エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン テレワーク応援で限定特典も! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 九州電力の電気代、クレジットカードで支払うには?口座振替とどちらがお得?
 

九州電力の電気代、クレジットカードで支払うには?口座振替とどちらがお得?

九州電力の電気料金プランを見なおす

九州電力の電気代、どの方法で支払っていますか?電気代の金額によっては、クレジットカード払いがもっともお得になる場合があるんです!九州電力の電気代をクレジットカードで支払うメリットや注意点、支払い方法の変更手続きなどをまとめました。また、クレジットカードと口座振替のどちらがお得になるのかもくわしく解説します。

九州電力を利用しているみなさん、電気代はどんな方法で支払っていますか?

九州電力の電気代の支払い方法には、クレジットカード・口座振替・振込用紙の3種類がありますが、中でもクレジットカードで支払うとポイントがつくのでお得になるんですよ!例えば、ポイント還元率が1%のクレジットカードで、2人暮らしの電気代の年間平均114,708円(月間平均9,559円)を支払う場合、約1,147ポイントがつく計算になります。これだって立派な電気代の節約術ですよね。

九州電力エリアにお住まいの方に向けて、電気代をクレジットカードで支払うメリットや注意点、支払い方法の変更手続きなどをまとめました。

参照:家計消費状況調査|二人以上の世帯(2018年)|総務省統計局

九州電力の電気代をクレジットカードで支払うメリット

九州電力の電気代をクレジットカード払いにすると、電気代の支払い忘れがなくなる、クレジットカードのポイントが貯まる分お得になるなどのメリットがあります。

電気代の支払い忘れがなくなる!

クレジットカード払いは、カード会社が私たち消費者と九州電力の間に入り、料金を立て替え払いしてくれる仕組みになっています。毎月自動的に指定口座から電気代が引き落とされるため、支払いを忘れずに済みますね。

ただし、クレジットカードの限度額を超えた場合は対象外となり、口座の残高が不足して振替日に引き落としができないと延滞金が発生する場合があります。さらに、2回以上連続してクレジットカードでの支払いができなかった場合は取扱いが廃止されることもあるので注意しましょう。
クレジットカード会社の規約により、電気料金等についてクレジットカード払いが承認されない場合や会員資格を喪失されている場合等は、九州電力から送付される振込用紙により、支払うことになります。

クレジットカード払いの仕組み
  1. 電気代を九州電力が消費者に請求する。
  2. カード会社が消費者の電気代を立て替えて、九州電力へ支払う。
  3. カード会社が立て替えた電気代を消費者に請求する。
  4. 消費者は電気代を支払う。

参照:電気料金お支払いの流れ|クレジットカードによるお支払い|九州電力

クレジットカードのポイントが貯まる!

電気代をクレジットカード払いにすると、毎月の電気代の支払い額に応じたポイントを貯めることができます。

貯めたポイントは買い物に利用できる、キャッシュバックされる、マイルや商品と交換できるなど、さまざまな方法での利用が可能です。

電気代の支払いに使うクレジットカードの選び方

たくさんのクレジットカードがあるので、どのカードを使えばよいのか迷ってしまいますよね。電気代の支払いに使うカードは、ポイントの還元率と、利用方法を基準に選ぶとよいですよ。
また年会費が無料、提携先で利用する際につくお得な特典や割引など、クレジットカードで支払うメリットはさまざまです。
自分に合ったクレジットカードを選ぶようにしましょう。

九州電力の電気代の支払いに利用できる

利用できるクレジットカードは、電力会社によって異なります。九州電力で利用可能なカード会社は、以下の通りです。

九州電力で利用可能なクレジットカード会社

ジェーシービー、三菱UFJニコス、三井住友カード、ユーシーカード、イオンクレジットサービス、楽天カード、セディナ(オーエムシーカード/セントラルファイナンス)、三井住友トラストクラブ、ライフ、クレディセゾン、トヨタファイナンス、ジャックス、オリエントコーポレーション、ゆめカード、アメリカン・エキスプレス
参照:お取扱い可能なカード|クレジットカードによるお支払い|九州電力

カードのポイント還元率が高い

ポイントの還元率は0.5%~1.0%と、各カード会社によって異なります。

還元率が高いほど電気代の支払い1円につき付与されるポイントが多くなるので、効率よくポイントが貯められます。電気代の支払いで貯まったポイントを1ポイント⁼1円として考えれば、貯まったポイント分が毎月お得になるんですね!

