エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. AKUBIでんき(あくび電気)の解約予告が届いた!切り替えないとどうなるの?手続き方法・注意点を紹介
 

AKUBIでんき(あくび電気)の解約予告が届いた!切り替えないとどうなるの?手続き方法・注意点を紹介

電力自由化ニュース

AKUBIでんき(あくび電気)契約者に東京電力パワーグリッドから「あくびコミュニケーションズ株式会社と当社との送電を行う契約(託送供給契約)の解約予告」の通知が届いています。通知の内容や電気の供給停止予定日までに切り替えないとどうなるのか?解約手続き方法、停電の心配など、今わかっていることを詳しく解説しています。

あくびコミュニケーションズ株式が2017年より供給を開始したAKUBIでんき(あくび電気)の契約者に解約予告の通知が順次順次送付されています。

「あくびコミュニケーションズ株式会社と当社との送電を行う契約(託送供給契約)の解約予告」の通知を送付しているのは東京電力パワーグリッド(以下、東京電力PG)。通知には、電気供給停止予定日が記載されていますが、この日程までに切り替えないと、どうなるのでしょうか?

また、株式会社カステラの提供している「green energy(グリーンエナジー)」の供給もあくびコミュニケーションズ株式会社が行っており、営業を行っているという声も聞こえるようになってきました。

現在わかっていること、他の電力会社に切り替える方法、注意点なども合わせて解説します。

更新日
2019年12月20日

AKUBIでんき契約者に届いた通知の内容は?電気供給停止予定日に使えなくなるの?

東京電力PGから届いた通知には、以下のような記載がされています。(一部抜粋)

さて、下記のご使用場所における電気につきまして、お客さまが現在電気を購入するご契約(電気購入契約といいます。)を締結されているあくびコミュニケーションズ株式会社と当社との間で締結している、お客さまに電気を送るための契約(託送供給契約といいます。)につきまして、あくびコミュニケーションズ株式会社の契約不履行により当社からあくびコミュニケーションズ株式会社に対し、2020年1月28日をもって解約する旨の予告を行いました。あくびコミュニケーションズ株式会社との電気購入契約に関わる内容につきましては、当社では分かりかねますので、あくびコミュニケーションズ株式会社へお問い合わせ下さい。

上記解約予定日までにあくびコミュニケーションズ株式会社が当社との契約を履行しなかった場合は、同社との託送供給契約を解約しますので、あらかじめお知らせいたします。つきましては、解約となった場合は、お客さまに電気の供給をすることができなくなりますので、2020年1月27日までに、新たな小売電気事業者と電気購入契約を締結していただきますよう、お願い申し上げます。

電気供給停止予定日は、契約内容や状況によって異なっています。しかし、約1カ月という短い期間のうちに新しい電力会社と契約しなければならない点に不安を覚えている方もいるでしょう。

また、特に気になるのは「お客さまに電気の供給をすることができなくなります」という一文ですよね。東京電力PGからの通知には以下のように書かれており、供給停止によるコンピュータや熱帯魚、冷蔵庫内の物への損害も責任を負わない、としています。

電気供給停止予定日の前日までに、新たな小売電気事業者と電気購入契約を締結していただけない場合は、電気供給を停止させていただくことになります。

また、株式会社カステラの提供している「green energy(グリーンエナジー)」の供給もあくびコミュニケーションズ株式会社が行っています。

4月には業務停止命令も

AKUBIでんきは、2019年4月26日に消費者庁から6カ月間の一部業務の停止命令も命じられています。

実際の料金プランは旧一般電気事業者(※)と比較して300kWh以上使用しなければ安くならない料金設定となっていますが、詳しい説明をせず、「毎月5%安くなる」とうたっていたことが原因です。また、勧誘を行う際に、旧一般電気事業者の名前を何度も出し、関連業者を思わせたこともあったようです。

