【重要】 「福島電力」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 電気代に含まれている「燃料費調整額」って何?
 

電気代に含まれている「燃料費調整額」って何?

でんきの基本

私たちがいつも支払っている電気代には、「燃料費調整額」というものが含まれています。「燃料費調整額」とはいったい何で、どういった仕組みで決まっているのか、ご説明しています。

私たちがいつも支払っている電気代には、「燃料費調整額」というものが含まれています。

「燃料費調整額」というものはどんなもので、なぜ私たちの電気代に含まれて請求されてくるのでしょうか?

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

燃料費調整額とは

火力発電で使う燃料の輸入価格は常に変動しているため、その変動分を調整するために毎月「今月の燃料費調整額はいくらです」と自動的に電気料金に含まれて請求されてくるものです。飛行機の燃油サーチャージと似た仕組みです。

毎月の値上がり、値下がりとして1kWhあたり数円のプラス、もしくはマイナスで計算されていますが、月ごとの電気使用量の変化と重なって、あまり変化を実感できていないかもしれませんね。

燃料費調整額はどこに書いてあるの?

多くの場合、毎月の電気代を知らせる「電気ご使用量のお知らせ」(電力会社の請求書)に記載されています。

燃料費調整額としていくら請求されたかではなく、単価が記載されているので、実際に請求されるのは単価x使用量(kWh)です。

また、各電力会社のホームページでも確認することができます。

Q.電気料金の変更は認可制ではないの?

たしかに電力会社は電気料金を変える際、政府に認可を取る必要があります。この時、電力会社は「このぐらいの価格で燃料を買い付けられる」という前提条件となる基準燃料価格を設定します。これをもとに原価計算をして、認可されたものが、電気料金単価(kWhあたりの単価)です。

「燃料調整額」は、この「基準燃料価格」と実際の平均燃料価格に違いが生じた際、決まったルールのもとに計算して追加請求、もしくは割り引くことを電気料金を規制する法律の施行規則で定めたものであり、燃料の値段しだいで自動的に決定されるのです。

そして「燃料調整額」は3ヶ月ごとの平均を毎月計算し、2ヶ月後の料金に反映されます。つまり、ある年の1月に燃料の価格が下がったとき、11月、12月、1月の燃料価格の平均と「基準燃料価格」を比較します。この結果、基準燃料価格よりも値下がりしていても、その反映は早くても3月の請求になるんです。

Q.どうして「燃料調整額」の他に電気料金を変えることがあるの?

「燃料調整額」は燃料価格の短期的な変化を吸収するために認められているので、電力会社はここで請求できる自由に金額を設定することはできません。

そのため地域電力会社は以下のような変化を吸収するために、電気料金の単価などを変えることがあります。

  • 燃料を買い付けられる価格が長期的に大きく変化してしまったなど
  • 全電力に占める火力発電の割合が変わって、使う燃料の量が増減したなど
  • 会社運営にかかる基本的なコストが増減したなど

こうした電気料金の単価の変更は、資源エネルギー庁の電気料金審査専門小委員会で審査され、認可される仕組みとなっています。

2016年の電力小売全面自由化以降は、こうした審査はなくなり、電力会社が自由に電気料金を設定できるようになります。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数