ただし、電気代の支払いでポイントが貯まらない場合もあるので注意しましょう。

ポイントを利用できる提携先に、よく利用する店舗やサービスがある

ポイントの使い道や提携先は、カードごとにさまざまです。

例えば、ヤフーカードはTポイントが利用できる店舗ならどこでもポイントが利用できます。dカードはローソンやマクドナルド等の買い物で使えるほか、iDキャッシュバックに交換可能です。また、楽天カードは楽天市場での買い物でポイントが使えるうえ、楽天EdyやANAマイレージへの交換ができます。

電気代の支払いに利用できるクレジットカードの例
ヤフーカード
電気料金100円(税込)につき、Tポイントが1ポイント付きます(還元率1.0%)。貯めたTポイントは買い物で利用したり、現金や他社のポイントと交換したりできます。
dカード
電気料金100円(税込)につき、dポイントが1ポイント付きます(還元率1.0%)。貯めたdポイントは買い物で利用したり、マイル・商品券・iDキャッシュバックに交換したりできます。
楽天カード
電気料金100円(税込)につき、Rポイントが1ポイント付きます(還元率1.0%)。貯めたRポイントは買い物で利用したり、楽天EdyやANAマイレージに交換できます。

電気代は毎月必ず支払うものだからこそ、ポイントをコツコツ貯めてお得に利用したいですね。

九州電力の電気代をクレジットカード払いにする時の注意点

クレジットカード払いはカード会社が関わってくるので、支払い規定だけでなくカード会社の規定も考慮する必要があります。電気代をクレジットカード払いにした時の注意点をみてみましょう。

クレジットカード払い時の注意点
  • クレジットカード会社の締切日と九州電力の検針日との関係により、2カ月分がまとめて請求される場合があります。
  • 支払い回数は1回のみです。
  • クレジットカード番号等が変更となった場合は、速やかに九州電力まで連絡をしましょう。また引越し等で電気の使用場所が変わる場合は、再度申し込みが必要です。
  • クレジットカード払いの方には、口座振替割引契約は適用されません。口座割引契約とは、口座振替で電気代を支払うと、毎月の電気料金から55円月割引されるサービスです。
  • クレジットカード利用明細の送付時期や口座からの振替日は、クレジットカード会社によって異なります。
  • 電気代はカード会社から届く明細書で確認することになり、請求書・領収証は九州電力から発行されません。なお請求額は、検針票や書面でも確認できます。書面を希望する場合は、「電気(ガス)料金・使用量実績等開示請求書」の提出が必要となり、手数料がかかります。

参照:お申込みにあたってのご留意事項|クレジットカードによるお支払い|九州電力

九州電力の電気代をクレジットカード払いに変更する方法

電気代をクレジットカード払いにすると、便利でお得になるということがわかりましたね。
それでは、九州電力の電気代をクレジットカード払いに変更する方法を紹介します。

手続き方法は、九州電力のインターネットでの申し込みと申込書の郵送での申し込みの2つがあります。

申し込み時は、電気のご使用量のお知らせ(検針票)等に記載されている「お客さま番号」または「供給地点特定番号」と、支払いに利用するクレジットカードが必要となります。高圧で契約中の方や複数契約一括払の方は、クレジットカード払いの対象外となります。

なお、クレジットカード払いの申し込みから手続き完了までは、1カ月程度かかる場合があり、それまでは今まで通りの支払い方法になるので注意しましょう。

インターネットでの申し込み

九州電力のホームページから、クレジットカード払いに変更ができます。

  1. 申し込みフォームに、「お客さま番号」または「供給地点特定番号」などの契約者情報と、支払いに利用するカード情報を入力する。使用場所が異なる契約は、一度に申し込めません。
  2. 九州電力よりハガキで、申し込み手続き完了のお知らせが通知される。

参照:インターネットでのお申込み|お申し込み手続きについて|クレジットカードによるお支払い|九州電力

申込書の郵送での申し込み

申込書を九州電力に郵送し、クレジットカード払いに変更ができます。申込書は、九州電力の申し込みフォームから取り寄せられます。

  1. 九州電力の申し込みフォームに、「お客さま番号」または「供給地点特定番号」などの契約者情報と、申込書の郵送先を入力する。九州電力の会員サイト「キレイライフプラス」への登録(無料)が必須となります。会員になると、電気料金・使用量照会サービスやWeb版検針票などのサービスが利用できます。
  2. 九州電力から、申込書が郵送される。
  3. 申込書に必要事項を記入・押印し、九州電力に返送する(返送切手は不要)。

