ENEOSでんきと東京ガスの電気料金を徹底比較!お得なのはどちら?

ENEOSでんきと東京ガスの電気料金を徹底比較!お得なのはどちら?
電力会社・電気料金プランの選び方

ENEOSでんきと東京ガスを比べて、どちらのほうが電気代が安いのでしょうか。2つの電力会社の電気料金プランを徹底比較します。それぞれの電力会社のプランの特徴や、乗り換えた際のメリット、お得になる場合の条件などをご紹介。

ENEOSでんきと東京ガス、切り替えるならどちらのほうが電気代が安くなるのでしょうか?本記事では2つの電力会社のプランを徹底比較し、料金設定や特徴など、プランの違いについてご紹介します。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均26,953円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2022年7月1日〜2022年9月25日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。
更新日
2022年9月6日

ENEOSでんきと東京ガス、どちらのほうがお得?

ここでは、ENEOSでんきと東京ガスの電気料金プランを比較します。

ENEOSでんきと東京ガスの料金比較

区分単位ENEOSでんき「東京Vプラン」料金(消費税率10%)東京ガス「基本プラン」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約286円00銭286円00銭
15A429円00銭429円00銭
20A572円00銭572円00銭
30A858円00銭858円00銭
40A1144円00銭1144円00銭
50A1430円00銭1430円00銭
60A1716円00銭1716円00銭
電力量料金〜120kWh1kWh19円88銭19円78銭
121kWh〜300kWh24円54銭25円29銭
301kWh〜26円22銭27円36銭

ENEOSでんき「東京Vプラン」と東京ガス「基本プラン」を比較すると、基本料金は同額に設定されています。電力量料金は120kWhまでの区分は東京ガス「基本プラン」のほうが割安ですが、121kWh以上の区分ではENEOSでんき「東京Vプラン」のほうが割安に設定されています。

電気・ガスセットを利用したときの料金比較

東京ガスには、電気とガスのセット割引があります。東京ガスのガスとのセット割引を適用した場合の料金も、ENEOSでんきと比較してみましょう。

契約アンペア数は40A、1カ月の電気使用量を300kWhと仮定すると、ENEOSでんき「東京Vプラン」の電気料金は7,946円80銭。東京ガス「基本プラン」でセット割引を適用した電気料金は8,029円45銭となり、ENEOSでんき「東京Vプラン」のほうが82円65銭お得になります。

ENEOS都市ガスと東京ガスのガス料金プラン比較
区分1カ月のガスご使用量ENEOS都市ガス「標準プラン(TK)」基本料金(消費税率10%)東京ガス「一般料金 」基本料金(消費税率10%)ENEOS都市ガス「標準プラン(TK)」従量料金(消費税率10%)東京ガス「一般料金 」基準単位料金(消費税率10%)
1件につき1件につき1㎥につき1㎥につき
A表0㎥から20㎥まで728円64銭759円00銭139円49銭145円31銭
B表21㎥をこえ80㎥まで1013円76銭1056円00銭125円23銭130円46銭
C表81㎥をこえ200㎥まで1182円72銭1232円00銭123円12銭128円26銭
D表201㎥をこえ500㎥まで1816円32銭1892円00銭119円95銭124円96銭
E表501㎥をこえ800㎥まで6040円32銭6292円00銭111円50銭116円16銭
F表801㎥をこえる場合11953円92銭12452円00銭104円11銭108円46銭

一方、ガスの使用量を30㎥と仮定すると、ENEOS都市ガス「標準プラン(TK)」のガス料金は4,770円66銭。東京ガス「一般契約料金」のガス料金は4,969円80銭となり、ENEOS都市ガス「標準プラン(TK)」のほうが199円14銭お得になります。

電気とガスをセットにするとENEOSは12,717円46銭、東京ガスは12,999円25銭となり、電気・ガスセットを利用した際もENEOSでんきのほうがお得になります

ENEOSでんきがおすすめな理由

ここでは、東京ガスよりもENEOSでんきをおすすめする理由として、ENEOSでんきのメリットやプランの特徴をご紹介します。

ENEOSでんきのメリット

ENEOSでんきには、次のような特徴やメリットがあります。

ENEOSカードの支払いでガソリン代が割引される
ENEOSでんきの電気料金をENEOSカード(C・P・S・NICOS)で支払うと、ガソリン・軽油・灯油代が割引されます。また、ENEOSカード(CB)で支払った場合、毎月の電気料金から100円(税込)が割引されます。
Tポイントが貯まる
ENEOSでんきの電気料金200円(税抜)につき、Tポイントが1ポイント貯まります。ENEOSでんき お客さまページより、「Tポイントご利用お手続き」をしてください。なお、続きにはYahoo! JAPAN IDが必要です。ENEOSカード・特別提携カードで支払う場合、または法人利用や一部特定の代理店を経由した契約の場合は、Tポイントは貯まりません。
電気料金が割引されるオプションがある
ENEOSでんきの電気料金プランを2年契約すると「にねんとく2割」が適用され、割引の適用開始日から最大24カ月間適用されます。割引額は1~2年目が1kWhにつき0円20銭(税込)割引、3年目以降が1kWhにつき0円30銭(税込)割引となります。にねんとく2割の更新月(適用開始から23カ月目および24カ月目)を除いた適用期間中に解約すると、解約手数料1,100円(税込)がかかります(引越しによる解約時も同様)。

東京ガスからENEOSでんきへ乗り換えるほうがお得になる

ENEOSでんきは、120kWhまでの電力量料金こそ東京ガスと比較して割高に設定されていますが、120kWh以上では割安になります。ENEOSでんきとENEOS都市ガスは、セットで契約しても割引などはありません。しかし、東京ガスのセット割引適用後の料金よりも割安な設定なので、東京ガスからENEOSでんきに切り替えたほうが、光熱費の節約に繋がります。

加えて、ENEOSでんきではガソリン代の割引など、車関係の特典が充実しています。普段から車を使い、ENEOSのサービスステーションをよく利用している方は、ENEOSでんきに切り替えるほうがメリットが大きくなります。

東京ガスのほうがお得になる場合はある?

東京ガス「基本プラン」は、120kWhまでの電力量料金がENEOSでんき「東京Vプラン」よりも割安に設定されています。ガスセット割引の適用で、更に電気料金を抑えることができ、1カ月の電気使用量が167kWhまでのご家庭であれば、東京ガスのほうが電気料金は割安になります。

東京ガスでは、dポイントやPontaポイント、楽天ポイントなどの提携ポイントと交換が可能なパッチョポイントが貯まったり、レシピ動画サービス「クラシル」の有料機能が利用できるといったメリットもあります。

ENEOSでんきと東京ガス、どちらを選ぶべき?

ENEOSでんきと東京ガスの電気料金プランを比較すると、東京ガスのガスセット割引を利用した場合でも、電気を多く使う家庭ではENEOSでんきのほうが安くなります

ENEOSでんきにはガソリン代割引など車に関連する特典があり、東京ガスでは電気使用量の少ない家庭の場合に電気代を節約できます。2つの電力会社の特色を比べてみて、自身のライフスタイルにぴったりの電力会社を選んでくださいね。

「ENEOSでんき」のプラン情報はコチラ
「東京ガス」のプラン情報はコチラ
  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。