関西電力のオール電化プラン「はぴeタイムR」を解説!「はぴeプラン」は申し込めない?

関西電力のオール電化プラン「はぴeタイムR」を解説!「はぴeプラン」は申し込めない?
関西電力の電気料金プランを見なおす

関西電力のオール電化向けプラン「はぴeタイムR」について紹介。「はぴeタイムR」のメリット・デメリットや料金表はもちろん、申し込み方法や違約金の有無まで解説します。「はぴeタイムRの料金表はどんな特徴があるの?」「旧オール電化向けプラン、はぴeプランはもう申し込めないの?」といった疑問も解決できますよ。

関西電力のオール電化向けプラン「はぴeタイムR」について、くわしくご紹介します。
「はぴeタイムRはどんなメリット・デメリットがあるの?」
「オール電化だと割引はつく?」
などの疑問も解決。

関西電力エリアでオール電化住宅にお住まいの方、またはオール電化住宅に引越しをされる方はチェックしてくださいね。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均21,939円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2022年5月1日〜2022年6月12日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

関西電力のオール電化向けプラン「はぴeタイムR」とは

関西電力で現在契約できるオール電化向けプラン「はぴeタイムR」の供給エリアや加入条件を確認しましょう。

「はぴeタイムR」の供給エリア

関西電力のオール電化向けプラン「はぴeタイムR」の供給エリアは以下になります。

  • 京都府
  • 大阪府
  • 滋賀県
  • 兵庫県(赤穂市福浦を除く)
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 福井県(三方郡美浜町以西)
  • 三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)
  • 岐阜県(不破郡関ケ原町の一部)

マンションやアパートなどの賃貸住宅であっても、関西電力「はぴeタイムR」のお申し込みは可能です。しかし、建物全体が電力会社と一括で契約(一括受電契約)をしている場合は、個別に電力会社を切り替えることができません。

「はぴeタイムR」の加入条件

関西電力「はぴeタイムR」の契約には、総容量が原則として1kVA以上のエコキュートや電気温水器等の夜間蓄熱式機器、または多機能型ヒートポンプ給湯機等のオフピーク蓄熱式電気温水器、ハイブリッド給湯器などを使用していることが条件となります。

「はぴeタイムR」のメリット・デメリット

関西電力のオール電化向けプラン「はぴeタイムR」のメリットは、ナイトタイム(23時〜翌7時)の電気代が安いこと。この時間帯を利用して食器乾燥機や洗濯乾燥機を回すなど、電気の使い方を工夫することで、オール電化の電気代を節約していくことが可能です。

いっぽうデメリットは、ナイトタイムと比較してデイタイム(平日10時~17時)の電気代は割高に設定されていること。デイタイムにできるだけ電気を使わないよう工夫できるご家庭は、このプランをお得に利用することができるでしょう。

電気代を節約したいなら他社のオール電化向けプランも比較しましょう!

オール電化のご家庭も、電気の使い方や生活スタイルに見合ったプランを選ぶことで、電気代を今より安くすることが可能です。エネチェンジでは、お住まいの地域で選べるオール電化プランを比較でき、節約額の目安もわかります。ぜひ、ご利用ください。

関西電力のオール電化向けプラン「はぴeタイムR」の電気料金表

「はぴeタイムR」の電気料金表を見ながら、プランの特徴を解説しましょう。

「はぴeタイムR」の電気料金表

区分単位関西電力「はぴeタイムR」料金(消費税率10%)
基本料金10kWまで1契約2200円00銭
上記を超える分1kW396円00銭
電力量料金デイタイム
(昼間時間)
夏季平日10時~17時1kWh28円96銭
その他季の平日10時~17時26円33銭
リビングタイム(生活時間)デイタイムをのぞく7時〜23時22円89銭
ナイトタイム(夜間時間)23時〜翌7時15円20銭

