【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
 

節水できる!洗車方法まとめ

水道代の節約、節水

車を洗うとなるとかなりの水を使うので水道代もかかってしまいます。できるだけ節水しながら洗車をしていきたいですよね。そこで、節水しながら洗車する方法をまとめました。

車を洗うとなるとかなりの水を使うので無駄のように思えてきますよね。そこで洗車をするときにお勧めの節水方法についてご紹介します。

洗車で節水するには?

洗車を利用したことはあるでしょうか。ガソリンスタンドなどでもこっそりと脇に構えていますよね。しかし今回は、自宅で行えるような洗車方法・洗車における節水方法を紹介します。

洗車で節水するために必要なこと

pixta_16693332_M
洗車で節水するということは、通常の洗車方法ではない方法で行わないと節水とは言えませんね。そこでさまざまな節水法を見てみましょう。
バケツを使う
この方法が一番手っ取り早い方法でしょう。ホースが使えないという縛りが設けられたのであれば、水を流すための道具は「バケツ」のみになってきますね。ホースを使うより、3分の1以上の節水効果があるのではないでしょうか。
シャワーノズルを使う
バケツよりは多少の時間短縮ができてかつ節水にも効果的な方法です。やり方もとても簡単で、ホースにノズルを取り付けるだけです。これだけでもホースで洗車するより4分の1以上も節水することができます。

通常洗車に使用される水の量は1回で約250リットルといわれています。人間がお風呂に入った時に使う水の量はたいてい200リットル前後ですから、それに限りなく近い量を使うことになります。車も人間なのでしょうかね。
車の台数のことも考えれば、一人一人が節水する意識を持つことが大事でしょう。

洗車で節水するために大事なこと

pixta_5303246_M
節水する方法などはわかったのですが、やり方などを誤ると非効率的になってしまうことがあります。そこで節水において注意しておくべきポイントを見てみましょう。節水するためにはいろんな工夫が必要なんです。
水の量を偏らせない
車全体を洗うということは、車全体のきれい度が均等でなくてはいけません。
均等にさせてあげることで目立って汚い偏りがないというメリットも生まれてきますね。
お水ではなくてお湯で!
これも重要なポイントです。ただ水の量を制限するだけではなく、乾きも早くで雑菌の処理もできる「湯」を使うのがカギです。この方法は、冬でも夏でも効果が高まるといわれており、乾きやすいという点から見たら後拭きも非常に楽ですね。

洗車機を購入して洗車!

pixta_14956950_M
家庭用洗車機
家で簡単にできる洗車機と言ったら、ホースが抜群の威力を発揮してくれますが、実は本格的な洗車を家庭でも行うことができるのです。そこで、家庭用に販売されている洗車機を紹介しましょう。家庭用洗浄機の正しい選び方を見ていきましょう。

家庭用洗車機の選び方とは

家庭用洗車機を選び際に気を付けておきたいことは、「洗浄能力」と「耐久性」と「騒音性」がメインになってくるでしょう。

「洗浄能力」
洗浄能力に関しては言うまでもありませんね。車の隅々まで洗浄してくれる機械でないと買った意味がありません。
「耐久性」
耐久性に関しても重要です。洗浄機なんてめったに買いませんし、かなり値段がつくものが多いからです。なので、一度使っただけで何か変な動きをしたり変な音が出るような製品の購入は避けたいところです。店頭でテストしてみるのもいいですね。
「騒音性」
ガソリンスタンドなんかのお店でもそこそこ騒音を気にしているものです。そのため、自宅で洗車してかなりの音が出ると他の家に迷惑になってしまいます。確実に音を抑えられるものや、洗車用収納ボックスなどの購入も検討しておいたほうがいいでしょう。

これらの点から、洗車する機械を自宅に取り付けるとなるとかなりの配慮とスペースが必要になってくるということですね。

おすすめの家庭用洗車機「家庭用高圧洗浄機」

この洗車機のおすすめなところはパワフルな洗浄を行ってくれるということです。なんと30分使い続けると、ペットボトル210本分もの節水効果を見出してくれるといいます。通常の洗浄機やホースなどと比べると4分の1以上もの節約になるということですね。もちろんコンパクトなので収納も楽です。
出典:高圧洗浄機 FAW105

節水できる洗車方法まとめ

愛車はいつでも綺麗にしておきたいですよね。ご紹介した「節水しながら洗車する方法」を参考に、一番試しやすそうな方法をぜひ試してみてくださいね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数