参照:申込書のご請求について|お申し込み手続きについて|クレジットカードによるお支払い|九州電力

九州電力の電気代、クレジットカード払い以外の支払い方法を紹介

九州電力の電気代は、クレジットカードのほかに口座振替や振込用紙でも支払えます。各支払い方法の特徴や、メリット・デメリットをまとめました。

口座振替による支払い

毎月の電気料金が指定口座から自動で引き落とされます。

ただし、口座の残高の不足などで所定の振替日に引き落としができないと、未納となり延滞金が発生する場合があります。また、振替できない場合は口座振替払いが解約されてしまうこともあるので注意しましょう。口座振替払いが解約となった場合は、九州電力から送付される振込用紙により支払うことになります。

口座振替で支払うメリット・デメリット
口座振替のメリット
電気代が自動で引落としされるので、支払い忘れがなくなる。
口座振替割引契約が適用され、毎月の電気料金から55円が割引される。口座振替割引契約の対象プランは、時間帯別電灯、季時別電灯、ピークシフト電灯、高負荷率型電灯、低圧季時別電力、深夜電力・第2深夜電力です。また、1回目の振替日として指定した日にその前月の料金が引き落とされた方が対象となります。毎月継続して口座振替の結果等を郵送による通知で希望する場合、または複数の需給契約の料金を一括して振り替える場合は対象外となります。口座振替割引契約の詳細は、「口座振替割引契約(選択約款)令和元年10月1日実施」で確認ください。
口座振替のデメリット
ポイント付与などの特典がない。
毎月の振替日は変動し、固定ではない。振替予定日は「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」で確認できます。また会員サイト「キレイライフプラス」に登録すると、いつでも確認できます。
口座振替日指定サービスを申し込むと振替日が指定できるようになるが、口座振替割引契約の対象外となる。口座振替日指定サービスの詳細は、九州電力のホームページ(口座振替日指定サービスについて)で確認ください。

参照:口座振替によるお支払い|九州電力

振込用紙による支払い

九州電力から送られる振込用紙で、毎月の電気代を支払う方法です(振込手数料は無料)。振込用紙の裏面に記載されている「お支払い窓口」(金融機関またはコンビニエンスストアなど)で支払うことができます。

また、スマートフォンのアプリ(PayPay、LINE Pay、PayB、支払秘書)を利用して、九州電力から送られる振込用紙に印字されているバーコードを読み込むことでも支払いが可能です。サービスの利用には、お客様情報の登録や電子マネーのチャージなどが必要です。九州電力から領収証は発行されません。

振込用紙で支払うメリット・デメリット
振込用紙のメリット
クレジットカードや預金口座がなくても支払いができる。
バーコードのついた振込用紙の場合、コンビニエンスストア等で休日や夜間でも支払いができる。対象のコンビニエンスストアは、セブン・イレブン、ローソン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、ミニストップ、コミュニティ・ストア、生活彩家、ヤマザキスペシャルパートナーショップです。
振込用紙のデメリット
毎月振込用紙を使って支払わなければいけないので、支払い忘れに注意。
ポイント付与や割引サービスなどの特典がない。

参照:振込用紙によるお支払い|九州電力

九州電力の電気代はクレジットカードと口座振替、どちらの支払い方法がお得?

九州電力の電気代の支払いの方法のうち、クレジットカード払いと口座振替では、どちらがお得なのでしょうか?九州電力でクレジットカード払いにした場合の還元率分のポイントと、口座振替にした場合の口座振替割引契約の割引額を比較しました。

毎月の電気代の金額によって、お得になる支払い方法は以下のように変わります。

1カ月の電気代クレジットカード
ポイント還元率
(0.5%で計算)
口座振替割引還元率
(55円/月で計算)
どっちがお得?
3,000円の場合
15円/月 
180円/年
55円/月 
660円/年
口座振替割引の方が
40円/月・480円/年お得
5,000円の場合
25円/月 
300円/年
55円/月 
660円/年
口座振替割引の方が
30円/月・360円/年お得
8,000円の場合40円/月 
480円/年
55円/月 
660円/年
口座振替割引の方が
15円/月・180円/年お得
10,000円の場合50円/月 
600円/年
55円/月 
660円/年
口座振替割引の方が
5円/月・60円/年お得