※旧一般電気事業者とは…北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力・沖縄電力をいいます。

この2つが特定取引法に違反するとし、消費者庁は電話加入・契約などの一部業務に対して6カ月間の停止命令を下しました。

2016年4月に電力自由化がスタートして以来、消費者庁が小売電気事業者に対して特定取引方法に基づいて停止命令を出すのは初めてのことです。

「AKUBIでんき まとめ割キャンペーンのご案内」が届き、25,000円もしくは35,000円が口座から引き落とされている可能性も

AKUBIでんきから、「AKUBIでんき まとめ割キャンペーンのご案内」として、通知が届いている方もいるようです。

このキャンペーンは、月々の電気料金を1月の利用分からまとめて支払うと、3月分の電気料金は半額になるというキャンペーンです。

戸建ての場合
35,000円
マンションの場合
25,000円

通知の下部には、「※万が一ご不要の場合は下記カスタマーセンターまでご連絡お願い致します。」とも書かれています。何も手続きを行っていなくてもこのキャンペーンが適用され、口座からお金が引き落とされている可能性があります。不審な引き落としがないか、必ず確認するようにしましょう。

【問い合わせができない】消費生活センターに連絡を!

現在、あくび電気のカスタマーセンターへは電話が繋がらない状態が続いています。

問い合わせの電話が繋がらない、覚えのない請求がされている、きちんと対応をしてくれない……などの場合は、消費生活センターに相談をしましょう。

消費生活センターとは、商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問い合わせなど、消費者からの相談を専門の相談員が受付、公正な立場で処理にあたってくれる行政機関です。

消費生活センター 問い合わせ先
消費生活センターのHP
http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html
消費者ホットライン
188(局番なし)

都道府県、市町村ごとに設置されているため、お近くの消費生活センターに問い合わせることが可能です。

「green energy(グリーンエナジー)」と名乗る人が訪問販売に来た!どんな会社なの?

あくびでんきを供給している「あくびコミュニケーションズ株式会社」は、株式会社カステラの提供する「green energy(グリーンエナジー)」の供給も行っています。

最近、「green energy(グリーンエナジー)」を名乗る業者が訪問販売を行い、電力会社の切り替えを促しているそうです。

「green energy(グリーンエナジー)」が訪問販売に来た!どんな評判?

最近になって急増した、「green energy(グリーンエナジー)」の訪問販売。皆さんの声をまとめました。

突然の訪問営業に、戸惑っている方や不信感を募らせている方も多くみられました。

電気の訪問・勧誘販売、気をつけることは?

さまざまな方の口コミによると、電力会社の契約に必要なお客様番号や供給地点特定番号を聞き出そうとする、「旧一般電気事業者から事業を請け負っている」などの説明を受けた方がいるようです。

※旧一般電気事業者とは…海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力・沖縄電力をいいます。

突然、訪問などが来たら、気をつけたいのは、以下の3点です。

1.その場でお金を払ってはいけません
電気の契約で手付金が必要というのは、絶対にありません。
2.その会社が登録小売電気事業者かを確認しましょう
名刺をもらう、契約書をもらうなどして、後で調べられるようにしましょう。
もし電力会社ではなく代理店だと名乗られたら「どこの電力会社の電気を売っているか」を聞いてメモを!
3.その場で契約しない、ハンコを押さない
ものすごい熱意を込めて「安くなり」といわれたら、信じてしまうかもしれませんが、電力自由化にはたくさんの会社が参入しています。その会社が詐欺ではなく本物であったとしても、もっと安くなる電気料金プランが他にあるかもしれません。比較サイトなどを使って、他社との比較をしてみましょう。

しっかりと自分で調べて、電気料金を中心にどのようなメリットがあるのか?どんな口コミ・評判があるのか?を確認し、切り替えるようにしましょう。

参照:電力・ガスの勧誘を受けた際には契約先・契約内容をよく確認しましょう-消費者庁が特定商取引法違反で行政処分も行っています-

また、万が一切り替えてしまったあとでも、電力会社との契約はクーリング・オフの対象となります。

知っておきたい!電力にもクーリング・オフが適用される!

電力会社との契約でも、クーリング・オフは適用されます。万が一断れないくらいの強烈な勧誘くを受けて契約してしまった場合は、クーリング・オフも検討しましょう。

やり方がわからない場合は、消費者生活センターに相談をするとよいですよ!

