一人暮らしにおすすめの電力会社(新電力)を比較!電気料金プランの選び方も解説

一人暮らしにおすすめの電力会社(新電力)を比較!電気料金プランの選び方も解説
電力会社・電気料金プランの選び方

一人暮らしにおすすめの電力会社(新電力)・電気料金プランを厳選。節約額ランキングや、電力会社を選ぶときのポイントもまとめています。一人暮らしの方で電気代を安くしたい、複数の電力会社を比較したいという方はぜひチェックしてくださいね。

最適な電力会社(新電力)・電気料金プランは、各個人のライフスタイルによって異なります。そのため、一人暮らしとファミリーでは、選ぶ電力会社も変わってきます。

本記事では、国内最大級の電気ガス比較サイト「エネチェンジ」がおすすめする、一人暮らし向きの電力会社・電気料金プランを厳選しています。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均26,953円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2022年7月1日〜2022年9月25日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

更新日
2022年11月25日

一人暮らしにおすすめの電力会社(新電力)ランキング

エネチェンジ電力比較で世帯人数を「1人」と選択し、東京都の郵便番号を入力した際の節約額の大きい電力会社(新電力)・プランを、ランキング形式でご紹介します。

2022年11月25日時点、エネチェンジ電力比較で郵便番号を「153-8515」、世帯人数を「1人」で選択し、簡単見直しをした診断結果における、「電気代の安い順」の上位4位をランキング形式で紹介しています。「エネチェンジがサポート」でプランを絞り込んでいます。シミュレーション条件:東京電力EP「従量電灯B(30A)」。現在のプランの電気代=89,138円/年。電気使用量=2,111kWh/年。

その他お住まいのエリア・世帯人数で安い電力会社を見つけたい方は、エネチェンジ電力比較をぜひご活用ください。

一人暮らしにおすすめの電力会社(新電力)

一人暮らしであまり電気を使っていなくても、契約状況によっては電力会社の切り替えで節約ができます。本章では、特におすすめの電力会社をご紹介します。

一人暮らしにおすすめの電力会社1)ミツウロコでんき

ミツウロコでんきでは、一人暮らし向けの「シングル応援プラン」がおすすめ。比較的使用量が少ない方でも節約につながるように料金設定がされています。ほかに「従量電灯B」がありますが、「シングル応援プラン」と比較すると使用量が多い人向けのプランです。契約する際は、シミュレーションをしてどちらのプランが適しているか確認しましょう。ポイント還元などの特典はつきませんが、シンプルに電気代を節約したい方におすすめです。

一人暮らしにおすすめの電力会社2)TERASELでんき

電気料金プラン「TERASELでんき」は、旧一般電気事業者の従量電灯プランと比較して、基本料金(最低料金)と電力量料金が割安に設定されているプラン。一人暮らしで従量電灯プランを契約中の方は、節約につながりますよ。さらに、電気料金の支払いに応じて楽天ポイントが貯まるのも魅力。ほかに「超TERASELでんき」がありますが、こちらは使用量が多い人向けのプランです。契約する際は、シミュレーションをしてどちらのプランが適しているか確認しましょう。

一人暮らしにおすすめの電力会社3)シナネンあかりの森でんき

「シナネンあかりの森でんきプラン」は、非化石証書やJ-クレジットの活用で実質的に再生可能エネルギー100%、CO2排出量ゼロの電気が利用できるのが大きなメリットです。一人暮らしで電気代を抑えつつ、環境問題に貢献したいという方にぴったり。またサンリオのキャラクター、シナモロールが好きな方には、限定シナモロールグッズなどがもらえる「シナモロールと応援するサポーターズプラン」もおすすめです。