「はぴeタイムR」の基本料金は実量契約(実量制)となります。前の1年間でもっとも多くの電力を使った30分間を基準にして、関西電力側で設定されます。
「夏季」とは毎年7月1日〜9月30日までの期間をいい、「その他季」とは毎年10月1日〜翌年6月30日までの期間をいいます。リビングタイムとは平日7時~10時と17時~23時、休日扱い日の7時~23時の時間をいいます。休日扱い日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日をいいます。

関西電力「はぴeタイムR」は、1日を3つの時間帯(デイタイム・リビングタイム・ナイトタイム)に分け、ナイトタイムの電気代が安く設定されています。

また、オール電化のご家庭は、電化割引が利用できます。エコキュートなど総容量が原則として1kVA以上の夜間蓄熱式機器、または多機能型ヒートポンプ給湯機などのオフピーク蓄熱式電気温水器に加え、IHクッキングヒーターを使用している方は、電気代(基本料金+電力量料金)の5%が割引されます。

関西電力「はぴeプラン」「はぴeタイム」は新規申し込み受付終了

関西電力のオール電化向けプラン「はぴeプラン」「はぴeタイム」は、新規申し込み受付が終了しています。また、オール電化のご家庭が契約できるプランとして、「時間帯別電灯」「季節別電灯PS」がありましたが、どちらも新規加入受付終了となっています。
「はぴeプラン」「はぴeタイム」「時間帯別電灯」「季節別電灯PS」を契約している方は、切り替えで他の料金プランに切り替えると元のプランに再度戻すことはできないため、注意が必要です。
現在、関西電力が販売しているオール電化向けの電気料金プランは「はぴeタイムR」の1プランです。

どちらが安い?「はぴeタイムR」と他社オール電化向けプランを比較!

関西電力「はぴeタイムR」よりも安いオール電化向けプランはあるのでしょうか?他社のオール電化向けプランと比較してみましょう。

関西電力「はぴeタイムR」とコスモでんき「コスモでんきスタンダードオール電化」を比較

区分単位コスモでんき「コスモでんきスタンダードオール電化」関西電力エリア料金(消費税率10%)関西電力「はぴeタイムR」料金(消費税率10%)
基本料金~10kW1契約2200円00銭2200円00銭
上記を超える場合1kW396円00銭396円00銭
電力量料金デイタイム
平日10時〜17時
夏季(7月1日~9月30日)1kWh28円96銭28円96銭
その他季(10月1日〜翌年6月30日)26円33銭26円33銭
リビングタイム
デイタイムを除く7時〜23時
22円89銭22円89銭
ナイトタイム
23時〜翌7時
15円20銭15円20銭

コスモでんき「コスモでんきスタンダードオール電化」は、オール電化向けの電気料金プランです。関西電力の「はぴeタイムR」と比較して、基本料金・電力量料金ともに同額に設定されていますが、毎月の電気代が3%割引されます

3人家族で、ひと月あたりの電気使用量を10kW・670kWh(デイタイム64kWh、リビングタイム257kWh、ナイトタイム349kWh)として計算すると、コスモでんき「コスモでんきスタンダードオール電化」のほうが関西電力「はぴeタイムR」よりも、夏季ではひと月あたり約457.23円、夏季以外ではひと月あたり約452.18円電気代が安くなり、年間で約5441.31円の電気代を節約できます。

関西電力「はぴeタイムR」とidemitsuでんき(旧:出光昭和シェル)「オール電化プラン」を比較

区分単位idemitsuでんき「オール電化プラン」料金(消費税率10%)関西電力「はぴeタイムR」料金(消費税率10%)
基本料金~10kW1契約1980円00銭2200円00銭
上記を超える場合1kW365円20銭396円00銭
電力量料金デイタイム
平日10時〜17時
夏季(7月1日~9月30日)1kWh27円51銭28円96銭
その他季(10月1日〜翌年6月30日)25円01銭26円33銭
リビングタイム
デイタイムを除く7時〜23時
21円74銭22円89銭
ナイトタイム
23時〜翌7時
14円44銭15円20銭

idemitsuでんき(旧:出光昭和シェル)「オール電化プラン」の基本料金は実量契約(実量制)となります。前の1年間でもっとも多くの電力を使った30分間を基準にして、idemitsuでんき(旧:出光昭和シェル)側で設定されます。

