燃料費調整額とは 上限撤廃している電力会社はどこ?

燃料費調整額とは 上限撤廃している電力会社はどこ?
でんきの基本

電気料金に含まれている「燃料費調整額」とは何か、わかりやすく解説します。燃料費調整額の上限を撤廃する電力会社も一覧にまとめているので、契約時の参考にしてくださいね。「燃料費調整額は電力会社によって違う?」といった疑問も解決できます。

一般的な電気料金プランには、燃料費調整額という項目が含まれています。燃料費調整額とは何か、なぜ請求されるのか、といった疑問にお答えしましょう。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均26,953円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2022年7月1日〜2022年9月25日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。
更新日
2022年11月30日

燃料費調整額とは

燃料費調整額とは何か、電力会社によって違うのか、基本的なことから解説します。

燃料費調整額とは「電気料金の算出項目のひとつ」

そもそも電気料金は複数の項目で算出されています。一般的な電気料金プランの算出方法は次の通りで、燃料費調整額もその項目のひとつ。

  • 基本料金・最低料金+電力量料金(電力量料金単価×使用電力量)±燃料費調整額(燃料費調整単価×使用電力量)+再生可能エネルギー発電促進賦課金(使用電力量×再生可能エネルギー発電促進賦課金単価)

燃料費調整額は、発電に必要なLNG(液化天然ガス)など燃料の価格変動を電気料金に反映させるためのものです。必ず毎月変動し、燃料費が基準価格よりも低ければ電気料金から減算、高ければ加算されます。よく旅行をする方には、飛行機の燃油サーチャージに似た仕組みと説明すればわかりやすいかもしれませんね。

経済産業省資源エネルギー庁は、燃料費調整額を電気料金に含める目的を次のように説明しています。

燃料費調整制度は、事業者の効率化努力のおよばない燃料価格や為替レートの影響を外部化することにより、事業者の経営効率化の成果を明確にし、経済情勢の変化を出来る限り迅速に料金に反映させると同時に、事業者の経営環境の安定を図ることを目的とし、平成8年1月に導入されました。

出典:燃料費調整制度について|経済産業省エネルギー

燃料費調整額は電力会社によって違う

燃料費調整額は、電力会社によって違います。次の表は、東京電力エナジーパートナー(東京電力EP)や関西電力など旧一般電気事業者の燃料費調整単価をまとめたものです。それぞれ燃料費調整額が違うことがわかるでしょう。

旧一般電気事業者とは北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力を指します。

旧一般電気事業者燃料費調整単価
2023年1月分2022年12月分2022年11月分2022年10月分2022年9月分2022年8月分2022年7月分2022年6月分2022年5月分2022年4月分2022年3月分2022年2月分2022年1月分2021年12月分2021年11月分
北海道電力3円66銭3円66銭3円66銭3円66銭3円66銭3円66銭3円23銭1円93銭1円56銭1円40銭1円16銭0円63銭0円06銭▲0円28銭▲0円59銭
東北電力3円47銭3円47銭3円47銭3円47銭3円47銭3円47銭3円47銭3円47銭3円36銭3円05銭2円67銭1円83銭0円82銭0円31銭▲0円11銭
東京電力EP5円13銭5円13銭5円13銭5円13銭5円13銭5円10銭4円15銭2円97銭2円74銭2円27銭1円83銭0円74銭▲0円53銭▲1円09銭▲1円53銭
中部電力ミライズ5円36銭5円36銭5円36銭5円36銭5円06銭3円66銭2円77銭1円77銭1円61銭1円17銭0円68銭▲0円44銭▲1円79銭▲2円38銭▲2円87銭
北陸電力1円77銭1円77銭1円77銭1円77銭1円77銭1円77銭1円77銭1円77銭1円77銭1円77銭1円77銭1円77銭1円47銭1円14銭0円87銭
関西電力~15kWh33円66銭33円66銭33円66銭33円66銭33円66銭33円66銭33円66銭33円66銭33円66銭33円66銭33円66銭30円44銭18円07銭11円88銭6円68銭
16kWh~2円24銭2円24銭2円24銭2円24銭2円24銭2円24銭2円24銭2円24銭2円24銭2円24銭2円24銭2円03銭1円20銭0円79銭0円45銭
中国電力~15kWh47円84銭47円84銭47円84銭47円84銭47円84銭47円84銭47円84銭47円84銭47円84銭47円84銭47円84銭37円90銭23円92銭15円82銭8円83銭
16kWh~3円19銭3円19銭3円19銭3円19銭3円19銭3円19銭3円19銭3円19銭3円19銭3円19銭3円19銭2円52銭1円59銭1円05銭0円59銭
四国電力~11kWh28円00銭28円00銭28円00銭28円00銭28円00銭28円00銭28円00銭28円00銭28円00銭28円00銭25円85銭20円03銭12円71銭8円40銭4円52銭
12kWh~2円55銭2円55銭2円55銭2円55銭2円55銭2円55銭2円55銭2円55銭2円55銭2円55銭2円35銭1円82銭1円16銭0円76銭0円41銭
九州電力1円86銭1円86銭1円86銭1円86銭1円86銭1円86銭1円86銭1円82銭1円70銭1円55銭1円33銭0円88銭0円33銭0円00銭▲0円27銭
沖縄電力~10kWh39円78銭39円78銭39円78銭39円78銭39円78銭39円78銭39円78銭39円78銭39円78銭39円78銭37円25銭29円04銭19円57銭13円26銭7円89銭
11kWh~3円98銭3円98銭3円98銭3円98銭3円98銭3円98銭3円98銭3円98銭3円98銭3円98銭3円73銭2円91銭1円96銭1円33銭0円79銭

