【重要】 大東エナジー「いい部屋でんき」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. エアコンの掃除をして電気代を節約しよう!
 

エアコンの掃除をして電気代を節約しよう!

電気代の節約、節電テクニック

冬が終わり、夏に冷房を使い始める前の今この時期は、エアコンの掃除をするのにもってこいの時期です。エアコンを掃除しないでおくと、ダニやほこりで空気が汚れるだけではなく、性能が落ちてしまい、エネルギーが無駄になり、電気代がかさんでしまうのです。ここでは、正しいエアコンのお手入れ方法をご紹介して行きたいと思います。

みなさんはエアコンの掃除、していますか?エアコンを使わない春・秋は、エアコンの掃除をするのにもってこいの時期です。

エアコンを掃除しないでおくと、ダニやほこりで空気が汚れるだけではなく、エアコン性能が落ちてしまい電気代がかさんでしまいます。

ここでは、正しいエアコンのお手入れ方法をご紹介していきたいと思います。エアコンをきちんとお手入れして電気代とエネルギーを節約しましょう!

エアコンのフィルタを定期的に掃除して電気代を節約しましょう!

エアコンの掃除をしていないと、ダニやほこりがたまり空気が汚れてしまうのに加え、エアコン自体の性能が落ちてしまい、余計なエアコン代がかかるようになってしまいます。定期的にエアコンの掃除を行うことで、部屋中の空気をきれいに保ち、余計なエアコン代をかけずに電気代が節約できます。以下に、エアコンのお手入れの方法をご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

エアコンのお手入れ方法

エアコンの運転効率を保つためには、家庭で定期的にお手入れを行うことが大切です。家庭でできるエアコンのお手入れ方法の流れは以下のようになります。

フィルターのお手入れ

まずはフィルターの掃除をしていきましょう。

エアコンの蓋を開けます
エアコンのフィルターを外す前に1度掃除機でまわりのホコリを吸い取ると、フィルターを外した際ホコリが舞うのを防げます。
エアコンのフィルタを取り外します
次にフィルターを外して掃除機でホコリを吸い取りましょう。フィルターは傷つきやすいので丁寧に吸い取っていきましょう。
エアコンのフィルタを水洗いします
掃除機のみでは細かなホコリは取り除けないため、シャワーで裏側から細かなホコリを洗い流していきましょう。洗い終わったらしっかりと乾かしましょう。

吹き出し口のお手入れ

次に吹き出し口の掃除をしていきましょう。吹き出し口のお手入れをする時は危険防止のためエアコンの電源を抜いてから行いましょう。

エアコンの吹き出し口を拭き掃除します
吹き出し口を丁寧に拭きながらほこりを取り除いていきましょう。吹き出し口掃除用のブラシなども売っていますのでそれらを利用しても良いでしょう。

お手入れ時の注意点

自分でエアコンの手入れを行う際にはいくつか注意点があります。以下に気を付けましょう。

洗剤
お手入れの際に洗剤類を使うと、残った洗剤が部屋中に飛び散ったり、エアコンの中に吸い込まれてしまい故障の原因となる場合があります。汚れが気になる時はプロの業者に掃除を依頼するのが一番です。
お手入れ時期
毎日エアコンを使う時期などは最低でも月に一度はエアコンの掃除を行いましょう。最適なのは2週間に一度がベストと言われています。エアコンの性能が落ちるのを防げますし、室内の空気も綺麗に保てます。

内部の掃除はエアコンを使わない春や秋にプロに依頼しましょう!

エアコンを使う回数が少ない春や秋は、業者にエアコン掃除を依頼するベストな時期と言えます。家庭での掃除ではエアコンの内部まで掃除は出来ないため、プロに依頼してエアコンの分解クリーニングをしてもらうほうが、エアコンの寿命も延びますし、カビなども防げます。さらに、エアコンの運動効率もぐんと良くなるるため、電気代も節約できますね。

エアコンのお手入れをして電気代を節約していきましょう

家庭で定期的にエアコンの掃除を行い、春や秋などのエアコンを使わない季節に業者にクリーニングを依頼するなど、エアコンのお手入れをきちんと行うと、エアコン代は節約できます。皆さんも、エアコンを使う夏や冬に向けて、お手入れをしてみてくださいね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数