エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧

時間帯によって電気料金が安くなるプランとは?おすすめ会社も紹介!

時間帯によって電気料金が安くなるプランとは?おすすめ会社も紹介!

電気料金プランの中には、時間帯によって電気料金が安くなるプランがあります。ライフスタイルによっては、電気代を節約できることもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

本記事では、時間帯によって電気料金が安くなるプランについて解説します。「電気料金が安くなる時間帯はいつ?」「本当に、夜の電気代が安くなるの?」といった疑問を解決できるので、ぜひ参考にしてください。

電力会社を変えると年間平均
32,588
節約できます!
電力会社を切り替えるだけで、電気代は安くできます。ぴったりの電力会社を今すぐ無料診断!
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。 (比較対象の電気料金プランについて)
郵便番号
-
世帯人数
お使いの新電力と比較する
エネチェンジ利用規約 」をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。

更新日
2024年2月29日

時間帯によって電気料金が安くなるプランとは

ここでは、時間帯によって電気料金が安くなるプランを選ぶ上で知っておきたいことを解説します。

時間帯によって電気料金が安くなるプランの特徴

一般的な電気料金プランは、電気の使用量に応じて、電気料金が変わる従量制のプランです。また、使用量が多くなると、電力量料金単価が高くなるプランが多く、使用する時間帯は単価に関係しません。

これとは異なるのが、時間帯によって電力量料金単価が変わるプラン。なかには時間帯だけでなく平日や休日、季節の区分を設けているプランもあります。一例として、東京電力エナジーパートナー(以下、東京電力EP)と中国電力が提供している電気料金プランを見てみましょう。

夜間の電気料金が安くなる【東京電力EP「夜トク8」】

東京電力EP「夜トク8」料金表
区分単位東京電力EP「夜トク8」東京電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金1kW1契約255円69銭
電力量料金7時〜23時1kWh42円60銭
23時〜翌7時31円64銭

東京電力EP「夜トク8」は、23時~翌7時の電力量料金がその他の時間帯と比べて割安に設定されています。

夜間・休日に電気料金が安くなる【中国電力「ぐっとずっと。プラン ナイトホリデーコース」】

中国電力「ぐっとずっと。プラン ナイトホリデーコース」料金表

区分単位中国電力「ぐっとずっと。プラン ナイトホリデーコース」料金(消費税率10%)
最低月額料金1契約1844円70銭
電力量料金デイタイム(夏季の平日9時~21時)
1kWh49円44銭
デイタイム(夏季以外の平日9時~21時)46円98銭
ナイトタイム(平日21時~翌9時)34円65銭
ホリデータイム(休日)34円65銭

「夏季」とは7月1日~9月30日の期間を指し、「その他季」とは4月1日~6月30日および10月1日~翌年3月31日の期間を指します。「休日」とは、土曜日・日曜日・祝日、1月2日〜1月4日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日を指します。

中国電力「ぐっとずっと。プラン ナイトホリデーコース」は、平日21時~翌9時および休日の電力量料金がその他の時間帯と比べて割安に設定されています。

時間帯によって電気料金が安くなるプランを選ぶ時の注意点

前述で紹介したプランのように、一部時間帯だけ安い分、ほかの時間帯は割高に設定しているものがほとんどです。そのため、生活スタイルにマッチしていないプランに切り替えてしまうと、逆に電気代が高くなってしまうこともあります。

時間帯によって電気料金が安くなるプランを検討する際は、「どの時間帯で電気を多く使っているか?」「在宅時間は、昼間と夜間どちらが長いか?」などのように、ご自身の電気の使い方を振り返ってみましょう。電力会社によっては、時間帯ごとに使用電力量を確認できる、契約者向けのマイページを提供しているので、あわせて参考にすると◎

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などを入力するだけで、ぴったりの電気料金プランが見つけられます。節約額もわかるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

電気料金が安くなる時間帯は何時?

では、実際に電気料金が安くなるのは何時頃なのでしょうか。

時間帯によって電気料金が安くなるプランは、夜間に安くなる料金プランと、昼間に安くなる料金プランに分かれます。電気料金が安くなる時間帯は、電力会社によって変わるので、検討する際は各電力会社のプランをチェックしておきましょう。

【旧一般電気事業者】時間帯によって電気料金が安くなるプラン

ここでは、旧一般電気事業者が提供する時間帯によって電気料金が安くなるプランを一覧にまとめました。一例として参考にしてください。

電力会社名電気料金プラン名電気料金が安くなる時間帯
東北電力よりそう+ナイト8
23時から翌7時
よりそう+ナイト1022時から翌8時
よりそう+ナイト1221時から翌9時
よりそう+ナイトS22時から翌8時
よりそう+ナイト&ホリデー平日22時から翌8時と休日
よりそう+サマーセーブ23時から翌7時
東京電力EP夜トク8
23時から翌7時
夜トク1221時から翌9時
中部電力ミライズスマートライフプラン21時から翌7時・22時から翌8時・23時から翌9時の3パターンから選ぶ
関西電力eスマート1022時から翌8時
中国電力ぐっとずっと。プラン ナイトホリデーコース平日21時から翌9時と休日
四国電力時間帯別eプラン23時から翌7時
九州電力おひさま昼トクプラン10時から16時
沖縄電力時間帯別電灯23時から翌7時