idemitsuでんき(旧:出光昭和シェル)「オール電化プラン」は、基本料金・電力量料金ともに関西電力「はぴeタイムR」よりも安い設定がされています。

3人家族で、ひと月あたりの電気使用量を10kW・670kWh(デイタイム64kWh、リビングタイム257kWh、ナイトタイム349kWh)として計算すると、idemitsuでんき(旧:出光昭和シェル)「オール電化プラン」のほうが関西電力「はぴeタイムR」よりも、夏季ではひと月あたり873.59円、夏季以外ではひと月あたり865.27円電気代が安くなり、年間で10408.2円の電気代を節約できます。

上記は関西電力「はぴeタイムR」の電化割引額を含めずに計算した額ですが、電化割引額を含めた場合も、idemitsuでんき(旧:出光昭和シェル)「オール電化プラン」のほうが年間1339.362円の電気代を節約できます。

また、idemitsuでんき(旧:出光昭和シェル)の電気料金プランを契約すると、車をお持ちの方にガソリン・軽油の特割サービスが適用されたり、電気自動車(EV)をお持ちの方は電気代の割引があるなどのカーオプションサービスが利用できます。

関西電力のオール電化向けプラン「はぴeタイムR」の申し込み方法

関西電力のオール電化向けプラン「はぴeタイムR」の契約期間、解約手数料、支払い方法や申し込み方法についてみていきましょう。

「はぴeタイムR」の契約期間・解約手数料などについて

契約期間は?
契約期間は料金適用開始日が属する年度(4月1日~翌3月31日)の末日。以降1年ごとに同一条件で更新されます。
解約手数料は?
かかりません。
解約違約金は?
かかりません。

「はぴeタイムR」の支払い方法・請求書について

支払い方法は?
口座振替・クレジットカード支払いでのお支払いが可能です。
請求書は?
関西電力の会員サイト「はぴeみる電」のWeb上で確認できます。紙の請求書が必要な場合は有料(1通あたり110円/税込)となります。

「はぴeタイムR」の申し込みの流れ

1)関西電力に申し込む
関西電力へ電話にて申し込みます。
2)スマートメーターの設置
現在利用されている電力メーターがスマートメーターでない場合には、スマートメーターの設置が必要です(関西電力への切り替えに限らず、電力会社を切り替える際には、スマートメーターの設置が必要となります)。スマートメーターの設置は原則無料、設置には5分から40分程度を要し、設置への立会いは原則不要です。
3)関西電力の電気、利用開始…!
スマートメーター交換後、関西電力の電気が利用可能となります。

【新規加入停止】「はぴeプラン」「はぴeタイム」とは

関西電力では「はぴeタイムR」以外にもオール電化向けプラン「はぴeプラン」「はぴeタイム」というプランがありました(現在は、新規受付は停止しています)。

「はぴeプラン」とは、オール電化のご家庭が利用できる割引が適用される関西電力の電気料金プランです。「はぴeプラン」の内容は、「はぴeタイム」に全電化住宅割引が適用されたものとなります。

「はぴeタイム」と「はぴeプラン」の違い

「はぴeタイム」と「はぴeプラン」の違いは、全電化住宅割引がつくかつかないか、です。電気代は以下のように計算されますが、

「はぴeタイム」と「はぴeプラン」では上記計算内の割引内容が異なります。

「はぴeタイム」で適用される割引
  • 通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額・5時間通電機器割引額
  • 口座振替割引

2022年7月1日以降は、「通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引」「5時間通電機器割引」は廃止されています。

「はぴeプラン」で適用される割引
  • 通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引・5時間通電機器割引
  • 口座振替割引
  • 全電化住宅割引(はぴeプラン割引)

2022年7月1日以降は、「通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引」「5時間通電機器割引」は廃止されています。

