1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 都市ガス大手に大手電力が挑む、地域別にみるガス自由化対決の構図【ガス自由化コラム】
 

都市ガス大手に大手電力が挑む、地域別にみるガス自由化対決の構図【ガス自由化コラム】

ガス自由化

2017年4月のガス自由化で、電気と同じように、都市ガスも購入先を自由に選べるようになります。都市部では大手電力がガス自由化に参入、お得なセットプランなどを打ち出してきました。都市ガスに大手電力はどう挑むのか?地域別に見ていきます。

都市ガス小売りが4月1日から全面自由化されます。大手電力やLP(液化石油)ガス業者の参入で各家庭は購入先を自由に選べるようになるわけですが、一般家庭向けの新規参入があるのは一部の大都市だけ。400社近くが参入した電力自由化に比べ、今ひとつ盛り上がりを欠いています。ただ、競争に入る大都市では、都市ガス大手と新規参入業者がガスと電気をセットにした格安プランや新サービスを次々に打ち出しました。地域別に対決の構図を見ていきましょう。

【関東】東京電力EPは7月参入、代わってニチガスが東京ガスに挑戦

pixta_16207858_M
東京電力グループの東京電力エナジーパートナー(EP)は、運用システムの整備が間に合わないとして7月から新規参入の予定です。このため、参入後の料金プランや新サービスを発表していません。東京電力EPは「なるべく早い時期にプランを示したいが、時期は未定」としています。

東京電力EPに代わって自由化スタートと同時に東京ガスに挑むのが、LPガス大手のニチガスです。ニチガスはもともと東京ガスから都市ガスの卸供給を受けていましたが、東京電力グループと提携し、4月から卸供給元を全面的に東京電力EPに切り替えます。

2月に発表した新プランは、東京ガスの従量料金より5%安くし、ガス器具の購入費に割引特典を設けました。ニチガスは「1年間で11万件の新規顧客獲得を目指している」と力を込めています。ニチガスグループの東彩ガス、東日本ガス、新日本瓦斯、北日本ガスもニチガスと歩調を合わせ、東京ガスに挑む方針です。

東京ガスは7月にらみ、様子見の姿勢

これに対し、東京ガスは埼玉県のLPガス販売大手サイサンとの提携に踏み切りました。関東にはたくさんの中小ガス事業者がひしめいており、東京電力、ニチガス連合に対抗し、合従連衡に動きだしたとみられています。

ガス料金1,000円につき、5ポイントを還元する新メニューを発表しましたが、料金引き下げを見送っています。東京ガスは「ニチガスの価格は意識するが、今のところ価格競争に踏み切る考えはない」と様子見の構えを崩していません。

しかし、東京電力EPの小早川智明社長は2016年末の記者会見で「できるだけ安い料金を目指したい」と強調しました。東京電力EPが格安料金で参入すれば、東ガスも対抗せざるを得ないとの見方もあり、東京電力、ニチガス連合と東京ガスの対決は7月以降が本番になりそうです。

【関西】初年度目標20万件を掲げ、関西電力は価格で攻勢

約3万5,000件の先行申し込みを確保し、価格で攻勢を強める関西電力の本店(筆者撮影)
関西は関西電力大阪ガスの牙城に挑みます。関西電力は電力自由化から10カ月で約57万件の顧客を新電力に奪われました。このうち、ざっと25万件以上が大阪ガスです。このため、初年度目標20万件を掲げ、巻き返しを図っています。

2016年末にガスと電気のセットなら標準家庭で年最大8%ガス料金が安くなるプランを発表しました。大阪ガスがこれに対抗して最大7.5%のセット料金引き下げを打ち出すと、今度は下げ幅を最大13%に拡大しています。

保安面はLPガス大手の岩谷産業と提携し、万全の態勢でガス市場に殴る込みをかけようとしています。既に約3万5,000件の契約を2月26日現在で獲得しました。

関西電力は原発依存度が高く、再稼働の遅れが収益に響いています。料金見直しについて「顧客のニーズを考えた結果」と説明していますが、一刻も早く電力自由化で取られた分を取り返そうとする覚悟がうかがえます。

受けて立つ大阪ガスはきめ細かなサービスを前面に

駆けつけサービスを前面に掲げて対抗する大阪ガスの本社(筆者撮影)
これに対し、受けて立つ大阪ガスはきめ細やかなサービスを前面に掲げて対抗しています。給湯器の故障などさまざまなトラブルに無料で駆けつけ、解決するサービスを打ち出したのです。ガスだけでなく、住まいのトラブルにも対応する方針で、都市ガス会社ならではの安心感で勝負しようとしているように見えます。