一人暮らしにおすすめの電力会社4)コスモでんき

コスモでんきは、電気料金プランの種類が豊富な点が魅力。シンプルに電気代が安くなる「コスモでんきスタンダード」もありますが、ライフスタイルによって特典付きのプランもあわせて検討するとよいでしょう。例えば、一人暮らしでdポイントを貯めている方は「コスモでんきポイントプラス」、一人で部屋にいるときに動画配信サービスをよく見る方はdTVが見放題になる「コスモでんきセレクト」がおすすめです。

一人暮らしで電力会社(新電力)を選ぶときのポイント

一人暮らしで電力会社(新電力)を選ぶときは、いくつか抑えておきたいポイントがあります。次に紹介するポイントをチェックしながら、比較検討してみましょう。

基本料金をチェック

一般的な電気料金プランは、契約アンペア数によって基本料金が設定されています。現在契約中のプランと、切り替え検討中のプランの基本料金を比較するようにしましょう。

基本料金は電力会社(新電力)によって異なりますが、なかには基本料金0円かつ、電力量料金が一律に設定されたプランなども存在します。しかし、基本料金0円で電力量料金一律のプランは、契約アンペア数が高い場合や、使用電力量が多い場合の方が、節約額が高くなるケースが少なくありません。電気の使用量が少ない一人暮らしの方は必ずシミュレーションをしてください。

関西電力エリア・四国電力エリア・四国電力エリア・沖縄電力エリアは、基本料金ではなく、最低料金です。最低料金を比較するようにしましょう。

電力量料金の単価をチェック

電力会社(新電力)の一般的な電気料金プランでは、電力量料金を従量制に設定しているケースが多くあります。例えば東京電力エナジーパートナーの「従量電灯B」は、次のような3段階料金となっています。

  • 第1段階料金(~120kWh)19円88銭/1kWh
  • 第2段階料金(121kWh~300kWh)26円48銭/1kWh
  • 第3段階料金(301kWh~)30円57銭/1kWh

一人暮らしで電気を使う量が少ない方は、現在契約中のプランと比べて、上記の第1~2段階が安く設定されたプランを選ぶのがおすすめ。なかには第3段階目だけが安く設定されたプランもありますが、こちらは電気を多く使う方向けです。一人暮らしなどで電気使用量が少ない方がこうしたプランを選ぶと、節約の効果が得にくいので、注意してくださいね。

特典も含めて比較するとGood

前述のとおり、電気代の節約は基本料金と電力量料金の比較が大切ですが、特典の有無も忘れずにチェックしましょう。

電力会社によっては、ガスとのセット割引やガソリン代の割引、ポイント還元など、さまざまな特典付きのプランを用意しています。一人暮らしなら、自身のライフスタイルに合わせて電力会社やプランを選べるので、特典も合わせて比較すれば、あなたにとって最適なプランを見つけることができますよ。

電気ガスセットが最安とは限らない

一人暮らしを始める際、電気とガスのセットプランを候補にしている方も少なくないのでは。一度に手続きが済む手軽さと、セット割引のメリットが魅力ではありますが、セットプランが最安の選択肢とは限りません。

電気の使い方によっては、電気とガスをそれぞれ別の会社で契約したほうが安くなることもあります。電気とガス、それぞれのプランが自分にとって最適な料金設定になっているか必ずチェックしましょう。

オール電化の場合は注意

一人暮らしをしているお住まいがオール電化住宅の場合は、専用プランを契約する必要があります。それ以外のプランを選択してしまうと、かえって電気代が高くなってしまう可能性も……。

一人暮らしでオール電化住宅にお住まいの方は、オール電化向けプランに絞り込んでから、電気料金や特典を比較しましょう。

一人暮らしでぴったりな電力会社を選ぶと電気代の節約に◎

一人暮らしで電力会社(新電力)を選ぶ際は、ライフスタイルにマッチした料金設定になっているか、特典がついているか確認しましょう。

国内最大級の電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などの情報を入力するだけで、あなたにぴったりの電力会社を見つけられます。節約額の目安もわかるので、試してみてくださいね。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。