クーリングオフが適用される条件
訪問販売・電話勧誘販売で電気の供給契約を締結した場合
クーリング・オフの期間
契約書面を受領した日(その前に申し込み内容を記載した書面を受領している場合は、その受領した日)から起算して8日間

一般送配電事業者が行う「最終保障供給」及び「離島供給」のほか、現行の一般電気事業者や特定電気事業者が経過措置期間中に提供する「規制料金メニュー(経過措置料金)」は訪問販売等に係るクーリング・オフの適用除外となります。

AKUBIでんきから新しい電力会社に切り替える方法

東京電力PGからの通知には東京電力エナジーパートナーとの「特定小売供給約款による契約」の連絡先が記載されていますが、他の電力会社を選んで切り替えることもできます。

他の電力会社への切り替えはどうしたらいいの?

いきなり電力会社を切り替えてくださいと言われても、わからないこともたくさんありますよね。「電力会社の切り替え」と聞くと、「ちょっと大変そうだな……。」と思ってしまうかもしれません。でも、電力会社の切り替え手続きは、そんなにめんどうなことではないんですよ。

「AKUBIでんき」から新しい電力会社への切り替えは、以下の2ステップで手続きが可能です。

  1. 電力会社を探す
  2. 「いいな」と思う電力会社を選び、Webか電話、書面で申し込みをする
エネチェンジの「電力会社切り替えガイド」でもわかりやすく説明しています。

AKUBIでんきからの切り替えにおすすめの電力会社

AKUBIでんきからの切り替えをしなくてはならない方におすすめの電力会社をまとめて紹介します。

3,000円以上の限定特典が付くプラン、電気料金がさらに安くなるプラン、違約金・解約金のかからないプランなど、多くの電力会社や電気料金プランがあります。自分にあった電力会社・プランを探してみてくださいね。

Looopでんき「おうちプラン」

Looopでんき「おうちプラン」は、基本料金が0円、電力量料金が一律で使った分だけ電気料金を払うというシンプルな料金設定となっています。供給エリアは北海道・東北・東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州電力エリアです。

Looopでんき「おうちプラン」電気料金
エリア基本料金(月額・消費税10%)従量料金(1kWh・消費税10%)
北海道電力0円29円50銭
東北電力26円40銭
東京電力26円40銭
中部電力26円40銭
北陸電力21円30銭
関西電力22円40銭
中国電力24円40銭
四国電力24円40銭
九州電力23円40銭
株式会社Looopってどんな会社?
Looopでんきを販売する株式会社Looopは、東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動から誕生し2011年に設立された新電力です。
自社の発電所と提携している発電所をあわせて1,500箇所もの太陽光発電所をもち、自然エネルギーの比率が高い電源構成が特徴のひとつです。
自然エネルギーで作られた電気を使いたいという方にもおすすめです。

HTBエナジー「ママトクコース」

HTBエナジー「ママトクコース」は、毎日電気代が2時間無料になるプランです。北海道・東北・東京・北陸・関西・中国・四国・九州電力エリアに供給しています。

以下、3つの時間帯から選ぶことができます。

たのしいでんき ママトクコース
毎日夜19:00~20:59の間に利用した電気料金が無料になります。
たのしいでんき 朝ママトクコース
毎日朝6:00〜7:59の間に利用した電気料金が無料になります。
たのしいでんき ミッドナイトママトクコース
毎日夜22:00~23:59の間に利用した電気料金が無料になります。

無料時間帯以外も5パーセント割引となるプランなので、普段と同じ使い方をしていても節約を実感できそうです◎
関西・四国エリアの料金プランに関しては「一律」5%安くとはなりません。

HTBエナジー株式会社ってどんな会社?

