エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン テレワーク応援で限定特典も! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)終了後に注目したい!新サービスを紹介します
 

太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)終了後に注目したい!新サービスを紹介します

太陽光発電・売電を知る

太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)終了後、新しい局面を迎える再エネ市場をにらみ、たくさんの事業者がさまざまな対応策を打ち出しています。この記事では、太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)終了後の市場動向や注目したいサービスについて解説しています。

東日本大震災や台風、大雨など自然災害に際してのエネルギー自給の必要性、化石燃料から持続可能なエネルギーへのエネルギーシフトなど、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーには、大きな注目が集まっています。

なかでも、太陽光発電の普及はここ10年で大きく進みました。飛行機や新幹線から眺める風景に、いわゆるメガソーラーの大規模な太陽光パネル群を見ることも増えましたし、新築のマンションや一戸建て住宅、大規模公共施設の屋上などにソーラーパネルが設置されているのは当たり前の光景になりました。

その一方で、ここ最近話題になっているのが「卒FIT」です。この記事では、太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)終了後の市場動向や注目したいサービスについて解説しています。

卒FIT後の3つの選択肢

再生可能エネルギーの普及に大きな役割を果たした、太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)は、2009年からはじまった10年の期限付きの制度です。

2009年に契約をした人のなかから、2019年11月から順次「満期」を迎え、FITの対象から外れる契約者が出てきます。2009年から始まったFIT制度が満期を迎えることで「2019年問題」と言われ、2019年の11月・12月だけで約53万件が対象になります。

翌年以降も毎年20万件を超える住宅用太陽光発電が「FIT卒業」を迎えていきます。累計では、2023年までに約165万件・約670万kWがFIT卒業の対象、いわば「卒FIT」となります。

出典:住宅用太陽光発電設備のFIT買取期間終了に向けた対応

卒FIT後は、発電した電力をどうするかには以下の3つの選択肢があります。

  1. 旧一般電気事業者もしくは新電力と、FITより安い価格(10.00円/kWh以下)で売電契約を結び直す
  2. 蓄電池や電気自動車を購入し、昼間発電した余剰電力を蓄えて夜間に使用する
  3. 従来通り昼間のみ自家消費を行い、夜間の時間は電力会社から購入した電気を使う

新しい局面を迎える再エネ市場をにらみ、電力事業者をはじめ住宅メーカー、蓄電池メーカーなど幅広い事業者がさまざまな対応策を打ち出しています。

意外に低調?卒FIT元年の市場動向

とはいえ、2019年問題は昨日今日始まったことではありません。多くの電力事業者がFIT終了後の電力買取価格を発表。買取価格はおよそ10.00円/kWh前後となっています。

買取側の電力事業者としては、価格設定は大きな悩みどころです。そこで各社は、知恵をしぼってさまざまな特典やセット価格を提案しています。いくつかピックアップしてみましょう。

エコ企業を応援できる!みんな電力「顔が見えるPtoP卒FITプラン」

みんな電力株式会社は、2019年11月1日から「顔が見えるPtoP卒FITプラン」をスタートしました。

このプランは、太陽光発電で発電した電気を企業や団体とマッチングするというもの。参加している企業・団体は株式会社TBSテレビ、株式会社TBSラジオ、株式会社丸井グループ、三菱自動車工業株式会社、パタゴニア日本支社、公益財団法人横浜YMCA、社会福祉法人福祉楽団、大地を守る会、ステップアップ塾の9つ(今後随時追加予定)。

みんな電力は創業以来「顔の見える電力」をコンセプトに、丸井グループやパタゴニアなど再生可能エネルギーシフトを目指す企業に「生産者の顔が見える再エネ電力」を供給してきました。

「顔が見えるPtoP卒FITプラン」では、家庭用太陽光発電を行う個人の立場でも、再エネにチャレンジする企業を応援できることになります。さらに、先着500件まで買取価格を上乗せ(+5円/kWh・契約後1年限定)するサービスも展開しています。応援した企業・団体からお得な返礼品も届くので、ふるさと納税のようなワクワク感や応援の手ごたえを感じることができます。

