【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 【法人向け】F-Powerが2019年3月より北海道電力エリアから撤退!今後の対応や手続きはどうなるの?
 

【法人向け】F-Powerが2019年3月より北海道電力エリアから撤退!今後の対応や手続きはどうなるの?

法人向け電気代比較、電気料金見直し

F-Powerが2019年3月より、北海道電力エリアの企業など大口利用者向け市場から撤退することがわかっています。この記事では、撤退の詳細や新しい電力会社への切り替えはどうすればいいのかなどをお伝えします。エネチェンジは、テレビや新聞雑誌に多数掲載されている、国内最大級の「電気・ガス代の見直しサービス」です。

新電力での電力供給シェア1位のF-Powerが、年50億円ほどの赤字が見込まれたため、北海道電力エリアから撤退することがわかっています。対象となるのは、特別高圧・高圧に区分される、企業や大規模工場などの法人のお客さまです。

この記事では、撤退の詳細や電力会社の切り替え手続きはどのようにすればいいのかなどを紹介しています。F-Powerを契約中のお客さまは、ぜひご覧ください。

更新日
2019年2月15日

なお、電力会社の切り替え・手続きについて、詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

F-Powerが2019年3月より、北海道電力エリアから撤退?詳細はどうなっているの?

2018年12月末より、北海道電力エリアでF-Powerと契約をしている特別高圧・高圧のお客さまのもとに、「2019年3月より、北海道内の企業・工場など大口利用者向け市場から撤退をする」という趣旨の通知が順次届いているようです。

原因は、電力を調達している日本卸電力取引所(JEPX)の北海道内分の取引価格が高騰し、年50億円程度の赤字が見込まれるためです。F-Powerは、日本卸電力取引所(JEPX)で購入した電気を販売しています。しかし、今年になってからは価格が高騰し、北海道外事業を含む2018年6月期の決算で、すでに赤字を計上しています。

そのなかでも、特に北海道内での特別高圧・高圧市場は今後50億円ほどの赤字を生み出すとして、市場からの撤退を決めた模様です。

家庭向けの「ピタでん」は、3月以降も継続して供給されます

F-Powerは、家庭向けに「ピタでん」「エゾデン」というブランド名で北海道電力エリア内にて電気を販売しています。「ピタでん」の電気料金プランには、毎月500kWhまで定額で利用できる「ピタでん使いたい放題」と、基本料金0円の「ピタでん使った分だけ」の2種類があり、「エゾデン」には「もっとシンプルベストプラン」があります。

特別高圧・高圧のお客さま向けの電力事業は撤退しますが、家庭向けの「ピタでん」は、3月以降も継続して供給されるようです。ご家庭で「ピタでん」を契約している方は、安心して今後もご利用ください。

そもそも、F-Powerってどんな会社?

株式会社F-Powerは、電力の売買業務および売買の仲介業務、発電および電力の供給業務などを行っています。2009年に設立され、新電力での電力供給はシェア1位。「ピタでん」というブランド名で電気を販売しています。供給エリアは、沖縄および離島を除く全国です。

家庭向けの電気料金プランには、毎月500kWhまで定額料金で利用できる「ピタでん使いたい放題」と、基本料金が0円の「ピタでん使った分だけ」の2種類があります。

F-Powerの撤退する3月以降は、どうなってしまうの?

北海道電力エリア内で、F-Powerを契約されているお客さまのなかには、「3月までに切り替えなければ電気は止まってしまうの?」「また北海道電力に戻すべき?」などの疑問を持っている方もいるでしょう。

そこで、2月15日時点でわかっていることをお伝えいたします。

なるべく早い電力会社の切り替えをおすすめします。
結論から言うと、電力会社の切り替えをしなかったからと言って、すぐに電気が止まったりすることは考えられませんが、早めのお手続きをおすすめいたします。
北海道電力に切り替えると、今よりも電気代が高くなってしまう可能性が高いです。
今回の市場撤退によって、「北海道電力に戻した方がいいのかな?」と考えている方もいるでしょう。しかし、F-Powerと比較すると北海道電力の電気料金は高く、今よりも電気代が高くなってしまう可能性が高いです。
また、特別高圧・高圧は基本的に1年契約となり、期間内に解約を行うと、解約違約金がかかることがあります。切り替えまでの猶予は短いですが、「焦って電力会社を切り替えた結果、電気代がかなり高くなってしまった……」ということがないよう、慎重に電力会社を選ぶ必要があります。

エネチェンジでは、F-Powerに北海道電力エリアにおける市場撤退に関する情報を収集している最中です。最新の情報が分かり次第、こちらの記事にてお知らせいたします。

「新しい電力会社に切り替えたい…」「どのように手続きを進めればいいのか、わからない…」という方は、ぜひエネチェンジまでお問合せください!

F-Powerが北海道電力エリアの企業など大口利用者向け市場からの撤退することについてお伝えしました。
F-PowerのHP上などにも正式な情報はなく、エネチェンジでも情報を収集している状態です。

3月より市場から撤退するということで、2月15日現在、2週間程度の猶予しかなく、かなりの短期間で新しい電力会社を探さなくてはなりません。「どのように新しい電力会社を探せばいいか、わからない」「今と変わらない価格での電力会社に切り替えたい」という方もいるでしょう。

そこでエネチェンジでは、新しい電力会社選びかた手続きが完了するまでの「誰に聞いたらいいの?」を無料でサポートしています。お見積りも、もちろん無料。北海道電力エリア内であれば、最大7社の電力会社をご紹介することができます。ぜひ、お見積りだけでもお問合せください。

新しい電力会社選びを無料でサポートします。お気軽にご相談ください!

電話
03-6774-6607(平日 10時から18時)
法人の電気代削減サービスエネチェンジBizなら
90%以上のお客様が
今よりも電気代が安くなる結果に!
電気代一括見積りフォーム
複数の電力会社から
自社にぴったりな電力会社が選べます
ご契約中の電力会社
ご契約中の電圧区分
貴社名
貴社名を入力してください
お電話番号
お電話番号を入力してください
ご担当者のお名前
ご担当者のお名前を入力してください
メールアドレス
メールアドレスを入力してください
利用規約」「個人情報の取扱いについて」に同意のうえ、送信ください。

法人の電気の手続きやご相談など、電気に関する疑問になんでもお答えいたします。
おすすめの電力会社や電力会社の見直しによる削減額のご案内もしています。どうぞお気軽にご相談ください。

エネチェンジは国内最大級の電気、ガスの比較サイトです。
新聞、テレビ、雑誌などたくさんのメディアにも紹介されています。不安なことや心配なことは、お気軽にご相談ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。