ご覧の通り、燃料費調整単価は加算・減算されるため、月々の電気代への影響も少なくありません。月末に各電力会社のホームページで発表されるので、気になる方はチェックするとよいでしょう。

独自の燃料費調整額を導入する電力会社も

一部の新電力では、独自の燃料費調整額(独自燃調)を導入している会社もあります。会社によって名称や算出方法が違いますが、「電源調達調整費」という名目で、単価などが日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格と連動しているケースが少なくありません。現在契約中または、これから契約する電力会社の電気料金の算出方法が気になる方は、約款を確認してみてください。

 

燃料費調整額の「上限」とは

燃料費調整額は燃料費によって加算・減算されますが、上限設定があります。詳しく解説していきましょう。

燃料費調整額の上限は電力会社・プランによって異なる

電気料金プランは、大きく2つにわけることができます。1つ目は「規制料金」という、電力自由化より前から提供されてきたもので、旧一般電気事業者の従量電灯プランなどが該当します。2つ目は「自由料金」という、電力自由化以降に生まれたもので、「規制料金以外」のプランが該当します。

「規制料金」については、消費者保護の観点から料金自体が法律で決められているだけでなく、燃料費調整単価の上限が設定されています。燃料費の高騰で上限に達した場合、それ以上は値上がりしなくなります。上限金額は電力会社によって違いますが、下限設定はありません。

「自由料金」については、「規制料金」と違って料金だけでなく上限設定の決まりがありません。そのため、旧一般電気事業者の自由料金のプランや新電力のプランは、上限設定をしているものもあれば、していないものもあります。

燃料費調整額の上限を設定している電力会社

燃料費調整額の上限を設定している、おすすめの電力会社をご紹介します。

PinTでんき

PinTでんきは、東京電力エナジーパートナーのグループ会社である株式会社PinTが運営する新電力です。

旧一般電気事業者の従量電灯と比較して、基本料金は同額、電力量料金が一律に設定された「PinTでんきフラット」を提供しています。比較的、電気の使用量が多いご家庭におすすめのプラン。

上記の旧一般電気事業者の従量電灯プランとは、北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・九州電力の「従量電灯B」、関西電力・中国電力・四国電力の「従量電灯A」を指しています。

燃料費調整額の上限撤廃をした電力会社一覧

2022年、海外情勢の悪化や円安などが起こり、燃料の調達コストが上がり続け、同年9月時点で旧一般電気事業者10社すべての燃料費調整額が上限に達している状況です。そのため安定供給を目的として、自由料金のプランの燃料費調整額の上限撤廃を実施する電力会社が増えています。燃料費調整額の上限を撤廃している新電力・旧一般電気事業者を一覧にまとめました。