【新電力】時間帯によって電気料金が安くなるプラン

新電力にも、時間帯によって電気料金が安くなるプランを提供している会社がいくつもあります。下記で一覧にまとめたので、探す際の参考にしてください。

電力会社電気料金プラン
シン・エナジー株式会社(シン・エナジー)【昼】生活フィットプラン
【夜】生活フィットプラン
株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ(スマ電CO2ゼロ)時間帯別料金(CO2ゼロホームプラン+(プラス))
時間帯別料金(CO2ゼロショッププラン+(プラス))
株式会社新出光(イデックスでんき)ミッドナイトプラン
ECOミッドナイトプラン
サーラeエナジー株式会社(サーラの電気)時間帯別プランA
時間帯別プランB
鈴与商事株式会社(鈴与のでんき)鈴与でナイト
丸紅新電力株式会社(丸紅新電力)ナイトおトクプラン
株式会社ユビニティー(親指でんき)日曜から夜更かしプラン
ゲームプラン

「鈴与のでんき」「丸紅新電力」「親指でんき」は、2024年3月現在、新規申し込み受付を停止しています。

時間帯によって電気料金が安くなるプランは、電力会社やプランによって電気料金が安くなる時間帯や料金設定が異なります。検討する際は、しっかりと比較しましょう。電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」なら、簡単にプランの比較検討ができるので、ぜひお試しください。

時間帯によって電気料金が安くなるプランが向いている人

時間帯によって電気料金が安くなるプランは、ライフスタイルによっては、逆に電気代が高くなってしまうこともあります。では、どのような人が時間帯によって電気料金が安くなるプランに向いているのでしょう。

本章では、「昼」「夜」それぞれで向いている方を解説します。

夜間に電気料金が安くなるプランが向いている人

夜間に電気料金が安くなるプランは、下記に挙げたライフスタイルの人が向いているといえます。

  • 昼間、仕事などで家にいない人
  • タイマーなどを使って、洗濯や食器洗いなどの家事を夜にまとめてできる人
  • 夜間に電気をたくさん使う人

ただし、平日の昼間は家にいなくても、休日の昼間は家にいて電気をたくさん使う人の場合、電気代が高くなってしまうケースもあります。事前にしっかりシミュレーションしておきましょう。

昼間に電気料金が安くなるプランが向いている人

昼間に電気料金が安くなるプランは、下記に挙げたライフスタイルの人が向いているといえます。

  • 昼間に家にいる人や、昼間に家にいる家族が多い人
  • 家事を昼間に行う人
  • 在宅ワークでのエアコン・PC使用などで、昼間に電気を使う量が多い人

ただし、照明など夜間に使用量が多くなる家電もあるため、昼間に家にいるからといって電気の使用量が昼間だけ多いとは限りません。本当に昼間に電気料金が安くなるプランがお得なのか、しっかりとシミュレーションをしておきましょう。

オール電化向け住宅にお住まいの方は専用プランをチェック!

夜間の使用電力量が多いオール電化住宅には、専用のプランがあります。オール電化向けプランも電力量料金が夜間や昼間などで区分されています。各電力会社が提供するオール電化向けプランは、料金設定や特典などが異なるので、しっかり比較することが大切ですよ。

時間帯によって電気料金が安くなるプランがあるおすすめの会社

ここでは、時間帯によって電気料金が安くなるプランを提供する新電力のおすすめ会社を紹介します。

シン・エナジー

シン・エナジーは、再生可能エネルギー発電事業や、エネルギーマネジメントシステムの開発などに携わる企業、シン・エナジー株式会社が販売する新電力です。

シン・エナジーが提供している時間帯で料金が変動するプランは、「【昼】生活フィットプラン」「【夜】生活フィットプラン」。電気料金の支払い200円(再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額を除く)につき、JALマイルが1マイル貯まるのもメリットです。

【昼】生活フィットプラン

区分単位シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」東京電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約565円20銭
40A753円60銭
50A942円00銭
60A1130円40銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh20円05銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)32円65銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)22円98銭

上記は東京電力エリアの料金です。エリアによって電気料金が異なるので注意してください。
「【昼】生活フィットプラン」は、1日を3つの時間帯に分け、それぞれ異なる単価設定になっていて、平日9時から18時の時間帯の電力量料金が割安に設定されています。

家事を昼間に行う人、昼間に家で過ごす家族が多い人におすすめです。

【夜】生活フィットプラン

区分単位シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」東京電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約565円20銭
40A753円60銭
50A942円00銭
60A1130円40銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh26円25銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)32円65銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)18円88銭

上記は東京電力エリアの料金です。エリアによって電気料金が異なるので注意してください。
「【夜】生活フィットプラン」も、1日を3つの時間帯に分け、それぞれ異なる単価設定になっています。22時から翌8時の時間帯の電力量料金が割安に設定されているのが「【夜】生活フィット」プランです。