HTBエナジーは、長崎・ハウステンボスから生まれたエネルギー会社で、設立は2015年。テーマパークや官公庁など法人への電力供給実績もあります。旅行代理店「HIS」も代理店としてHTBエナジーの電気を販売しています。

供給エリアは、沖縄を除く全国です。「たのしいでんき」のプランには、旧一般電気事業者から基本料金・従量料金の単価からそれぞれ割引になる「ウルトラシリーズ」と、基本料金は半額で従量料金は一律に設定されている「プライムシリーズ」があります。毎日2時間の無料時間帯がある「ママトクコース」「朝ママトクコース」「ミッドナイトママトクコース」も話題です◎

東京ガスの都市ガス提供エリア内にお住まいの方なら電気と都市ガスのお得なセットプラン「イツドコダレ!でんきガスセット」にもお申し込みができます。

旧一般電気事業者とは…北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力・沖縄電力をいいます。

グリーナでんき「GREENaスタンダードファミリー」

グリーナでんき「GREENa スタンダード ファミリー」は、自然エネルギー(FIT電気)比率50%を計画していて、CO2排出係数がゼロに抑えられた電気が利用できます。環境に配慮した電気を使いたい、CO2排出量ゼロにこだわりながら電気代も安くしたいという方におすすめのプランです。供給エリアは東北・東京・中部・関西電力エリアです。

グリーナでんき「GREENa スタンダード ファミリー」電気料金

区分単位グリーナでんき
GREENa スタンダードファミリー料金(消費税10%)
エリア東北東京中部
基本料金10A1契約960円30銭(割引適用後 910円80銭)832円25銭
(割引適用後 789円35銭)
832円25銭
(割引適用後 789円35銭)
15A
20A
30A
40A1280円40銭(割引適用後 1214円40銭)1109円68銭
(割引適用後 1052円48銭)
1109円68銭
(割引適用後 1052円48銭)
50A1600円50銭(割引適用後 1518円00銭)1387円10銭
(割引適用後1315円60銭)
1387円10銭
(割引適用後 1315円60銭)
60A1920円60銭(割引適用後 1821円60銭)1664円51銭
(割引適用後 1578円71銭)
1664円51銭
(割引適用後 1578円71銭)
電力量料金
120kWhまで1kWh18円58銭19円88銭21円06銭
121kWh~300kWh24円57銭
(割引適用後 24円06銭)
25円16銭
(割引適用後 24円36銭)
24円77銭
(割引適用後 24円26銭)
301kWh~26円94銭
(割引適用後 26円35銭)
28円12銭
(割引適用後 26円90銭)
27円06銭
(割引適用後 26円21銭)

区分単位グリーナでんき
GREENa スタンダードファミリー料金(消費税10%)
エリア関西
最低料金15kWhまで1契約333円72銭
電力量料金16kWh~120kWh1kWh20円13銭
121kWh〜300kWh25円34銭
(割引適用後 24円01銭)
301kWh〜27円44銭
(割引適用後 25円91銭)

エネチェンジ限定特典として、エネチェンジからグリーナでんき「GREENa スタンダードファミリー」に申し込みの方は、初めの1年間(※)のみお得な料金で利用できます。
供給開始から12カ月間、割引価格で利用できます。13カ月目からは通常料金での請求となります。

ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社ってどんな会社?
グリーナでんきを販売するネクストエナジー・アンド・リソース株式会社は、長野県に本社を置き 自然エネルギー利用のトータルサポート企業として2003年に設立されました。2008年にはグリーン電力証書専門の販売サイトを開設しています。
グリーナでんきのプランは、温室効果ガス(二酸化炭素)の排出係数をゼロに抑えており、地球の未来を考える方におすすめです。

不安なことやわからないことは、エネチェンジにご相談ください◎

電力会社の選び方や切り替え手続きに関して、まだまだわからないことはたくさんありますよね。

エネチェンジは、「AKUBIでんき」を解約して、新しい電力会社への切り替えで困っている方や悩んでいる方の新しい電力会社選びをサポートいたします!

エネチェンジ相談窓口
電話
0800-123-0233(年中無休 10時~18時)
メール
お問合せ(24時間受付)

なお、法人の方は、03-6774-6607(平日 10時~18時)までお電話をください。

お電話での受付は年中無休の10時から18時となり、メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。お気軽にご相談くださいね。

エネチェンジは国内最大級の電気、ガスの比較サイトです。新聞、テレビ、雑誌などたくさんのメディアにも紹介されています。

不安なことや心配なことは、お気軽にご相談ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。