妊婦検診、いくらかかる?費用と知りたい制度のまとめ

妊婦検診、いくらかかる?費用と知りたい制度のまとめ
出産費用

妊婦健診の費用について、考えたことありますか?母子ともに健康であるために、妊婦健診をうけることはとても大切です。妊婦健診の費用はいくらんかかるのか?少しでも費用負担を減らすために、国や市区町村の制度はあるのか?妊婦健診の費用と、それにまつわる助成制度について、しっかりと学んでいきましょう。

お子さんを望む人が知るべきことはたくさんありますが、一番はやはりお金の問題。中でも、妊婦検診はかなり費用がかかります。「できたみたい」と幸せいっぱいのアナタも、「これから頑張るわ!」とモチベーションいっぱいのアナタも避けて通ることはできません。そこで、妊婦検診を費用の面から考えてみました。

妊婦検診にはいくらかかる?

妊婦検診イメージ
楽しみだけど、出費も続く……
実際、妊婦検診はいくらぐらいかかるものなのでしょうか?そのあたりからまずは攻めてみましょう。

1回あたりの費用は?

はっきり言いましょう。かかる医療機関でいくらでも変わります。なぜかというと、妊娠は健康保険情では病気・ケガとして扱われません。日本の健康保険は病気・ケガに対して費用の一部を負担する、が原則なので、妊娠では健康保険は使えないのです。そのため、妊婦検診にかかる費用は医療機関が自由に決めていいことになっています。

この前提を踏まえて、おおよその費用の話をしましょう。初診は5,000~10,000円程度、2回目以降からは5,000~8,000円程度に設定されていることが多いようです。もちろん、これ以外に必要な検査を行った場合、加えて費用がかかります。

標準的な妊婦検診のスケジュールと合計額

では、妊婦検診は一体どのくらい受けなければいけないものなのでしょうか。厚生労働省は、標準的な妊婦検診の回数は14回としています。具体的には、次のスケジュールで検診が行われます。

妊娠初期~23週(1~4回目)
4週間に1回
24週~35週(5~10回目)
2週間に1回
35週以降(11~14回目)
1週間に1回

1回5,000円として、14回行うとなると5,000円×14回=70,000円。実際はこれに実費の血液検査などが加わるので、もっと高くなります。保険適用の検査、適用外の検査も含めて3万円程度かかると考えるといいでしょう。そうなると総額は10万円程度です。なかなかいい出費!

引用元:「妊婦検診Q&A」厚生労働省

異常が発見された場合は健康保険適用

妊娠は病気やケガではないので健康保険がきかない、と書きました。しかし、これはあくまでお母さんもお子さんも順調だった場合の話。妊娠中毒症など、検査をしていく中で病気が見つかった場合、治療をすることになります。その治療にかかる費用には、健康保険が適用される、ということはぜひ押さえておきたいポイントです。

知っておきたい制度のまとめ

mama-yoko
母子手帳はしっかり確認しよう!
さっきも書いた通り、妊婦検診はなかなかいい出費です。だからといって受けないわけにはいきません。でも、公的な制度を使えば、案外なんとかなります。その話をしましょう。

妊婦健康診査受診表

妊娠が分かった場合、お住まいの市区町村の役所に妊娠届出書を提出し、母子手帳を受け取るのが一般的な流れです。母子手帳には、妊婦検診審査受診表がついています。これを医療機関に提出すれば、検診費用を窓口で支払わなくて済む、もしくは支払っても一部で済むことになるのです。

この妊婦検診審査受診表は、検診クーポンと呼ばれることもあります。イメージとして、まさにクーポン、ということを押さえておきましょう。

償還払い

妊婦検診審査受診表をもらった場合、覚えておいて欲しい前提があります。「住んでいる市区町村、もしくは周辺の市区町村にある医療機関ではないと助成は受けられない」ということです。でも、「お腹だいぶ大きくなって来たら里帰り出産するつもりなんだけど……」という人もいるでしょう。そうなった場合、妊婦検診審査受診表による検査費の助成は受けられません。

そうなった場合、どうすればいいのでしょうか。ご安心ください、ちゃんとフォローする制度はあります。償還払い、という制度です。おおざっぱに言ってしまえば、里帰りをした後にかかった検査費用をあとからまとめてキャッシュバックする、ということ。具体的な手続きは、お住まいの市区町村に確認してください。

確定申告における医療費控除

年間に支払った医療費が10万円を超えた場合、確定申告で医療費控除の手続きをすれば、払いすぎた税金の一部が戻ってくる可能性があります。確定申告をするには、医療機関の領収書が必要です。もらった領収書はしっかり取っておくようにしましょう。

費用がかかるから、と検診をしぶらないようにしよう

コーヒーカップを持つ妊婦
リラックス、リラックス。
最後に、まとめに代えて、妊婦検診を受ける必要性について触れておきましょう。

最近、「お金がないから……」という理由で妊婦検診を受けない人がいる、というニュースはよく聞きます。陣痛が始まるまで一度も検診を受けずに、そのまま救急車で病院にかつぎこまれたという例も珍しくはないようです。

それでも受け入れてくれる病院があればいいのですが、受け入れを拒む病院が多いのも事実。最悪のケースでは、お母さんとお子さんの命が……ということもありうるのです。妊婦検診はお金がかかります。でも、助成してくれる制度はちゃんとあるし、何より、命は一番大事です。くれぐれも、ちゃんと妊婦検診は受けに行ってくださいね!

記事を読む前に…
電力会社を変えると年間平均27,542円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。
  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。