1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. Looop社が電気の新メニュー発表、「Looopでんき+(プラス)」の第一弾は太陽光発電と組み合わせておトク!
 

Looop社が電気の新メニュー発表、「Looopでんき+(プラス)」の第一弾は太陽光発電と組み合わせておトク!

電力自由化ニュース

2017年2月27日、基本料金ゼロ円、FIT電気など自然エネルギーの普及を掲げるLooopが新メニューの発表会を実施しました。太陽光の売電と組み合わせた新しい電気料金メニュー「Looopでんき+(プラス)」、既存メニューの販売エリア拡大など、情報盛りだくさんの発表会でした。ぎゅっとまとめて、ご紹介します。

2017年2月27日、基本料金ゼロ円、FIT電気など自然エネルギーの普及を掲げるLooop社が新メニューの発表会を実施しました。エネチェンジ編集部も出席してきましたよ。太陽光の売電と組み合わせた新しい電気料金メニュー「Looopでんき+(プラス)」、既存メニューの販売エリア拡大など、盛りだくさんです。

読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18,000円安くなる!
すでに全国100万世帯以上が電力会社を切り替えています。電気代の節約は、アナタの生活スタイルにあった電気料金プランを選ぶのが一番の近道。アナタに最適な電力会社・プランを探してください。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

Looopでんきの申し込みは4万件超え

looop02
株式会社Looop 代表取締役社長 CEO 中村創一郎氏
発表会の冒頭、中村社長からLooopでんき申し込み数が4万件を超えたというお言葉がありました。参入当初の目標は1年で3万件だったので、かなり順調に顧客を獲得できたんですね。

料金が安いだけでなく、FIT電気などの自然エネルギーを使っていることも、Looopでんきが選ばれている理由のひとつだと語ります。「再生可能エネルギーについって何ができるか?」を真剣に考えた結果が、今回の新メニューや商品発表につながっているのだとか。

新メニュー「Looopでんき+(プラス)」第一弾、太陽光発電をしている人は要チェック

今回の発表会の目玉である新メニュー「Looopでんき+(プラス)」についてご紹介します。

「Looopでんき+(プラス)」とは?

looop03
記者発表資料より
「Looopでんき+」はひとつのメニュー名ではなく、「Looopでんきと様々なサービスを組み合わせた電気料金メニュー」の総称なのだそうです。だから、今回発表された太陽光の売電との組み合わせは、あくまで第一弾。今後も、どんどん「Looopでんき+」のメニューを作っていきたいと語っていました。

Looopでんき+の余剰売電割

今回発表された「Looopでんき+」は、ご自宅に太陽光発電システム(FIT電源)をお持ちのご家庭向けです。余剰電力の卸供給先をLooopに指定することで、「Looopでんき」の電気料金単価を1kWhあたり1円割引してもらえます。

looop04
記者発表資料より

要件を整理してみましょう。

  • 自宅の屋根に太陽光発電システム(FIT電源)を持っている
  • 余剰電力の売電の卸供給先をLooop社に指定
  • 家庭の電気料金プランを「Looopでんき」と契約

上記の条件を満たすと、余剰電力はFIT価格と同額でLooop社が買取をしてくれて、夜間など電気の供給が必要な時間帯は、Looopでんきを供給してもらえるようになります。
例えば東京電力管内の「Looopでんき おうちプラン」は電気料金単価が26円/1kWhなので、「Looopでんき+」が適用されると25円/1kWhまで値下げされるんですね。電気料金単価は○銭の単位で価格競争をしているので、1円割引というのは電気代への影響も大。Looop社によると、どのエリアでも最安水準になるとのこと。

太陽光を新しくつけたいと思っているなら、Looop Homeと組み合わせることでもっとおトク

Looop社は太陽光パネルの製造から運営・保守までを基盤事業としているので、もちろん太陽光発電システムももっているわけです。太陽光パネルを新しくつけたいという場合は、パネルをLooop Homeにするとさらに電気料金が1円/kWh安くなります。

  • 自宅の屋根に太陽光発電システムがLooop Home
  • 余剰電力の売電の卸供給先をLooop社に指定
  • 家庭の電気料金プランは「Looopでんき」と契約

そうすることで、東京電力管内であれば1kWhあたり24円に。2円の割引はかなり大きいです。

looop05
記者発表資料より

FIT期間終了後も、Looop社が余剰電力を買取

FIT電気は買取期間がもともと決まっているいますが、LooopFIT(余剰)に申し込むとFIT期間終了後も余剰電力を買い取ってもらえます。買取単価は見直されるそうで、FIT電気の買取単価よりも下がるだろうとのことですが、余らせておくよりは買取ってもらって、有効活用してもらった方がよさそうです。

Looopでんき+の今後のスケジュール
2017年3月11日
WEB上で告知開始、料金シミュレーションもできるように
2017年4月11日
申し込み受付開始
Looopでんき+販売エリア
東京電力管内、関西電力管内、中部電力管内今後もエリア拡大の可能性あり

Looopでんき販売エリア拡大、4月11日から四国と北陸も

発表会では一言触れた程度でしたが、「Looopでんき」の販売エリアが4月から拡大されます。四国電力管内と北陸電力管内でも買えるように。これによっては、「Looopでんき」は沖縄を除く全国で選べるようになります。

家庭用蓄電池「Looopでんち」発売

再生可能エネルギーの有効活用ということで、Looop社から蓄電池が発売されます。他社の蓄電池が150万円〜250万円なのに対して、「Looopでんち」は89万8000円。なんと人工知能を搭載しており、各家庭に最適化された充放電ができるという特徴があります。パワコン、蓄電池、サーバーのすべでが日本製というのも、購入を検討している人からみたらポイントのひとつですね。
「Looopでんき+」と「Looopでんち」を組み合わせた電気料金プランも検討中だそうですよ!

発売開始
2017年4月11日

太陽光の売電をしているなら「Looopでんき+」で電気代もおトクに

実際にLooop社の発表会に出席していたのですが、「電気代の構造を理解して、そこから電気代を最安値にしていくサービスを作る」と語っていた部分が非常に印象的でした。自然エネルギーの普及をうたうLooop社なので、今後も他社とは少し違った視点のメニューが登場しそうです。楽しみですね。
Looopの新しい電気料金メニュー「Looopでんき+」は、太陽光の余剰電力売電と組み合わせることにおトクになります。すでにおうちの屋根に太陽光発電システムがついている、もしくは新しく太陽光発電システムをつけようと思っている人は、ぜひチェックしてみましょう。

電力自由化もガス自由化もエネチェンジをご活用ください!

エネチェンジではガス料金比較のほか、電気料金比較も行えます。最適なガス会社、電力会社選びはエネチェンジをご利用くださいね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数