【重要】 大東エナジー「いい部屋でんき」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 自分でする?ベッドを廃棄する方法まとめ
 

自分でする?ベッドを廃棄する方法まとめ

引越し

ベッドを買い替える際や、引っ越しなどで処分したい時はどうすればよいのでしょうか?べッドの廃棄方法をご説明しています。

家族が増えた、引越しをする……。さまざまな理由があってベッドを手ばなすことがありますよね。しかし、そんなときにベッドはどのようにして廃棄するのか。普段はあまり考えませんが、いざというときに知っておくとラクです。今回は、ベッドの廃棄方法について紹介していきます。

粗大ごみとして出す

やはり、まずは自分でどうにかすることから考えますよね。当然のことながら、ベッドは自治体が回収する粗大ごみとして扱われます。粗大ごみの処分方法はごくシンプル。

  • 自治体へ連絡
  • ゴミに貼る粗大ごみシールの購入

ほとんどの自治体では上記の方法がとられているはずです。さて、収集にかかる料金はどのようになっているでしょう。ベッドの廃棄についての検索結果で上位に出た八王子市を例に見てみます。
参照:粗大ごみ品目別ポイント表|八王子市

ここでは1ポイントを100円として、ポイント制をとっているようです。表のうち、寝具の欄にあるベッドを見てみると、

  1. ベッド枠(シングル・セミダブル・ダブル):10ポイント
  2. 折畳式ベッド・パイプ式ベッド(一式):10ポイント
  3. 電動式ベッド(折畳式を含む):20ポイント
  4. 二段ベッド(一式):20ポイント

1,000円~2,000円で処分できる計算になりますね。マットレスを同時に捨てる場合も1,000円程度で回収してもらえるので、最大でも3,000円でベッド一式が処分できます。わりとオトクな方法なのではないでしょうか。
ただし、粗大ごみは自分でごみを運搬する必要があります。家の前に出しておくだけでよければ労力は少なくてすみますが、所定の回収場所にもっていかないといけないなら最低でもトラックが必要になりますね。時期によっては回収にきてもらうまでに日数がかかることもあるので、急な引越しの場合は利用がしづらいのもデメリット。自治体のやり方をチェックして、問題がなければオススメの方法です。

業者に依頼する

もし処分が大変なのであれば、今度はプロの手を借りることになりますね。業者に回収してもらう場合は、連絡をすれば見積り訪問にもきてもらえるのでラクです。他のごみがあっても、まとめて回収してもらえるのも大きな魅力。唯一のネックとなるのは料金ですね。こちらでも、検索結果の上位にある業者を参考にしましょう。

ベッドの種類によってかかる費用は2,000円~7,000円程度。さきほどの自治体の回収料金と比較すると、変動の幅は大きいです。回収料金にはこれといった相場が設けられていないため、業者によってかなり変わってきます。もし利用する場合は、地域にある複数の業者に見積りを頼むといいですね。お金という面に目をつぶれば、すべての作業を任せられて日時の融通もきくので、とても便利な方法です。

参照:ベッド回収処分 – 家具回収どっとコム 東京 横浜 by ニシダサービス

その他のサービス

さて、ベッドを購入したショップによっては、そこに頼ったほうがオトクになることもあります。

無印良品

同種の商品を引きとる際に、これまでの商品を無料で回収するサービスがあります。ベッドはその対象に含まれるので、次も無印のベッドという場合には利用したほうが賢明ですね。

参照:不用家具の引き取り | 無印良品

ニトリ

同一のサービスを行っています。料金は3,000円(税別)となります。

出典:FAQ-サービスについて

そのほかの通販サイトでも、回収サービスが利用できるところがあります。引きとりに条件を設けていることが多いので、注意事項を読んでおきましょう。また、引越し業者でも、引越し時の不要品の回収サービスが利用できます。引きとりができない製品、回収が有料になる製品もありますから、よく調べてください。

ベッドの廃棄まとめ

いかがでしたか。ベッドを廃棄する場合、思わぬ荷物になることが多いです。自力で捨てることが困難な場合でも、頼れるところはたくさんあります。ごみの処分はなにごとも早めに動くことが重要なので途方にくれず、まずはいい方法を探してみましょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数