共働きなどで平日の日中不在がちの人、夜間や休日に電気をたくさん使う人におすすめのプランでしょう。

スマ電CO2ゼロ

スマ電CO2ゼロは、エネルギーマネジメント事業や電力供給事業を手掛ける企業、株式会社アイ・グリッド・ソリューションズが販売する新電力です。

スマ電CO2ゼロが提供している時間帯で料金が変動するプランには、「時間帯別料金(CO2ゼロホームプラン+(プラス))」などがあります。基本料金0円で、昼間の電力量料金が割安に設定されているのが特徴です。また、再生可能エネルギー指定の非化石証書の活用により、実質的に再生可能エネルギー100%かつ、CO2排出量ゼロの電気が利用できるのもメリット。

時間帯別料金(CO2ゼロホームプラン+(プラス))

区分単位スマ電CO2ゼロ「時間帯別料金(CO2ゼロホームプラン+(プラス))」東京電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金1契約0円00銭
電力量料金昼間時間
(9時~15時)
1kWh26円90銭
その他時間
(15時~翌9時)
29円90銭

上記は東京電力エリアの料金です。エリアによって電気料金が異なるので注意してください。
「時間帯別料金(CO2ゼロホームプラン+(プラス))」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金0円で、9時~15時の電気料金が安く設定されています。昼間に家事を行う人や在宅ワークで昼間に電気をたくさん使う人などにおすすめです。

イデックスでんき

イデックスでんきは、サービスステーションでおなじみ、ガソリンをはじめとする石油販売などを行っている株式会社新出光の新電力です。行政や大企業への供給実績も多数あります。

供給エリアは九州電力エリアのみ。イデックスでんきが提供している時間帯で料金が変動するプランは、「ミッドナイトプラン」「ECOミッドナイトプラン」があります。

ミッドナイトプラン

区分単位イデックスでんき「ミッドナイトプラン」九州電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10kW以下の場合1契約1,869円91銭
11〜15kW以下の場合1契約4,710円62銭
上記をこえる分1kWごと568円14銭
電力量料金平日昼間
(8時〜22時)
夏冬1kWh27円57銭
春秋24円68銭
休日昼間
(8時〜22時)
夏冬21円95銭
春秋18円55銭
夜間
(22時〜翌8時)
春夏秋冬14円48銭

供給エリアは九州電力エリアのみです。「夏冬」とは毎年7月1日~9月30日、12月1日〜2月末日までの期間を指し、「春秋」とは毎年3月1日~6月30日、10月1日〜11月30日までの期間をいいます。本プランの休日とは、土曜日、日曜日、祝日及び1/2〜3、4/30〜5/2、12/30〜31を指します。

「ミッドナイトプラン」は夜22時から翌朝8時までの電力量料金の単価が安いプランです。朝8時から夜22時までの電力量料金の単価は平日・休日、夏冬・春秋で異なるという特徴を持っています。夜にまとめて家事を行う人におすすめのプランです。

ECOミッドナイトプラン

区分単位イデックスでんき「ECOミッドナイトプラン」九州電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10kW以下の場合1契約2,369円91銭
11〜15kW以下の場合1契約5,210円62銭
上記をこえる分1kWごと568円14銭
電力量料金平日昼間
(8時〜22時)
夏冬1kWh27円57銭
春秋24円68銭
休日昼間
(8時〜22時)
夏冬21円95銭
春秋18円55銭
夜間
(22時〜翌8時)
春夏秋冬14円48銭

供給エリアは九州電力エリアのみです。基本料金には、ECO料金(500円)が含まれます。「夏冬」とは毎年7月1日~9月30日、12月1日〜2月末日までの期間を指し、「春秋」とは毎年3月1日~6月30日、10月1日〜11月30日までの期間をいいます。本プランの休日とは、土曜日、日曜日、祝日及び1/2〜3、4/30〜5/2、12/30〜31を指します。

「ECOミッドナイトプラン」は、夜間に電気を使うことが多い人向けのプランです。夜22時から翌朝8時までの電力量料金の単価が安く設定されています。再生可能エネルギー指定の非化石証書を活用し、実質的にCO2排出量0の電気を使えるので、環境に配慮しながら電気を使えます。

時間帯によって電気料金が安くなるプランで賢く節約!

「昼」や「夜」など時間帯によって電気料金が安くなるプランは、電力会社やプランによって電気料金が安くなる時間帯が異なります。ご家庭のライフスタイルに合わせたプランを選ぶことで、電気代の節約に繋がるでしょう。

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などの情報を入力するだけであなたにぴったりの電力会社・電気料金プランを見つけられます。ぜひ一度試してみてくださいね。

この記事を書いた人

エネチェンジ編集部

エネチェンジ編集部

エネチェンジ内のメディア「でんきと暮らしの知恵袋」の記事を執筆しています。電気・ガスに関する記事のほか、節約術など生活に役立つ情報も配信しています。

twitter Facebook
  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる?
電気料金を 比較・節約!
引越しでの比較はこちら お使いの新電力と比較する
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。 (比較対象の電気料金プランについて)
郵便番号
-
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。