「卒FIT後は、何がお得?」という発想から一歩先を行く意識で、再エネ社会への積極的な参加を実感できるプランといえるでしょう。

出典:卒FIT買取プラットフォーム|みんな電力

地域ぐるみで未来を考える!加賀新電力

加賀市総合サービス株式会社は、石川県加賀市が100%出資する第三セクター企業。美術館などの公共施設の指定管理や、学校・保育園の給食業務の受託などを行うかたわら、「加賀新電力」として電力事業を行っています。自治体100%出資の株式会社による電力事業は、全国初のことです。

この加賀新電力による卒FIT後の電力買取価格は、北陸エリアでは最高値となる1kWhあたり14円(先着100件、申し込みは2020年3月31日まで。2020年4月以降の申し込みは1kWhあたり9円)。価格は買取開始から3年間据え置きとなります。同エリアの北陸電力は8円であることを考えるとかなりお得です。「加賀市内に太陽光パネルを持っている」という条件がありますが、ここをクリアできるなら非常に魅力的なプランですね。

加賀新電力は、加賀市が取り組む「加賀市版RE100」の実現に向けた取り組みの一環でもあります。地域内での経済循環や、エネルギーの地産地消を目指す取り組みに注目です。

出典:加賀新電力|加賀市総合サービス株式会社

地域の特産品と交換できるポイント付与!丸紅ソーラートレーディング「地域応援プラン」

シカとサルが合体した、かわいいシンボルキャラが目を引く丸紅ソーラートレーディングの「クラシカザル計画」。全国どこからでも申し込める利便性の高さが魅力的な、同社の卒FIT対応買取プランです。

シャープ製のパネルを設置しているユーザー向けの「SHARPプラン(1kWhあたり7~10.6円、地域による)」、シャープ製のパネル+蓄電池を設置しているユーザー向けの「SHARPプラン蓄電池プレミアム(1kWhあたり11~14.6円、地域による)」に加え、2019年12月には「地域応援プラン」がスタートしました。

「地域応援プラン」は、株式会社トラストバンクとのコラボレーションプラン。月々の売電量に応じ、1kWhあたり10ポイントの「丸紅特産品ポイント」を付与。このポイントは、トラストバンクが運営する卒FIT電力の寄附/買取プラットフォーム「えねちょ」で使用できる、地域の特産品と交換可能です。

特産品は、「三河一色産うなぎの炭火焼(1.5尾)」「すだち牛黒毛和牛焼き肉用(300g)」など、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」がセレクトした一品が揃います(2020年1月現在)。ふるさと納税と同様に、特産品を通じて地域の自治体を応援することができる仕組みです。

「SHARPプラン・SHARPプラン蓄電池プレミアム」、「地域応援プラン」に続く、「クラシカザル計画」の新しいプランにも注目です!

出典:地域応援プラン|丸紅ソーラートレーディング

今後も登場する新サービスに注目!

太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)終了後の市場動向や注目したいサービスについて紹介しました。今回紹介した3つのプラン・料金以外にも、各社さまざまな特典やプランを設けています。ハウスメーカーなら自社の戸建て住宅に設置した太陽光発電システムに関するプラン、電機メーカーなら自社の太陽光パネルや蓄電池に関するプラン。また関西電力の「貯めトクサービスS」など、余剰電力を電力会社が預かり、自宅で使用した電気に充当するサービスも登場しています。

「卒FIT」を迎えるユーザーは、今後も増え続けます。これからもさまざまな新サービスが登場し、ユーザーの争奪戦を展開するのは間違いないでしょう。自分の「卒FIT」のタイミングに合わせ、最適なサービスを選択しましょう。

エネチェンジおすすめ卒FIT買取プランをご紹介!

ENEOS太陽光買取サービス
ENEOS太陽光買取サービスは沖縄・離島を除く全国で買取可能です。東京エリアなら11円/kWhの高価買取で、蓄電池の購入や電気の契約などの条件なし!「ENEOS太陽光買取サービス」の詳しい情報はこちらの記事から確認できます。
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。