さらに、傘下のサービスショップの担当者が地域をくまなく回り、フェイストゥーフェイスで売り込んでいます。大阪ガスは「価格も重要だが、安心と信頼を得るためにサービス面を忘れてはいけない」と負けん気を見せています。

ガスの顧客数は関東に次ぐ大市場の関西。関東が様子見の雰囲気が強いだけに、最も注目を集める激戦区といえそうです。

【中部】中部地方は愛知など3県で中部電力と東邦ガスが激突

Joining Forces Business Concept
愛知、三重、岐阜の中部3県では、朝日ガスエナジーが三重県の一部で参入しますが、事実上中部電力と東邦ガスの一騎打ちの様相です。
東邦ガスが標準世帯でこれまでより平均1.5%安い新料金を打ち出したのに対し、中部電力は東邦ガスより5%低く料金設定しました。年間だと中部電力が3,000円以上安くなる計算で、価格勝負を挑んだわけです。中部電力は「新規参入なので、価格に配慮した。おかげで2月27日現在、約7,000件の先行申し込みがあった」と胸を張ります。

これに対し、東邦ガスは「価格だけでなく、総合力で勝負する」と強調しています。ポイントをガス料金に充当できるサービスや保安業務の充実などを訴え、一歩も引かない構えです。

【九州】北九州は九州電力と西部ガスの一騎打ちの様相

The two men wearing fencing suit practicing with sword against gray
九州の福岡市や北九州市では、九州電力が4月から電気とのセット販売でガス小売りに参入し、西部ガスと激突します。九州電力は初年度で4万件の顧客獲得目標を掲げ、電力自由化で失った顧客を取り返そうと意気込んでいます。

西部ガスがこれまでより1.5%安い新プランを登場させたのに対し、九州電力は西部ガスより4.7%安いセット料金で勝負に出ました。九州電力は「価格差3%以上になると、顧客が他社へ動くといわれており、それを超すようにした」と打ち明けました。

一方、西部ガスはガス機器の故障などの際、担当者が駆けつける新サービスをセールスポイントにしています。「お客様のメリットは価格だけでない。厚いサービスで信頼を勝ち取りたい」と意気込んでいます。

大手電力は価格勝負に、都市ガス大手はサービスで対抗

ガス自由化で激突する主な新規参入業者と都市ガス大手

エリア新規参入都市ガス大手
関東【東京電力EP】
7月に参入予定。料金は未定。ニチガスとガス卸供給などで提携。
【東京ガス】
電気とセットでポイント1.5%還元。料金引き下げは見送り。
【ニチガス】
東京ガスの従量料金より5%安い。ガス器具購入費に割引。
中部【中部電力】
東邦ガスより約5%安い。
【東邦ガス】
これまでより平均1.5%安い新プラン。
関西【関西電力】
大阪ガスより8%安い。電気とのセットや早期契約で最大13%引き。岩谷産業と保安、販売の合弁会社を設立。
【大阪ガス】
これまでより4.5%値引き。電気とセットで最大7.5%引き下げ。住まいのトラブル駆けつけサービスを実施。
九州【九州電力】
電気とセットのみの販売。西部ガスのセットより5%安い。
【西部ガス】
これまでより1.5%安い新プラン。

出典:各社ニュースリリースから筆者作成

都市ガス小売りの自由化は1995年から段階的に進んできました。工場や商業施設など販売先全体の約3分の2は既に自由化済み。4月の一般家庭や商店に対する都市ガス大手の地域独占や料金規制の撤廃で2兆4,000億円規模の市場が自由競争下に置かれます。

LNG(液化天然ガス)の調達量では、火力発電用に輸入している大手電力会社が都市ガス大手を上回っています。これを生かして価格勝負に出るのが、大手電力会社の戦略と見えます。

反対に都市ガス大手は高い保安技術による安心感や細かなサービスで対抗しようとしています。ガス自由化で本格的なエネルギー競争時代を迎える中、消費者はどのような判断をするのでしょうか。

高田泰(政治ジャーナリスト)

高田泰(政治ジャーナリスト)

関西学院大卒。地方新聞社で文化部、社会部、政経部記者を歴任したあと、編集委員として年間企画記事、子供新聞などを担当。2015年に独立し、フリージャーナリストとしてウェブニュースサイトなどで執筆している。
高田泰(政治ジャーナリスト)
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数