エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 電気代は時間帯で変わる!電気料金の割安な時間を活用して節約しよう
 

電気代は時間帯で変わる!電気料金の割安な時間を活用して節約しよう

電気代の節約、節電テクニック

電気代は夜のほうが安いと聞いたことはありませんか?実は、電気料金プランのなかには時間帯によって電気料金が変わるものもあります。この記事では、各電力会社が提供する、時間帯によって電気料金が割安になるプランを紹介します。生活スタイルにあわせて最適なプランを選んで電気をおトクに使いましょう!

時間帯によって電気代がおトクになる電気料金プランがあることをご存知でしたか?実は、電力会社によっては、特定の時間帯の電気料金を割安に設定した電気料金プランを提供しているところもあるんです。

電気を多く使う時間帯が決まっている家庭の場合、こうした電気料金プランを選ぶことで電気代を大きく節約できるかもしれません。そこでこの記事では、特定の時間帯で電気代がおトクになる電気料金プランを紹介します。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが効果的です。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えると、電気代を安くできる可能性があります。手続きも簡単!さっそく、お住まいの地域の電力会社をチェック!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

時間帯によって電気代が割安になる電気料金プランがある!

今まで電力会社や電気料金プランの切り替えをしたことがない家庭では、時間帯にかかわらず電気使用量に応じて料金が加算されるベーシックな電気料金プランを契約しているのが一般的です。

しかし、電力自由化にともない多くの電力会社が電力小売事業に参入し、生活スタイルにあわせて選べる「電気料金がおトクな時間帯」が設定された電気料金プランが多く登場しています。また、東京電力や関西電力など各エリアの旧一般電気事業者では、電力自由化以前からオール電化住宅向けに夜間の電気料金が割安に設定されているプランを提供しています。

では、具体的にどんなプランがあるのか見ていきましょう。

旧一般電気事業者が提供する時間帯によって電気代がおトクになるプラン

まずは、旧一般電気事業者が提供する、時間帯によって電気代がおトクになる電気料金プランを紹介しましょう。

電力会社名プラン種別電気料金プラン名
北海道電力オール電化住宅向けプランeタイム3プラス
東北電力オール電化住宅でなくても契約可よりそう+ナイト8
よりそう+ナイト10
よりそう+ナイト12
よりそう+ナイトS
よりそう+ナイト&ホリデー
よりそう+シーズン&タイム
よりそう+サマーセーブ
東京電力オール電化住宅向けプランスマートライフS
スマートライフL
オール電化住宅でなくても契約可夜トク8
夜トク12
中部電力オール電化住宅でなくても契約可スマートライフプラン
北陸電力オール電化住宅向けプランくつろぎナイト12(節電とくとくプラン)
オール電化住宅でなくても契約可節電とくとく電灯
関西電力オール電化住宅向けプランはぴeタイムR
オール電化住宅でなくても契約可時間帯別電灯
eスマート10
中国電力オール電化住宅向けプランぐっとずっと。プラン 電化Styleコース
オール電化住宅でなくても契約可ぐっとずっと。プラン ナイトホリデーコース
四国電力オール電化住宅でなくても契約可でんかeプラン
でんかeマンションプラン
九州電力オール電化住宅でなくても契約可電化でナイト・セレクト
沖縄電力オール電化住宅向けプランEeホームフラット
Eeホームホリデー
オール電化住宅でなくても契約可時間帯別電灯

時間帯によって電気代がおトクになる電気料金プランは、エコキュートなどの蓄熱式機器を利用しているオール電化住宅のみが契約できるプランとオール電化住宅でなくても契約できるプランの2つに大きく分けられます。

電力会社によってはどちらも提供している場合がありますが、基本的にはオール電化住宅のみが契約できるプランのほうがよりおトクな料金設定になっています。

また、東北電力の「よりそう+シーズン&タイム」「よりそう+サマーセーブ」のように、夏や冬の電力需要のピーク時を「ピーク時間」として単価の高い時間帯を設定し、ピーク時間の電気の使用量を減らすことにより電気代が節約できるピークシフト型のプランを用意しているところもあります。

新電力からも時間帯によって電気料金が変わるプランが選べる!

旧一般電気事業者だけでなく、電力自由化以降に登場した新電力からも時間帯によって電気料金が変わるプランが提供されています。ここでは、おトクになる時間帯ごとに電力会社と電気料金プランを紹介していきます。

電気料金が割安になるのはおもに3つの時間帯(日にち)

夜間の時間帯の電気代がおトクになる電気料金プラン

時間帯によって電気料金が変わるプランの中でもっとも選択肢が多いのが、夜間の電気代が割安になる電気料金プランです。
こんな家庭におすすめ!
  • オール電化の家庭
  • 単身世帯や共働きの2人世帯など、夜間の電気使用が多い家庭

昭和シェルの選べる電気「オール電化プラン」

昭和シェルの選べる電気が提供する「オール電化プラン」は、昼間と夜間など、料金区分が設定された電気料金プランです。プラン名に「オール電化」と入ってますが、オール電化住宅でない世帯でも契約可能です。

