J:COM電力の値上げ・料金改定情報まとめ

J:COM電力の値上げ・料金改定情報まとめ
電力自由化ニュース

J:COM電力の値上げ・料金に関する改定情報をまとめています。「最近、J:COM電力は電気料金の値上げを発表した?」「燃料費調整額の上限撤廃など料金に関する改定はあった?」など気になっている方はチェックしてくださいね。乗り換え先としておすすめの電力会社も厳選してご紹介しています。

本記事ではJ:COM電力の値上げ、料金に関する改定情報についてまとめています。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均26,953円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2022年7月1日〜2022年9月25日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

更新日
2022年10月4日

J:COM電力の値上げ・料金に関する改定情報

J:COM電力の値上げ・料金に関する改定情報をご紹介します。

【2022年11月検針分~】燃料費調整額の上限撤廃

J:COM電力では、昨今の世界情勢による燃料価格の高騰を受け、電力の安定供給を目的として、以下の電気料金プランにおいて燃料費調整額の上限価格の設定を廃止。燃料費調整額の変更は、2022年11月検針分の電気料金から適用されます。

2022年11月検針分から燃料費調整額が変更される電気料金プラン
家庭用コース(グリーンメニュー含む)
従量A/B/C、時間帯別、曜日別、ピーク抑制、季時別、夜間8時間型、夜間10時間型、夜間12時間型、夜間S型、夜間休日型、夏季抑制、お得タイム
共用部コース
従量A/B/C、低圧電力

今回の変更では、基本料金(最低料金)や電力量料金の単価などに影響はありませんが、燃料費調整額は毎月の電気料金の一部であるため、電気代は高くなる可能性があります。よりあなたのライフスタイルに見合った電力会社・電気料金プランを知りたい方は、「エネチェンジ電力比較」をご利用ください。

J:COM電力が値上げした場合は、電力会社を見直しましょう

J:COM電力の値上げや、料金に関する改定の発表があった際は、毎月の電気代にどれくらい影響があるか確認しましょう。値上げ・改定内容によっては、別の電力会社への乗り換えを検討するのも一案です。

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などを入力するだけで節約につながる電力会社を見つけられます。キャンペーンを実施している電力会社も多いので、チェックしてみてくださいね。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。