エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 引越し料金を安くする見積もりのコツを徹底解説!上手な交渉方法とは?
 

引越し料金を安くする見積もりのコツを徹底解説!上手な交渉方法とは?

家探し、引越し

早めの見積もり依頼は、引越しの交渉を有利に進めるコツのひとつです。工夫次第で、さらに引越し料金を安くすることができるでしょう。この記事では、引越しの見積もりを安くするコツや料金交渉の方法を解説しています。

引越しをできるだけ安く済ませるには、上手に引越し料金の交渉をするコツを知っておくとよいです。ちょっと工夫したりポイントを知っておいたりすることで、引越し料金が数万円以上安くなることもあります。

この記事では、引越し料金を安くするための見積もりの取り方、料金交渉のポイントなどを解説します。

引越し料金を安くしたいなら、訪問見積もりは必須

訪問見積もりは、実際の荷物を確認しながら行います。正確な引越し料金を知ることができ、値引き交渉がしやすい見積もり方法です。訪問見積もりをうまく利用すると、引越し料金を安くすることができます。

本命の引越し業者からは、最後に見積もりを取る!

複数の引越し業者に訪問見積もりの依頼をするときは、一番気になっている引越し業者の訪問日時の設定を最後にしましょう。他社の訪問見積もりで、料金の相場やサービスの内容を知っておくと、本命の引越し業者と比較ができ、交渉がしやすくなります。

単身者の引越しはネット見積もりでOK

荷物量が少ない単身者の引越しなら、単身パックという専用のコンテナを使った引越しプランが利用でき、訪問見積もりなしで済む場合があります。

単身パックでは、1つのコンテナに詰めるだけの荷物を運ぶので、コンテナ単位で見積りを取ることになります。訪問見積りをしなくても、正確な引越し料金を決めることができるでしょう。ただし、人よりも荷物が多い場合などは訪問見積りをおススメします。自分の荷物量を確認し、ぴったりの引越しプランを選びましょう。

必要なオプションサービスを吟味する

訪問見積もりでは、担当者が、引越しプランのサービス内容や料金、引越し当日までにしておくべきこと、引越し当日の作業の流れなど、詳しく説明してくれます。

見積もり時に提案されたサービス内容にオプションサービスが含まれていたら、遠慮なく担当者へ相談し、必要なサービスだけを選ぶようにしましょう。細かいオプションサービスを削ることで、引越し料金をおさえられることがあります。

女性の引越しで、訪問見積もりを依頼するときの注意点

女性の引越しの場合、訪問見積もりで男性スタッフを部屋に上げるのに抵抗がある人は多いですよね。見積もりを依頼するときに、「女性スタッフにお願いしたい」と相談してみましょう。

また、女性スタッフが引越し作業を行う「レディースプラン」を提供している引越し業者もあります。部屋の中や、デリケートな荷物を見られたくないという人は、「レディースプラン」を選択するのもいいですね。ただし、「レディースプラン」は通常よりも必要人員が増えるなどの理由で、引越し料金が高めになるので注意しましょう。

引越しの見積もりは早めに

引越しの見積もりは早めに済ませるのがおススメです。

引越し予定日まで時間があると、引越し業者がトラックやスタッフを手配するのに余裕ができ、引越し料金が安くなることがあります。

また、早めに契約を申し込みできると、希望の引越し日に調整がしやすくなるでしょう。

早めの見積もりで値引きの可能性も

早めに引越しの見積もりを取り、契約の申し込みをすると、早期割引を受けられることがあります。

また、引越し日時の選択が広がるため、できるだけ安い引越し料金の日時を相談することも可能です。ただし、あまりにも先の引越し日で見積もりの相談をすると、引越し業者も予定が立てにくく、断られてしまうこともあるので注意しましょう。

引越し料金を安くする交渉のポイント

満足のできるサービスを受けながら引越し料金をできるだけ安くするために、以下で紹介するポイントをおさえておきましょう。

3社程度に絞って訪問見積もりを取る

見積もりを取ってサービスや料金を比較をするためには、できるだけたくさんの引越し業者へ連絡をした方がよいのでしょうか?

おススメしたいのは、3社程から訪問見積もりを取る方法です。たくさんの引越し業者へ訪問見積もりを依頼すると、時間がかかり比較もしにくくなります。引越し業者の候補を絞って、効率的に選ぶとよいでしょう。

訪問見積もりの業者を絞るなら、引越し一括見積もりが便利

引越し業者を効率よく選ぶには、「引越し一括見積もりサイト」が便利です。Web上で引越し条件について必要情報を一度入力するだけで、複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。この段階で、訪問見積もりを依頼する引越し業者を、3社程選んで連絡をしてみましょう。

訪問見積もりの1社目には、相見積もりであることを告げる

訪問見積りを依頼する際は、1社目で即決をしないのが賢明です。提示された金額は、あくまで相場として認識しておき、この金額をもとに2社目以降の見積もりと比較をしていくとよいでしょう。

訪問見積もりの2社目には、1社目の提示金額が安かったことを告げる

2社目の訪問見積もり日時は、1社目の見積もり後に設定するようにします。

1社目の金額がいくらだったのかを積極的に伝える必要はありませんが、金額だけではなくサービス内容が自分の要望と合っているかどうか確認をしつつ、比較をしていくとよいでしょう。

さらに検討したいのであれば、3社目に見積りを依頼し、比較をして決めましょう。

引越しの見積もり金額は、その場限りの「時価」

引越しの見積もり金額は、その場限りの「時価」なのがほとんどです。契約が成立したあとで引越し条件の変更があると、見積もり金額は変わってしまいます。見積もりの時点で、荷物量や引越し予定日はできるかぎり確定しておくことが大切です。

工夫次第で引越し引越し料金がさらに安く

引越し予定日を変えるだけで、さらに引越し料金が安くなる場合があります。

引越しの時期は、閑散期がおススメ

引越しには「繁忙期」や「閑散期」などのシーズンがあります。人の移動が多い3月から4月は「繁忙期」で、引越しの依頼が多くなるので引越し料金が高くなってしまいます。引越し料金が安くなりやすい「閑散期」を引越し予定日として選べば、おトクに引越しができるでしょう。

引越しの日時は、平日や午後の時間帯がおススメ

あまり人気がない時期や時間帯で引越し予定日を選ぶと、引越し料金をおさえることができます。

土日や祝日よりも、平日の方が引越し料金は割安になります。また、午前よりも午後の方が引越し料金が割安になることが多く、時間帯を指定しないフリー便もおトクです。

また、多くの賃貸物件は月末が契約期限で、引越し希望者が集中するため、月末は引越し料金が高くなります。月末の引越しを避けると、新居との二重家賃が発生する場合がありますが、その分だけ引越し料金が高くなっては本末転倒です。家賃も考慮して、引越しの見積もり金額を比較するようにしましょう。

引越し料金を安くするコツは早めの見積り!

引越しの予定が決まったら、早めに見積もりを依頼するのが、引越し料金を安くするコツです。見積もりを取るときは、他社の見積もり金額と比較し、具体的な値引き条件を提示する方法で、じょうずに交渉をしましょう。想像以上に引越し料金が安くなるかもしれません。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。