エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. カーシェアリングを比較!メリット・デメリットどっちが多い?
 

カーシェアリングを比較!メリット・デメリットどっちが多い?

家計の節約術

車はどこへ行くにも便利な乗り物ですが維持をするのは結構費用がかかってしまうもの。それなら駐車場代や車検費用がかからないカーシェアリングがオススメ!海外では既に普及しており、日本でも少しずつ増えつつあります。レンタカーと自家用車の中間であるカーシェアリング。基礎知識やメリット、デメリットを比較してみましょう。

節約生活を目指す上で、車の費用削減は必須となります。車の費用を削減したいなら、カーシェアリングを活用するのをオススメします。

 

知ってはいるけど実際にどういったシステムなのかわからないという方も大丈夫。

 

それではどういったものなのかという点やメリットやデメリットについてご紹介していきます。

カーシェアリング カレコ

カーシェアリングってどんなサービス?

カーシェアリングは一言で言うと自動車を共同利用するサービスです。

 

レンタカーの場合は返却の必要があったり、長時間利用すると割高になってしまいがち。レンタカーとは違った手軽さ、車購入と比べてグンと費用も安く済むことで注目を集めています。

カーシェアリングとは

カーシェアリングの基礎知識とは

公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団による2014年1月の調査によると、日本のカーシェアリング車両ステーション数は7000件超えしているようです。カーシェアリングの基礎知識を知っておきましょう。

ドイツのカーシェアリングは乗り捨て方式

ドイツのマイカー事情を探ってみると、日本よりも早くカーシェアリングが進んでいるようです。ドイツで普及しているわけは、車を借りた場所とは違った他のステーションや道路脇、公営の駐車場に返却できるところなようです。その他の海外でのカーシェアリング事情を調べてみました。

海外でのカーシェアリング事情
イギリス
カークラブと言われていて、日本とほぼ同じ仕組み。ステーションは1000か所以上。
アメリカ
日本とほぼ同じ仕組み。BMWやボルボだけではなく、日本の小型車も人気のようです。
ドイツ
環境に配慮した車を中心にカーシェアリングが普及。

カーシェアリングは増加傾向にある

前述しましたように、カーシェアリングは前年度と比べて増加傾向にあるようです。2014年い行われた調査によりますと、車両台数は2013年と比べて40パーセント増、会員数は465,280人と前年度比べて61%も増えているんだそうです。

出典:公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団

カーシェアリングで得られるメリット・デメリットについて

手軽に車を所有できるカーシェアリング。どんなメリットがあるのかをご紹介します。

知っておきたい!カーシェアリングのメリットとは
  1. 車の購入費が必要ない
  2. ローンの場合は金利
  3. 車検費用がかからない
  4. 自動車税や重量税もなし
  5. 自賠責保険料も必要なし
  6. 任意保険料は不要となる
  7. ガソリン代は割引になったり、チケットがあることも
  8. 駐車場代が不要

カーシェアリングをするなら知っておきたいデメリット

費用面、使い勝手などが良いカーシェアリング。だけどいい面も悪い面もあるはず。デメリットについてまとめてみました。

カーシェアリングのデメリット
乗り捨てできない
カーシェアリングでは基本的に出発地点とは違うステーションへの返却はNG。できれば目的地で乗り捨て出来たらベストですが、荷物を運んだあと、クルマを返すためにわざわざ出発ステーションへ戻らなければなりません。これはかなり時間ロスが生じますし、場合によっては往復分の時間料金が発生することに。
予約時に返却時間を考えないといけない
次に使う人のためにも予約時に設定した時間内に返却しなければいけません。仮に長めに予約をしていても、返却時間が決まっていることで、移動や行動の自由が制限されてしまうというデメリットがあります。
先に予約されていることもある
24時間いつでも借りることが出来るカーシェアリングですが、週末や大型連休の際には予約が埋まっていることもあるようです。

カーシェアリングを上手く使うには、用途に応じてレンタカーとカーシェアリングを併用する、予定がわかっている時には早めに予約する、利用する時間によって複数のカーシェアリングを使い分けるというようにすると便利だと思います。

各社の比較
タイムズ カー プラス・カレコ
6時間までなら利用料金のみで利用可能
オリックスカーシェア
利用時間や予約時間によっても料金が異なりますが、長時間利用するなら断然お得。

カーシェアリングをお得に使うにはカレコがお得

カーシェアリングをいざ利用するとなると、デメリットばかり目についてしまうかもしれません。お得に利用するために知っておくと便利なこととは、どんなことなのでしょうか?実際にみていきましょう。

首都圏ならカレコを検討してみる

何かと便利な首都圏ですが、車無しでの生活は不便を感じるはず。しかし、カレコというサービスを利用するとスマホで24時間、365時間いつでも利用できるんです。返却時にガソリンを満タンにする必要もないので手軽に活用できそうですね。

詳しい利用料金について

夜は12時間2500円、昼間は3時間2000円で利用できる。今まではかかっていた距離に応じた利用距離料金が無料に!

月額制プランを利用する

カレコのカーシェアリングは月額980円プランがあります。学生の場合は、この月額料金が無料になるので断然お得。2015年6月末までに入会すると、月会費を2か月間無料で受けられたり、クーポンを2000円分のプレゼントなどのサービスを受けられるんですよ。

レジャー費用も減らして更に節約を

カーシェアリングで車の維持費などを節約したら、クーポン券などを活用してレジャー費もお得に節約しちゃいましょう。お出かけに欠かせない食費を削減したいなら、業務スーパーや食材の底値を知って購入するのがオススメですよ。

 

ご紹介しましたようにカレコは月額980円でサービスを受けることが可能です。年間では約13000円になり、車を購入するよりもグンとお得に活用することが出来ます。電気代についてはエネチェンジ電力比較でプランの見直しをすることで、最大13000円のコストカットになる可能性も!数分でチェック可能ですので、今すぐチェックしてみましょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。