【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 主要メーカーを比較!ブルーレイレコーダーの電気代
 

主要メーカーを比較!ブルーレイレコーダーの電気代

電気代の節約、節電テクニック

ブルーレイレコーダーを持っている人も多いですよね。電気代がどのくらいかかっているか気になりませんか?今回は主要メーカーのブルーレイレコーダーの電気代や特徴をまとめてみました!

ご家庭でブルーレイレコーダーを使用している方は多いですよね。いまや地デジ番組を綺麗な画質で録画するための必須アイテムといえるでしょう。多彩な録画機能や省エネ化など、年々性能も発展しているので、数年経ったら買いかえも検討したくなりますよね。そこで今回は買いかえの検討材料として、主要なメーカーのブルーレイレコーダーを消費電力と電気代、特徴で比較してみます。

パナソニックのブルーレイレコーダー

今回はそれぞれのメーカーから最新機種を紹介していきます。
パナソニックからは「BRG2010」「BRZ1010」をピックアップ。

待機時の消費電力と電気代

まずは待機電力と1時間あたりの電気代を表にしました。

機種名消費電力電気代
BRG2010クイックスタート「切」時:約0.01W
クイックスタート「入」省エネ時:約3.3W
クイックスタート「入」標準時:約4.9W
クイックスタート「切」時:0.00円
クイックスタート「入」省エネ時:0.09円
クイックスタート「入」標準時:約0.13円
BRZ1010「BRG2010」と変化なし「BRG2010」と変化なし

クイックスタート機能にも差がありますね。うまく使い分ければお得になりそうです。
『クイックスタート「切」』での電気代は小数点第2位以下を切り捨てた、あくまで計算上の数値です。

動作時の消費電力と電気代

レコーダーが作動しているときの消費電力と1時間あたりの電気代も一覧にしてみました。

機種名消費電力電気代
BRG2010約25W0.68円
BRZ1010約21W0.57円

こちらも抑えられているのではないでしょうか。

機種ごとの特徴

「BRG2010」と「BRZ1010」の特徴を紹介していきましょう。

BRG2010
最大の特徴は、6チューナーを搭載したことによる最大6番組の同時録画。家族でみたい番組がかぶってしまう問題も解消できますね。Wi-Fi機能を使えば、ケーブルなしで話題の4K画質の写真・動画ファイルを共有することが可能です。
BRZ1010
ハードディスク容量が1TBに減り、同時録画は3番組までですが、4Kコンテンツの視聴などは「BRG2010」と同様に楽しめます。

消費電力に大きな差がないので、求めている機能でえらぶとよさそうですね。

参照:BRG2010 | ブルーレイ/DVDレコーダー | Panasonic
参照:BRZ1010 | ブルーレイ/DVDレコーダー | Panasonic

東芝のブルーレイレコーダー

今度は東芝から最新機種である「DBR-T660」「DBR-Z620」について紹介します。

待機時の消費電力と電気代

待機電力と1時間あたりの電気代の表は以下のようになります。

機種名消費電力電気代
DBR-T660通常:約7.6W
省エネ待機:約0.06W
瞬速起動待機時:約14.2W
通常:0.21円
省エネ待機:0.00円
瞬速起動待機時:0.38円
DBR-Z620通常:約7.2W
省エネ待機:約0.06W
瞬速起動待機時:約12.9W
通常:0.19円
省エネ待機:0.00円
瞬速起動待機時:0.35円

こちらではモードごとの違いが大きいようです。省エネ待機をかしこく利用しましょう。
「省エネ待機」の電気代は小数点第2位以下を切り捨ててあります。

動作時の消費電力と電気代

動作中の消費電力と1時間あたりの電気代もチェックしましょう。

機種名消費電力電気代
DBR-T660通常動作時:27W
BSアンテナ+USB電源供給時:41W
通常動作時:0.73円
BSアンテナ+USB電源供給時:1.11円
DBR-Z620通常動作時:25W
BSアンテナ+USB電源供給時:41W
通常動作時:0.68円
BSアンテナ+USB電源供給時:1.11円

当然ながら外部機器とつないだときには消費電力があがりますね。注意したほうがよさそうです。

機種ごとの特徴

「DBR-T660」と「DBR-Z620」の差異は、ハードディスクの容量内蔵チューナーの数同時録画できる番組の数です。

ハードディスク容量
DBR-T660:2TB
DBR-Z620:1TB
内蔵チューナー
DBR-T660:3つ
DBR-Z620:2つ
同時録画
DBR-T660:3番組
DBR-Z620:2番組

そのほかの性能に差はないので、1日の使用頻度や家族の人数を考慮して選択するといいかも!

参照:DBR-T660/T650/TOP|レグザサーバー/レグザブルーレイ|REGZA : 東芝
参照:DBR-Z620/Z610/TOP|レグザサーバー/レグザブルーレイ|REGZA : 東芝

シャープのブルーレイレコーダー

シャープから紹介する機種は、「BD-T2800」「BD-W2800」になります。

待機時の消費電力と電気代

こちらでも、まずは待機電力と電気代を表にしてみます。

機種名消費電力電気代
BD-T2800一発起動(クイック起動)設定「しない」:約0.1W
一発起動(クイック起動)設定「する」:約11W
エコモード時:約0.02W
一発起動(クイック起動)設定「しない」:0.00円
一発起動(クイック起動)設定「する」:0.30円
エコモード時:0.00円
BD-W2800「BD-T2800」と変化なし「BD-T2800」と変化なし

設定がクイック起動の有無とエコモードのみなのでシンプルですね。使う頻度が少ないときは、エコモードもうまく活用しましょう。
『一発起動(クイック起動)設定「しない」』と「エコモード」の電気代は小数点第2位以下を切り捨ててあります。

動作時の消費電力と電気代

動作中の消費電力と1時間あたりの電気代の一覧です。

機種名消費電力電気代
BD-T2800約26W0.70円
BD-W2800約25W0.68円

かなり僅かな差になっていますね。ほかの機種も消費電力にあまり差がないので、シャープ製品の特徴のようです。

機種ごとの特徴

この2機種の性能差は、搭載チューナーによる同時録画できる番組数の違いだけです。

BD-T2800
3番組
BD-W2800
BD-W2800

どちらにも連続ドラマをピックアップして自動で録画(ユーザーの設定が必要です)する「ドラ丸」、リモコンのポップアップボタンで録画番組を約5分ごとに分割して表示し、みたい箇所をすぐに探せる「新・見どころポップアップ」機能などを搭載。ハードディスクはどちらも2TBなので、やはり使用頻度などで機種を選択するといいでしょう。

参照:概要 | BD-T2800 | AQUOSブルーレイ:シャープ
参照:概要 | BD-W2800 | AQUOSブルーレイ:シャープ

ブルーレイレコーダーの電気代まとめ

各メーカーのブルーレイレコーダーの電気代や特徴を比較してみました。操作感や編集機能の使いやすさなど、買いかえ前から使っているメーカーがいいという方は多いと思います。エコ機能を活用すれば電気代に大きな差はないようなので、どのメーカーがおすすめかも人それぞれですね。みなさんのお気に入りのメーカーから、自分に合うと思える機種を探してみてください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。