エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 太陽光発電システム(ソーラーパネル)を家庭に設置するメリットとは?
 

太陽光発電システム(ソーラーパネル)を家庭に設置するメリットとは?

太陽光発電を設置するメリットとは
太陽光発電・売電を知る

売電収入に代表されるように、ソーラーパネルを家庭に設置することはさまざまなメリットがあります。太陽光発電システムとはどのような仕組みか、どんなメリットがあるのか、代表的なものについてご紹介いたします。

屋根にソーラーパネルを設置している家庭、最近多いですよね。太陽光は再生可能エネルギーの中でも、今もっとも速いスピードで普及が進んでいるものになります。ソーラーパネルを設置することで得られるメリットについて、ご説明いたします。

なぜ太陽光の自家発電が注目されるのか

再生可能エネルギーが数ある中で、なぜとくに太陽光発電が注目されるのでしょうか。

太陽光発電は、太陽電池と呼ばれる装置を用いて、文字通り太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。地球上に到達する太陽光のエネルギー量は1㎡当たり約1kWで、仮に地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるとしたら、世界の年間消費エネルギーをわずか1時間でまかなうことができるエネルギーと言われています。しかも、枯渇する心配がありません。
また、クリーンであることも特長であり、発電時に地球温暖化の要因とされる二酸化炭素もまったく排出しません。
このため、エネルギー源確保が容易であり、地球にもやさしいエネルギー源として、太陽光発電は大変注目を集めています。また、日本は世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国といわれており、太陽光発電の導入は今後ますます加速すると思われます。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電はソーラーパネルを家の屋根などに設置して発電します。
パネルで発電できる電気は直流電力のため、これを家庭の家電製品等で使用できる交流にパワーコンディショナーという機器を使って変換し、これを家庭の分電盤に接続して利用できるようにします。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電のメリットとは

では、再生可能エネルギーの中でも太陽光発電のシステムを導入するメリットはなんでしょうか。環境、技術、家計といった様々な観点から、そのメリットを細かく見ていきましょう。

10年間固定価格で売電できる

自宅で太陽光発電した場合、当然発電量が使用量を上回った部分は、電力会社に販売(売電)できる制度が整っています。
つまり余った電力を売ること=「売電」することができます。
さらにその価格は10年間固定の料金で買取価格が決まっています。具体的には、2014(平成26)年度からですと1kWh当たり37円と政府で定められています。

(2)住宅用太陽光(10kW 未満)
平成26年度 買取価格
37円/kWh
買取期間
10年間

出典:再生可能エネルギーの平成26年度の買取価格・賦課金を決定しました(METI/経済産業省)

さらに固定価格以上の値段でも売電できる

いくつかの新電力事業者は、上記の価格よりも高い単価でソーラーパネルで発電した電気を買い取ってくれます。

売電単価を上げることについて、詳しくは以下の記事でご紹介しています。
ソフトバンクグループが参入!太陽光で発電した「電力を高く買い取るサービス」とは?

そうした新電力の一つであるSBパワー社の「電力買取サービス」の申込書類はこのページからいますぐ請求することができます。

おトクなプレミアム価格での売電のチャンスを逃さず、いますぐ売電収入を増やしましょう!

SBパワー社の電力買取サービスに切り替えることで、固定価格に1円/kWh上乗せで電力を売電できます。
2014年3月以前に設置された太陽光発電設備なら、余剰売電・全量売電どちらも対象です。
申込書類を請求する※SBパワー社のエントリー画面へ移動します

光熱費を節減できる

太陽光発電を上手に活用することで、光熱費が大幅に削減できます。

あるメーカーの試算によれば、電気・ガス併用住宅に太陽光発電を設置した場合、1年間の光熱費が約66%削減できることがわかっています。

太陽光発電にすれば、光熱費は一気に約1/3に。さらに、オール電化と組み合わせれば、月々の光熱費のほとんどを太陽光発電でまかなえるうえ、売電により家計にプラス効果さえも。このクリーン&エコノミー効果の大きさ、きっと毎月、毎年、実感いただけるはずです。

出典:三菱電機 三菱住宅用太陽光発電システム:太陽光発電について知ろう! 太陽光発電のメリット[光熱費節約]

この試算によると、年間約24万円の光熱費が約8万円と1/3に節約できるとされています。この光熱費の節減分に余った電気を電力会社に売る売電が加わって、さらに太陽光発電の設置費用を早く回収し、収入を得ることができます。
先の試算では、電気・ガス併用住宅をオール電化住宅に変え、太陽光発電を活用すれば、自宅の光熱費を無料でまかなうだけでなく、年間約4千円の収入を得ることもできるとされています。

発電設備としては立地の条件が緩い

太陽光発電システムは、可動部分がなく騒音や排出物を出しませんので、十分な日射量と一定の設置要件を満たせば大規模な設備であっても住宅地の近くでも設置できます。この特徴が、住宅用の自家発電設備として適している理由になります。
発電システムの構成も基本的には簡単ですので、場所の広さに応じて設置規模を柔軟に設定できるため、発電設備としては極めて立地の条件が緩く設置しやすいと言えるでしょう。

設置費用が下がり、費用対効果が改善されている

自家発電用のソーラーパネル自体は、以前より存在はしていました。そして、その設置費用は年々下がってきています。これはもちろん開発技術が進歩し、東日本大震災以降は特に注目があつまり、生産量が大幅に増えたことなどが要因と考えられます。
具体的なシステム全体の設置費用は、2001年 約270万円、2006年 約240万円、2011年 約180万円という統計があります。
2014年4月以降は、自家発電用のソーラーパネル設置に対して、国が補助金を出す制度はなくなりましたが、更に技術力・生産量の向上や、設置業者の競争意識などで、より設置費用が下がると思って良いでしょう。

変換効率が上がり、費用対効果が改善されている

太陽光発電システムは、光エネルギーを電気エネルギーに直接変換します。この光エネルギーから電気エネルギーに変換できる割合を、変換効率(単位:%)と呼んでいます。
簡単に説明すると、ソーラーパネルは、小さな太陽光発電セルというものを集めてつくっています。この太陽光発電セル毎の変換効率が年々技術の進歩で高まってきており、以前は約15%前後だったものが、今では20%を超えるものまで開発されています。
こうした変換効率の向上により発電能力が高まっている現在、太陽光発電のシステムからは以前より多い売電収入が得られることを期待できます。

災害時の非常用電源となる

ソーラーパネルを家庭に設置すると、自然災害などで地域の電力会社からの電力供給・送電がとまってしまった場合においても自家発電で一定の電力供給が可能になるため、災害への備えになるというメリットがあります。
また、最近では太陽光発電のシステムに連動する小型蓄電装置も開発されており、メーカーはこれを設置することで夜間や悪天候などで太陽光発電の出力が低下したときにも、電力をバックアップして安定供給できると説明しています。

停電が長引いても安心。

昼間、太陽光で創った電気が利用できるので、電気機器を使いながら、蓄電池にも充電できます。

出典:[住宅用] 創蓄連携システム 停電時 もっと安心 | Panasonic

まとめ

以上が太陽光発電に関するメリットについての説明です。
数ある再生可能エネルギーのなかでも立地の条件が緩く家庭で導入できる太陽光発電の役割はますます重要なものとなると思われます。
そして家庭に設置した場合、電力をまかなうと同時に、余った電力を電力会社へ売電という形で売ることができます。(10年間の固定価格)
ぜひこのようなメリットをふまえて、前向きな検討をしてみてはいかがでしょうか。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。