エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 関西電力のオール電化向けプラン「はぴeプラン」が3月で新規加入停止!
 

関西電力のオール電化向けプラン「はぴeプラン」が3月で新規加入停止!

電気代の節約、節電テクニック

関西電力のオール電化向け電気料金プラン「はぴeプラン」の新規加入が2015年3月31日で停止されます。4月以降、関西のオール電化のご家庭はどの料金プランがお得になるのでしょうか?オール電化が選べるプランの種類を比較し、最適な電気料金プランの選び方をご紹介します。

関西電力のオール電化向け電気料金プラン「はぴeプラン」の新規加入が2015年3月31日で停止されます。
4月以降、関西のオール電化のご家庭はどの料金プランがお得になるのでしょうか?<オール電化が選べるプランの種類を比較し、最適な電気料金プランの選び方をご紹介します。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

はぴeプランとは

はぴeプランとは、オール電化のご家庭が利用できる割引が適用される関西電力の電気料金プランです。はぴeプランの内容は、はぴeタイムプランにオール電化割引が適用されたものとなります。

はぴeタイムとはぴeプランの違い

まずは、はぴeタイムとはぴeプランの違いを詳しくご説明します。
はぴeタイムとはぴeプランの違いは、オール電化割引がつくかつかないか、と言う部分です。電気代は以下のように計算されますが、

はぴeタイムとはぴeプランでは上記計算内の割引内容が異なります。

はぴeタイムで適用される割引
  • 通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額・5時間通電機器割引額
  • 口座振替割引
はぴeプランで適用される割引
  • 通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引・5時間通電機器割引
  • 口座振替割引
  • オール電化割引(はぴeプラン割引)

はぴeプランにはオール電化割引(はぴeプラン割引)が適用され、その割引額は以下のようになります。

はぴeプランのオール電化割引額計算方法
(基本料金+電力量料金-マイコン割引額・5時間通電機器割引額)×10%=割引額

上限額は3,240円

現在、オール電化住宅の場合に適用される割引ははぴeプランのオール電化割引だけなので、はぴeプランが加入停止されてしまった場合、最大3,240円の割引が受けられなくなってしまいます。3月31日までにはぴeプランに加入している場合はその後も引き続き割引が受けられます。

はぴeプラン新規加入停止後、関西のオール電化の家庭は今後どのプランがお得になるのか

関西電力は「はぴeプラン」の新規加入を3月いっぱいで停止するとともに、2015年4月から電気料金の再値上げを申請中です。電力会社が電気料金の値上げをする際、電気料金プランの内容を変更したり、新メニューが登場する場合がありますが、現時点では4月以降のプランの変更などの情報はまだありません。

2015年3月31日にはぴeプランの新規加入が停止された後、関西電力のオール電化はどのプランを使っていけば良いのでしょうか?

4月以降オール電化が選べるプランとその特徴

関西電力のオール電化に向いている選べる電気料金プランは以下の3プランです。

はぴeタイム
  • 平日10時~17時 夏季36円86銭/他季節33円51銭
  • 土日7時~23時と平日7時~10時/17時~23時 25円29銭
  • 23時~翌7時 11円07銭
通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引・5時間通電機器割引がある
時間帯別電灯
  • 7時~23時 22円72銭~33円91銭段階制料金
  • 23時~翌7時 11円07銭
ピークシフトプラン
  • 夏季13時~16時(ピーク時間) 58円67銭
  • 7時~23時(ピーク時間以外)21円92銭~32円77銭段階制料金
  • 23時~翌7時 11円07銭

上記は2015年2月時点での単価です。

上記の3プランはどれも、夜間23時~翌7時の間安い単価が適用される、ということは同じです。それぞれ違う点は、日中の電気料金単価と、マイコン機器・通電機器割引があるかどうかと言う点です。

オール電化の電気代を節約していくためには、日中使う分の電気代をどれだけ節約していけるか、ということも重要となってきます。そのためには、ご家庭の日中の電気の使用量や使用時間に合わせて一番電気代をお得にできるプランを選んでいく必要があります。

関西のオール電化がプラン選びをする際の大切なポイント

関西のオール電化が選べるプランを比較する上で重要なポイントをご紹介します。

まず、エコキュートや蓄熱暖房機を使っているご家庭は、機器の割引があるはぴeプランがお得なように感じてしまいますが、通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額は1kVAあたり129.60円、5時間通電機器割引額は1kVAあたり140.40円(2015年2月時点)です。例えば2kVAの蓄熱式機器を使用している場合は、割引額はひと月あたり259円20銭となります。

ここで大切なのは、割引だけでお得と判断してしまわずに、他のプランの単価を考慮した上でその割引額はお得かどうか、を考えていくことです。
例えば、2kVAの蓄熱式機器を使っていてはぴeタイムを使うとひと月259円20銭の割引が適用されますが、日中は不在がちでほとんど電気を使わない場合などは、日中の最低単価がはぴeタイムより安い時間帯別電灯やピークシフトプランを選んだほうがひと月あたりの電気代を安く抑えることができる場合があります。

ご家庭に最適な電気料金プランは、エネチェンジプラン診断で診断をすることができます。プラン診断をするとご家庭に最適な電気料金プランが表示され、そのプランに変更した場合、年間でどのくらい電気代を節約できるかの見込み額が表示されます。

エネチェンジプラン診断画面

enechenge_example

エコキュートや蓄熱暖房機をお使いの場合は、はぴeタイムで適用される割引額と、画面に表示された節約見込み額を比較してみましょう。ご家庭にいちばんお得なプランがわかります。

はぴeプランの新規加入停止と電気料金値上げ後も関西のオール電化が電気代を節約していくには

2015年3月の「はぴeプラン」の新規加入停止と、さらに4月の関西電力の電気料金の値上げ予定で、4月以降の電気代に不安を感じている関西のオール電化のご家庭は多いでしょう。関西のオール電化が4月以降も電気代を節約していくためのポイントを以下にまとめました。

関西のオール電化が4月以降も電気代を節約していくためのポイント

はぴeプランの申し込みは3月31日まで
まずはご家庭に最適な電気料金プランの見直しをしたうえで、はぴeプランがお得になる場合は3月31日までに申し込みましょう。3月31日までに申し込みをした場合は、4月以降もはぴeプランを利用することができます。
4月以降オール電化に住む場合
4月以降にオール電化に住むなどの場合は、選べるプランの中から最適な電気料金プランをしっかり選びましょう。最適な電気料金プランを使うことで電気代の無駄をなくし、節約していくことが可能になります。
定期的なプランの見直しをしましょう
ご家庭の生活スタイルは年々変化していきます。生活スタイルの変化とともに、最適な電気料金プランも変わってきます。定期的にプランの見直しをしていくことで、電気料金が上がってしまってからも電気代を上手に節約していくことが可能になります。

2016年4月の電力小売り自由化以降は、今よりもさらに選べる電力会社のプランが増えます。最適プランで電気代を節約していくために、エネチェンジで電力プランを比較して選びましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。