燃料費調整額の上限撤廃をした新電力一覧

燃料費調整額の上限撤廃を実施した新電力をご紹介します。対象プランについては、各電力会社のサイトを確認しましょう。

燃料費調整額の上限撤廃を行った電力会社一覧
新電力上限撤廃時期
auエネルギー&ライフ(auでんき)2022年11月〜
ENEOSでんき(ENEOS株式会社)2022年11月〜
MCリテールエナジー(まちエネ)2022年4月〜
大阪ガス(大阪ガスの電気)2022年11月〜
J:COM(J:COM 電力)2022年11月〜
オカモト(0円でんき)2022年08月〜
SBパワー(ソフトバンクでんき)2022年11月〜
坊っちゃん電力2022年7月〜
楽天エナジー(楽天でんき)2022年6月〜
Looop(Looopでんき)2022年3月〜
NTTドコモ(ドコモでんき)2023年1月~
東邦ガス(東邦ガスのでんき)2023年1月~

リスト内の電力会社は一例です。すべての燃料費調整額の上限撤廃を実施した新電力をリストアップしたものではありません。

燃料費調整額の上限撤廃をした旧一般電気事業者一覧

つづいて、燃料費調整額の上限撤廃を実施した、旧一般電気事業者の「自由料金」のプランをご紹介します。

電力会社プラン上限廃止月
九州電力スマートファミリープラン
スマートビジネスプラン
電化でナイト・セレクト
季時別電灯
時間帯別電灯
深夜電力A/B
第2深夜電力
ピークシフト電灯
高負荷率型電灯
低圧季時別電力 など
2022年10月分〜
四国電力でんかeプラン
でんかeマンションプラン
時間帯別eプラン
ホリデーeプラン
季節別時間帯別電灯
時間帯別電灯
ピークシフト型時間帯別電灯
スマートeプラン[タイプL/L+/H/H+]
深夜電力(A/B)
第2深夜電力
2022年11月分〜
おトクeプラン
スマイルAPプラン
でんか引渡しプラン
ビジネススタンダードプラン
低圧スタンダードプラン
2023年5月分〜
中部電力ポイントプラン
おとくプラン
とくとくプラン
スマートライフプラン(朝とく・夜とく含む)
スマートライフプランforスマート・エアーズ
ビジとくプラン
Eライフプラン(3時間帯別電灯)
タイムプラン(時間帯別電灯)
ピークシフト電灯
低圧季節別時間帯別電力
低圧高利用契約
低圧深夜電力A/B
第2深夜電力
わくわくホット(沸増型電気温水器契約)
融雪用電力
防霜用プラン など
2022年12月分〜
東北電力よりそう+ファミリーバリュー
よりそう+シーズン&タイム
よりそう+ナイト8(時間帯別電灯A)
よりそう+ナイト10(時間帯別電灯B)
よりそう+ナイト12
よりそう+ナイトS(時間帯別電灯S)
よりそう+ナイト&ホリデー
よりそう+サマーセーブ(PS季節別時間帯別電灯)
よりそう+eねっとバリュー
深夜電⼒A/B/C など
2022年12月分〜
北海道電力エネとくポイントプラン
エネとくS/M/Lプラン
エネとくシーズンプラス
エネとくスマートプラン
eタイム3プラス
エネとく動力プラン
エネとくスノープラン
Web・eプラス
ドリーム8
ドリーム8エコ
eタイム3
eタイム3[S/Mプラン]
低圧時間帯別電力
深夜電力A/B/C/D
ホットタイム19/22
ホットタイム19/22エコ
ホットタイム22ロング など
2022年12月分~

燃料費調整額は電気料金を決める大事な項目

燃料費調整額は、電気料金を算定するためのひとつの項目であり、変動すれば月々の電気代に影響があることがわかりましたね。検針票やマイページなどでいくらかかっているか、一度確認してみると◎

電気代が気になっているなら、電力会社の見直しがおすすめです。電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などを入力するだけでぴったりの電力会社が見つけられます。お得なキャンペーンを実施している電力会社もあるので、チェックしてみてくださいね。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。