「はぴeプラン」には全電化住宅割引(はぴeプラン割引)が適用され、その割引額は以下のようになります。

「はぴeプラン」の全電化住宅割引額計算方法
(基本料金+電力量料金-マイコン割引額・5時間通電機器割引額)×10%=割引額

上限額は3,300円(税込)です。

オール電化住宅の場合に適用される割引は「はぴeプラン」の全電化住宅割引だけなので、「はぴeプラン」が加入停止されてしまった場合、最大3,300円(税込)の割引が受けられなくなってしまいます。

「はぴeプラン」新規加入停止後、関西のオール電化の家庭は今後どのプランがお得になるのか

「はぴeプラン」の新規加入が停止された後、関西電力のオール電化はどのプランを使っていけば良いのでしょうか?

4月以降オール電化が選べるプランとその特徴

関西電力のオール電化に向いている選べる電気料金プランは以下の3プランです。

「はぴeタイム」

はぴeタイム」には、通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引・5時間通電機器割引、口座振替割引があります。「はぴeタイム」は、2019年4月1日以降新規受付を終了しています。2022年7月1日以降は、「通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引」「5時間通電機器割引」は廃止されています。

「はぴeタイム」電気料金表
区分単位関西電力「はぴeタイム」料金(消費税率10%)
基本料金10kW以下1契約2200円00銭
上記を超える場合1kW396円00銭
電力量料金デイタイム
平日10時〜17時
夏季(7月1日~9月30日)1kWh34円95銭
その他季31円77銭
リビングタイム
平日昼間時間帯を除く7時〜23時
23円47銭
ナイトタイム
23時〜翌7時
10円70銭

「時間帯別電灯」

時間帯別電灯」には、通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引・5時間通電機器割引、口座振替割引があります。2022年7月1日以降は、「通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引」「5時間通電機器割引」は廃止されています。

「時間帯別電灯」電気料金表
区分単位関西電力「時間帯別電灯」料金(消費税率10%)
基本料金10kVA(100A)以下1契約1210円00銭
上記を超える場合1kVA396円00銭
電力量料金昼間
7時〜23時
90kWhまで1kWh21円66銭
91kWh〜230kWh27円95銭
231kWh〜32円00銭
夜間
23時〜翌7時
10円70銭

「季時別電灯PS(ピークシフト)」

季時別電灯PS(ピークシフト)」には通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引・5時間通電機器割引、口座振替割引があります。「季時別電灯PS(ピークシフト)」は、2019年4月1日以降新規受付を終了しています。2022年7月1日以降は、「通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引」「5時間通電機器割引」は廃止されています。

「季時別電灯PS(ピークシフト)」電気料金表
区分単位関西電力「季時別電灯PS」料金(消費税率10%)
基本料金10kW以下1契約1210円00銭
上記を超える場合1kW396円00銭
電力量料金夏季ピーク
夏季7月1日~9月30日の平日13時〜16時
1kWh54円22銭
昼間
夏季ピーク時間帯を除く7時〜23時
90kWhまで20円90銭
91kWh〜230kWh26円97銭
231kWh〜30円88銭
夜間
23時〜翌7時
10円70銭

上記の3プランはどれも、夜間23時~翌7時の間安い単価が適用される、ということは同じです。それぞれ違う点は、日中の電気料金単価と、マイコン機器・通電機器割引があるかどうかという点です。

オール電化の電気代を節約していくためには、日中使う分の電気代がどれだけ節約できるか、ということも重要となってきます。そのためには、ご家庭の日中の電気の使用量や使用時間に合わせて一番電気代をお得にできるプランを選んでいく必要があります。

関西電力「はぴeタイムR」をお得に使うには?

関西電力のオール電化向けプラン「はぴeタイムR」の詳細をご紹介しました。「はぴeタイムR」は夜の電気代が安いので、電気を使う時間帯を日中からできるだけ夜間にずらす工夫をすることで、電気を安くお得に使っていくことが可能です。

オール電化プランを探していて、まだ関西電力「はぴeタイムR」にしようか悩んでいる方は、エネチェンジ電力比較で他にお得なプランがあるか探してみましょう。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。