【重要】 大東エナジー「いい部屋でんき」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 布団乾燥機のスマートドライは電気代いくら?
 

布団乾燥機のスマートドライは電気代いくら?

電気代の節約、節電テクニック

象印の布団乾燥機「スマートドライ」の電気代や機能をご紹介しています。象印独自の最新機能など、布団乾燥機の購入を考えている人に役立つ情報もお届けします。

象印の布団乾燥機スマートドライについてご紹介します。
布団の湿気が気になる方や、家族の布団を清潔に保ちたいと思ったら布団乾燥機が便利ですよね。象印の布団乾燥機スマートドライの電気代や機能を解説します。

象印のスマートドライとは

象印の布団乾燥機「スマートドライ」の電気代や機能を見ていきましょう。

スマートドライって何?

スマートドライは、新しいタイプの布団乾燥機でマットもホースもいらない優れものです。13センチの薄さで4.1kgなので収納に便利で持ち運びもラクラク。「羊毛」「羽毛」「綿」「化学繊維」どの布団のタイプにも使用可能ですし、布団のお任せ運転が7種類もあります。また、スマートドライを使用中に掛けふとんが本体にかかってしまっても、音とランプ表示で知らせて運転を停止してくれるので安心して使用することができます。

参照:ふとん乾燥機 RF-AB型|商品情報|象印

スマートドライの電気代はどのくらいかかるの?

2015年6月18日に発売された布団乾燥機 『スマートドライ』(RF-AB20型)の電気代は以下のようになります。

「乾燥・標準」コース (60分/電気代:約17円)
自動の風量調節で効率よく乾燥。
「送風仕上げ」コース (75分/電気代:約17円)
「乾燥・標準」コース後に送風で布団の温度を下げるので、気温の高い夏などにオススメ。
「ダニ対策」コース (90分×4回/電気代:約103円)
ダニは逃げることがあるため効果がない場合もありますが、ダニが死ぬとされる50℃以上になるよう風量を自動調節。1回につき90分、布団の向きを4回変えて運転。
「あたため・標準」コース (30分/電気代:約9円)
就寝前にセットすることで、ふっくらと温かい布団で眠れます。
★「低温あたため」コース (30分/電気代:約5円)
布団の乾燥はできませんが、人肌に近い温度になるのでであたため直後からおやすみ可能です。
★「エコ」コース (120分/電気代:約12円)
自動の室温センサーが、室温に適した運転時間で電気代を節約します
「低温乾燥」コース (120分/電気代:約21円)
仕上がった時の布団の温度が気になる方にオススメ。

参照:ふとん乾燥機「スマートドライ」(RF-AB型) 新発売 | ニュースリリース | 企業情報 | 象印

スマートドライの新機能

最新モデルのRF-AB20型と、前モデルRF-AA20型の機能を以下に比較しました。

マットもホースもいらないというのはスマートドライの特徴ですが、RF-AB20型と前モデルRF-AA20型にはどんな違いがあるのでしょうか。上記の「スマートドライの電気代はどのくらいかかるの?」に記載した★マークのついている★「低温あたため」コースと★「エコ」コース はRF-AA20型には搭載されておらず、RF-AB20型の新しい機能です。更に、「アレル物質抑制フィルター」を使って、花粉やダニの死骸等のアレル物質を抑制するなど、季節に合わせた使い方やダニ対策ができるようになり、節電も可能になりました。

スマートドライの電気代まとめ

象印の布団乾燥機スマートドライの電気代や機能がわかりましたね。マットもホースも使わずに布団を隅々まで乾燥できるなんて、業界でも初めなのだとか。小さくて軽いから持ち運びも楽で収納スペースも場所を取らないなんて、画期的な布団乾燥機だと言えるのではないでしょうか。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数