エルピオでんき「深夜おトクプラン」

23時~翌6時までの電気料金が割安に設定された電気料金プランで、オール電化住宅でない世帯でも契約可能です。エコキュートなどの夜間蓄熱式機器を利用しているオール電化の家庭はもちろん、単身世帯や共働き世帯などで、特に深夜の電気使用が多い家庭におすすめです。

シン・エナジー「生活フィットプラン」(オール電化住宅以外におすすめ)

シン・エナジー(旧:洸陽電機)の「生活フィットプラン」は、時間帯を「デイタイム(平日9時~18時)」「ホームタイム(デイタイムを除いた8時~22時)」「ナイトタイム(22時~翌8時)」の3つの料金区分がある電気料金プランです。

電気料金の割安な「ナイトタイム」が朝8時まで続くので、夜間の電気使用が多い家庭はもちろん、朝に家事を行う家庭も電気代を節約できるでしょう。新電力としてはまだまだ少ない沖縄電力エリアへの供給に対応している点も特徴のひとつとしてあげられます。

ただし、このプランはオール電化向けの電気料金プランではありません。オール電化のご家庭がこのプランに切り替えた場合、電気料金が高くなってしまう可能性があるため、注意が必要です。

たのしいでんき「ママトクコース/ミッドナイトママトクコース」(オール電化住宅以外におすすめ)

HTBエナジーのたのしいでんきでは、夜間の電気代がおトクになる電気料金プランとして、毎日19:00~20:59の電気代が無料になる「ママトクコース」と、22:00~23:59の電気代が無料になる「ミッドナイトママトクコース」を提供しています。

この時間帯に家事などを集中して行うことで、電気代を節約できるでしょう。ただし、電気代が無料になるのは、月間電気使用量の16.6%が上限です。無料時間帯にそれ以上使用した場合は、通常の電気料金がかかります。また、無料の時間帯がある代わりに基本料金が割高に設定されているので、申し込み前によく確認しておきましょう。

オール電化住宅の家庭は要注意!申込みができません!

たのしいでんきの「ママトクコース/ミッドナイトママトクコース」は、基本料金が高めに設定されているほか、特定の2時間以外は通常の料金設定が適用されるため、オール電化住宅にお住まいの方は申込みができない電気料金プランです。

オール電化住宅の家庭は、深夜帯の比較的長い時間が割安になる電気料金プランを選択したほうが効率的に電気代を節約できるでしょう。

休日の電気代がおトクになる電気料金プラン

夜間の電気代がおトクになる電気料金プランの中には、休日の電気料金も割安に設定されているものもあります。代表的なプランを紹介します。
こんな家庭におすすめ!
  • 平日よりも休日の在宅時間が長い家庭

スマ電「夜得ホームプラン」

スマ電の「夜得ホームプラン」は、平日の夜間(22時~翌8時)の時間帯と、土日祝日(終日)の電気料金が割安に設定されている電気料金プランです。休日は時間帯にかかわらず電気料金が割安になるので、休日は家でゆっくり過ごすことが多い家庭におすすめです。

オール電化住宅にお住まいの方は申し込むことができますが、現在の契約内容や電気の使用状況によっては今よりも安くならない場合があるので、注意が必要です。

イデックスでんき「夜トクプラン」

イデックスでんきの「夜トクプラン」は、夜間(22時~翌8時)の時間帯の電気料金が割安に設定されているほか、昼間の電気料金も土日祝日は平日に比べておトクに設定されているので、オール電化住宅にお住まいの方におすすめのプランです。

また、「夜トクプラン」は「夏冬(7月~9月、12月~2月)」と「春秋(3月~6月、10月~11月)」で電気料金の設定が異なり、「春秋」のシーズンはおトクに電気が使えるようになっています。

朝の時間帯の電気代がおトクになる電気料金プラン

選択肢は少ないですが、朝の時間帯の電気代がおトクになる電気料金プランも登場しています。
こんな家庭におすすめ!
  • 洗濯などで朝の時間帯に電気をよく使う家庭

たのしいでんき「朝ママトクコース」

たのしいでんきでは、朝の時間帯(6:00~7:59)の電気代が無料になる電気料金プラン「朝ママトクコース」を提供しています。朝の時間帯に家事などをよく行う家庭におすすめです。

ただし、電気代が無料になるのは、月間電気使用量の16.6%が上限です。無料時間帯にそれ以上使用した場合は、通常の電気料金がかかります。オール電化住宅にお住まいの方は申込みができません。

また、無料の時間帯がある代わりに基本料金が割高に設定されているので、申し込み前に確認しておきましょう。

時間帯によっておトクになる電気料金プランを選ぼう

時間帯によって電気代がおトクになる電気料金プランを紹介しました。

生活スタイルが多様化した今、さまざまなニーズに応えられるように各電力会社ではユニークな電気料金プランを打ち出しています。自分の家庭の電気の使い方にあわせてじょうずに電力会社・電気料金プランを選べば、電気代を大きく節約することができるでしょう。

電力会社や電気料金プランがたくさんあってよくわからない……という方は、エネチェンジで電力会社を比較・検討してみてくださいね。郵便番号と電気代などの簡単な情報を入力するだけで、最適な電力会社・電気料金プランが見つけられます。

まずはお住まいのエリアでどんな電力会社が選べるのか、診断してみてください!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。