エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
 

ビルトイン食洗機のメリットと電気代

電気代の節約、節電テクニック

ビルトイン食洗機は、システムキッチンに内蔵された食洗機でキッチンスペースを幅広く使えるなどさまざまなメリットがあります。ビルトイン食洗器のメリットや電気代についてまとめました。

ビルトイン食洗機の電気代やメリットをご紹介していきます。あると便利そうだけど、電気代や水道代は実際のところどうなんでしょう。

食洗機のメリット

食洗器にはどのようなメリットがあるのでしょうか?パナソニックの食洗器のポイントを以下にまとめました。
参照:食洗機のメリット | はじめてガイド | ビルトイン食器洗い乾燥機 | Panasonic

キレイに洗える

手洗いより高い水温(約52~62℃)で洗うため、しつこい油汚れもスッキリ。水流はかなり強力で、水を汚れにしっかりと当て洗浄します。食洗機用洗浄剤には、手洗い用洗浄剤には含まれていない酵素が入っており、汚れを落とします。

除菌に優れている

ガンコな油汚れだけでなく雑菌まで吹き飛ばす。約7分の「バイオパワー除菌」により、99%以上の除菌を可能にしています。

時間の節約

みなさんの食器洗いにかける時間はどれくらいでしょうか。1回あたりの食器洗い時間は、約20分程度と言われています。食洗機は、食器をセットして電源を入れるだけ。ここまで約5分。1回あたり約15分節約できます。

節水

食洗機の最大の利点は、「少量の水を循環させて使うこと」です。これにより、節水機能を実現。節水は年間約53.7tになるそうです。

ビルトインタイプと据え置き型との大きな違いは?

ビルトインタイプのメリットは、調理スペースを広く使えるという点です。据え置き型のメリットは、ビルトインタイプよりも安価でカラーバリエーションが豊富な点です。

ビルトイン食洗機の電気代

さあ、気になる電気代です!パナソニック製品を用いて比較します。
1kWhあたりの電力量料金は27円として計算しています。

ビルトイン食洗機NP-45KD7

1回あたりの消費電力量は0.45kwh、1日2回使った場合、年間の消費電力量は328.5kwhです。電気代は1回あたり約12.15円、年間では8,870円です。
参照:詳しい用語解説集 | はじめてガイド | ビルトイン食器洗い乾燥機 | Panasonic

参照:K7シリーズ画像データ | ビルトイン食器洗い乾燥機 | Panasonic

ビルトイン食洗機の電気代まとめ

p14768685
ビルトイン食洗機の電気代をまとめてみました。ビルトイン食洗器の導入を検討されている人は、参考にしてみてくださいね。
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。