【重要】 大東エナジー「いい部屋でんき」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 日本エコシステム・じぶん電力が日中の割高な電気代をアシストする新電気料金プラン「デイタイムアシストプラン」を発表!
 

日本エコシステム・じぶん電力が日中の割高な電気代をアシストする新電気料金プラン「デイタイムアシストプラン」を発表!

電力自由化ニュース

太陽光発電システムの販売などを手掛ける日本エコシステムの「じぶん電力」が、新しい電気料金プラン「デイタイムアシストプラン」を発表!詳細をチェック。

日本エコシステム・じぶん電力が「デイタイムアシストプラン」という新プランを発表しました。オール電化住宅などで日中の電気代が割高なプランを利用している人は注目したいプランです。

更新日
2017年9月14日
登録小売電気事業者
登録あり
記事を読む前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなる!
全国で400万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

じぶん電力の新・電気料金プラン「デイタイムアシストプラン」って?

「デイタイムアシストプラン」は、現在加入している電力会社と契約をしたまま太陽光発電システムが無料で設置でき、料金単価が割高となる日中(デイタイム)には自分の家に設置した太陽光発電システムで作られた電気を割安な価格で使えるという特徴があるんです。

例えば、東京電力エリアのオール電化住宅にお住まいで、現在東京電力のオール電化向け電気料金プランを契約しているとします。そのプランを契約したまま、じぶん電力の「デイタイムアシストプラン」を申し込むと、じぶん電力が無料で自宅の屋根に太陽光発電システムを設置してくれます。

東京電力のオール電化向け電気料金プランは、日中(デイタイム)の間の電気料金単価が他の時間帯と比べて高く設定されているのですが、じぶん電力の「デイタイムアシストプラン」を利用することで、日中は自宅の太陽光発電システムで発電された電気をじぶん電力から購入して使うことができ、東京電力のプランよりも安い単価で電気が使えます。

日中でも天気が悪い日など太陽光発電ができない時間帯は、契約中の電気料金プランの時間帯別料金単価が適用されます。


出典:プレスリリース|じぶん電力

料金単価は?

「デイタイムアシストプラン」の料金単価は、以下のように設定されています。

エリアデイタイムアシストプラン料金(税込)
東北電力エリア28円00銭/kWh
東京電力エリア24円00銭/kWh
中部電力エリア32円00銭/kWh
関西電力エリア30円00銭/kWh
中国電力エリア28円00銭/kWh
四国電力エリア29円00銭/kWh
九州電力エリア22円00銭/kWh

現在契約されている電気料金プランの日中の単価よりも割安な場合は、これまでよりも電気代を安くすることができますね。

「デイタイムアシストプラン」を申し込める人は?

現在、夜間の電気料金が安い、時間帯別の電力量料金が設定されている電気料金プランを契約している人におすすめです。なお、「デイタイムアシストプラン」は自宅に太陽光発電を設置するため、契約期間が20年となります。途中解約をする場合は、太陽光発電設備そのものを買い取る必要があります。

その他、以下の申込条件があります。

「デイタイムアシストプラン」申込条件
  • 築20年未満もしくは新築予定で、2階建て以下のご物件をご所有の方。
  • 蓄電設備または発電設備(太陽光発電、エコウィル、エネファームなど)を、設置されていない方。
  • お申し込み者、または同居のご家族が60歳未満であること。

上記の他、家屋の強度・日射量・積雪量・塩害の度合いなど審査条件により申し込みできない場合があります。

太陽光発電を検討中の人は注目したい◎じぶん電力の新・電気料金プラン「デイタイムアシストプラン」

日本エコシステム・じぶん電力の新・電気料金プラン「デイタイムアシストプラン」をご紹介しました。メリットは、自宅の屋根に無料で太陽光発電システムを設置してもらえることと、現在契約中の電力会社のプランの日中料金よりも安い電気代で、自宅の太陽光発電システムで発電された電気を使えるということ。自宅に太陽光パネルの設置を考えていて、日中の電気代の高さに悩んでいる方は、「デイタイムアシストプラン」を検討してみては?

今すぐ、このプランに申し込みたいアナタは…
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数