1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 卒業式に着る服装はどこに気をつけるべき?
 

卒業式に着る服装はどこに気をつけるべき?

ファッション

卒業式に着る服で悩んでいるお母さんもいるのではないでしょうか?卒業式にNGな服装についてご説明しています。NGな服装を知っておくと、着ていく服を選びやすくなりますよ!

晴れやかな式典の日である卒業式。参列するのが楽しみな反面、着ていくに悩んでいるお母さんも少なくないのでは。卒業式に母親が着る服装はきれいであればいいというわけではなく、あるルールがあります。卒業式当日に式場についてから「私、浮いてる……」ということにならないためにも、卒業式にふさわしい服装について知っておきましょう。

卒業式は式典。礼服・略礼服が基本の服装

卒業式は学校での全課程を修了しことを祝う式典です。主役である子供たちはもちろん、教員や参列する保護者も礼服や略礼服で参列するのが一般的です。保護者の卒業式での服は、ブラックフォーマル、または紺やグレーなどの落ち着いた色を着ることが多い席ですね。

礼服の意味とは?

礼服とは冠婚葬祭でのふさわしい服装です。礼服にもいくつかのドレスコードがありますが、卒業式にふさわしいのが略礼服と呼ばれるセミフォーマルです。女性の場合、ワンピースやスーツがこれにあたります。シルクやウールなど高級感のある素材を使ったものが一般的です。

卒業式の服装、こうすれば大丈夫!

shutterstock_297912302
卒業式の服、NGは?
礼服や略礼服と言われても難しいし、正しい服装ができているか不安というお母さんたちのために、注意したいポイントや守るべきポイントをお伝えします。卒業式の服装で母親が目指すのは「上品」「シンプル」「落ち着いている」スタイルです。

ジャケットを羽織る

卒業式での服装の基本はスーツが基本で、上半身にジャケットを羽織るのが正解です。パンツやワンピースでもジャケットを羽織ると正装になります。ジャケットは襟が付いていないタイプのものでも問題ありませんが、ボレロやカーディガンはカジュアルになりすぎてしまうので避けましょう。

スカートは膝丈

もっとも上品に見えて好感度高く受け入れてもらえるスカートの丈は膝丈です。膝小僧が隠れるくらいの長さ~膝小僧がちょうどのぞく程度の長さが品よく見えます。太ももが出るような短い丈やロングスカートは避けるようにしましょう。

卒業式の服とコサージュ、色はこれ!

服の色は黒・白・パステルカラー・紺・グレー以外は避けたほうが無難です。コサージュも淡い色を選ぶようにしましょう。ゴールドなどの派手なコサージュ、赤や紫などインパクトの強いコサージュは避けましょう。

アクセサリーにも気を配ろう

何気なく選んでしまいがちなアクセサリーですが、卒業式では上品でシンプルなものを選ぶようにしましょう。パールなどがおすすめです。ゴールドをたくさんつけると派手になりすぎてしまうので注意しましょう。
目指すのは上品で落ち着いたイメージです。色や素材に気を配ることで華やかになりすぎないように注意しましょう。

靴はシンプルなパンプス

卒業式でおすすめなのはフォーマルなパンプス。飾りは必要ありません。ヒールの高さは3㎝~5cm程度が上品です。高すぎるヒールは卒業式の場にふさわしくありませんので注意しましょう。靴の形はベーシックなものを。色は黒がおすすめです。
つま先部分が開いたオープントゥやかかとが見えるバックストラップも卒業式ではふさわしくありません。かかとからつま先までしっかり覆われたデザインのパンプスを選びましょう。

バッグもシンプルなものを

バッグも派手なものを持たず、シンプルさを心がけます。柄やロゴ、飾りを極力控えたものを選びましょう。光る素材のバッグはNG。またブランドのロゴが入ったものもふさわしくありません。色は靴と揃えると上品でファッション全体にまとまりが出ます。

派手になりすぎないようにする

卒業式ではお世話になった先生方に感謝の気持ちを表す場でもあります。また、入学式にくらべて厳かな場でもあるため、黒やグレーなどの落ち着いた色を着用することが多い席です。そのような場で華やかな色や素材、デザインの服を着ると浮いて悪目立ちしてしまいます。シックな色やデザインの服を選ぶ用にしましょう。

卒業式の主役は子供

ここまで卒業式での服装についていろいろ注意事項を書いてきましたが、忘れてはいけないのは、卒業式の主役は子供だということです。親が子供より目立ってしまわないように、ということを念頭に置いて服や小物を選べば、おのずとシンプルで上品なスタイルができ上がるのではないでしょうか。

卒業式での母親の服装はシンプルで上品な礼服で参列

卒業式は学校生活最後の式典です。子供が主役であるとともに、お世話になった先生方に感謝の気持ちを表す場でもあります。そのような席にふさわしい母親のは、華やかさよりも上品さです。
色は黒や白、グレー、ネイビー、パステルカラーのスーツを着用しましょう。パンツスーツでも構いませんが、スカートを選ぶ場合は膝丈がベストです。コサージュも淡い色を選択します。アクセサリーはパールなど控えめで品があるものがおすすめ。靴とバッグも飾りは極力排除したシンプルなデザインのものを選びましょう。上品さ・フォーマルさを意識した服装で卒業式に出席し、思い出に残る一日にしましょう。

エネチェンジ診断で電気料金を比較・節約!

お住まいの郵便番号を入力して、電気料金を今すぐ比較!

-
郵便番号がわからない