新築のマンションや一戸建てだと申し込むことができない?
    マンション・一戸建てともに、新築の場合、供給地点特定番号がまだ決まっていないケースがあり、旧一般電気事業者以外への加入が難しいこともあります。詳しくは検討中の電力会社へお問い合わせください。
  • 契約した電力会社が倒産・撤退したらどうなるの?
    倒産・撤退したとしても、突然電気が使えなくなることはありません。新たな電力会社と契約するまでは、東京電力や関西電力などの旧一般電気から電気の供給が受けられます。契約している電力会社が万が一倒産・撤退してしまった場合は、新しい電力会社になるべく早めに切り替えることをおすすめします。
  • スマートメーター設置物件の見分け方は?
    不動産会社・管理会社などにご確認ください。スマートメーターにも様々な形状があるため、確実に見分けるのは難しくなっています。また、物件によっては電気メーターがパイプスペース等に設置されているため、ご入居まで確認が難しい場合もあります。

引越し時にエネチェンジを使うメリット

  • 電気のお申し込み手続きが簡単!

    比べて見つけたプランに、エネチェンジのサイトからそのままお申し込み*。
    お客様の声を反映しながら作り上げているお申し込みフォームは、
    簡単でわかりやすく、すぐに申し込めると評判です。
    *エネチェンジと代理店契約を結んでいる電力会社について。

  • 専門スタッフが新電力への切り替えをサポート

    電気選びや手続きに関するご相談や、電力会社の切り替えが完了するまでの「誰に聞いたらいいの?」を無料でサポートいたします。

  • エネチェンジ限定キャンペーンでさらにおトク

    各電力会社独自のキャンペーンに加えて、さらにおトクになるエネチェンジ限定キャンペーンがあるので、エネチェンジからお申し込みいただくとおトクになります。

    おトクなキャンペーン一覧はこちら
  • 30,000世帯以上がお申し込みしているから安心

    これまでに多くの方に電力比較サービスをお使いいただき、新しい電力をお選びいただいておりますので、安心してご利用いただけます。


カレンダーのシンボル

POINT エネチェンジなら、入居日までの日数から、
申し込み受付可能なプランが一目でわかる!
問い合わせてみたら、申し込めなかったということを防げます。

引越し時に役立つ記事

これで安心!引越しの際の電気・ガス・水道の必要手続きを解説

電気・ガス・水道の引越しで必要な手続きについてご紹介。それぞれの使用停止・使用開始にあたって手続きに必要となるものや、手続きを行うタイミングなどについて解説します。「電気の使用停止・使用開始手続きは、引越し当日でもできる?」「解約手続きを忘れるとどうなるの?」などの疑問も解決。

楽天でんきの引越し・住所変更手続き 停止・開通時に立会いは必要?

楽天でんきの引越し・住所変更手続きについてご紹介。引越し先でも楽天でんきを使う、引越し先で楽天でんきとは違う電力会社を契約する、引越し先で初めて楽天でんきを使う、3パターンの手続きの流れを解説します。「引越し先がオール電化住宅でも楽天でんきは利用できる?」「楽天でんきの停止・開通時に立会いは必要?」といった疑問も解決できますよ。

ENEOSでんきの引越し・住所変更手続き 立ち会いは必要?

ENEOS(エネオス)でんきの引越し・住所変更手続きについてご紹介。引越し先でもENEOSでんきを使う、引越し先で違う電力会社を契約するなどの手続き方法を解説します。「解約する場合は解約金がかかる?」「引越し先がオール電化住宅でも申し込める?」などの疑問も解決。

ソフトバンクでんきの引越し・住所変更手続き 停止・開通などの手順まとめ

ソフトバンクでんき(おうちでんき・くらしでんき・自然でんき)の引越し・住所変更手続きについてご紹介。引越し先でもソフトバンクでんきを使う、引越し先で違う電力会社を契約するなどの手続き方法を解説します。「引越し先がオール電化住宅でも利用できる?」「解約する場合は解約金がかかる?」などの疑問も解決。

UQでんきの引越し・住所変更手続き 解約金など手数料はかかる?

UQでんきの引越し・住所変更手続きについてご紹介。引越し先でもUQでんきを使う、引越し先でUQでんきから別の電力会社に切り替える、引越し先でUQでんきに切り替える、3パターンの手続きの流れを解説します。「引越し先がオール電化住宅でもUQでんきを利用できる?」「電気の停止・開通時の立ち会いは?」などの疑問も解決。

ガスの引越し手続きも忘れずに

電気といっしょに済ませておきたいのが、ガスの引越し手続きです。電気と違って、ガスは使用開始時に立ち会いが必要になるので、注意が必要。引越し日が決まったら、なるべく早くガス会社に連絡しましょう。

ガスの引越し手続きまとめ 立ち会い・開栓など注意点を解説!