12,000円の場合60円/月 
720円/年
55円/月 
660円/年
クレジットカードの方が
5円/月・60円/年お得

15,000円の場合75円/月
900円/年
55円/月 
660円/年
クレジットカードの方が
20円/月・240円/年お得
17,000円の場合85円/月
1,020円/年
55円/月 
660円/年
クレジットカードの方が
30円/月・360円/年お得
クレジットカードのポイント還元率は平均的な0.5%としています。

電気代が毎月10,000円以下の場合は口座振替割引の方が、12,000円以上場合は、クレジットカード払いの方がお得になるんですね。

カードのポイント還元率が0.5%の場合でクレジットカードと口座振替を比較すると、還元率が1.0%になった場合、さらにクレジットカード払いの方がお得になる可能性がありますよ!

口座振替の支払いに変更する方法

電気代が毎月10,000円以下の場合は、口座振替割引の方がお得だということがわかりましたね。そこで、口座振替の支払いに変更する手続きも紹介します!

九州電力の電気代を口座振替に変更するには、インターネットでの申し込みと申込書での申し込みがあります。

申し込み時は、「電気のご使用量のお知らせ(検針票)」などに記載されているお客さま番号預貯金通帳金融機関への届印の3つが必要です。なお、インターネット申し込みの場合は届印は不要ですが、お客さま番号、預貯金通帳、キャッシュカードの暗証番号などが必要となります。

インターネットでの申し込み

九州電力のホームページで「口座振替払い」を申し込むと、金融機関窓口に出向かずに済み、書類の記入や押印も不要なので便利です。パソコンやスマートフォン、タブレット端末などから都合のよいときにいつでも申し込みができます。申し込みのタイミングや内容確認により、翌々月以降の振替となる場合があります。口座振替の申し込みは、対象の金融機関で普通預金口座のキャッシュカードを持っている個人に限ります(法人は対象外)。

インターネットでの申し込みの流れは、以下の通りです。

手続きの流れ
  1. 口座振替のWeb申込にて、「お客さま番号」または「供給地点特定番号」などの契約者情報を入力し、利用する金融機関を選択する(各金融機関のサイトへ遷移します)。対象の金融機関は、福岡銀行、西日本シティ銀行、肥後銀行、鹿児島銀行、大分銀行、宮崎銀行、十八銀行、親和銀行、佐賀銀行、筑邦銀行、北九州銀行、伊予銀行、山口銀行、広島銀行、百十四銀行です。これらの銀行以外の場合は、申込書または金融機関窓口での申し込みとなります。
  2. 遷移先の各金融機関の受付システムにて、口座情報等(本人確認に必要な情報を含む)を入力する。
  3. 受付完了後、登録したメールアドレス宛にメールが届く。
  4. 手続き完了後、九州電力よりハガキで、申し込み手続き完了のお知らせが通知される。

なお、申し込みのタイミングによって、翌々月以降に口座振替が開始となる場合があります。申し込み手続き完了のお知らせが葉書で通知されるまでは、今まで通りの支払い方法となります。

参照:お支払情報変更のお申込み|九州電力

申込書での申し込み

金融機関や郵便局の窓口に用意されている申込書でも、口座振替による支払いに変更ができます。申込書は、九州電力の申し込みフォームからも取り寄せられます。

なお、申し込みから口座振替への手続きが完了まで、1カ月程度かかる場合があります。また手続きの完了は、「電気料金口座振替払いのお取扱い開始のお知らせ」で通知され、それまでは今まで通りの支払い方法となります。

参照:申込書のご請求について|口座振替によるお支払い|九州電力

九州電力の電気代、毎月12,000円以上ならクレジットカード払いがお得!

九州電力の電気代をクレジットカード払いするメリットや注意点、支払い方法の変更手続きなどについて解説しました。

毎月の電気代が10,000円以下の場合は口座振替割引が、12,000円以上の場合はクレジットカード払いがお得になるということがわかりましたね。

ご家庭の電気代が毎月いくらなのかを確認して支払い方法を選択して、今よりも電気をお得に使いましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。