1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 引越しの際に必要な車の手続き総まとめ
 

引越しの際に必要な車の手続き総まとめ

引越し

ただでさえ手が回らない引越し作業。引越しをしたときに必要な車の手続きをつい忘れてしまう方も多いのでは。手続きを怠ることで、重大な事態を招くこともあります。引越し時に必要な手続きは全部で4つ。しっかりと理解して、スムースな引越しを!

引越しをしたときに必要な車の手続きについて説明します! 引越しにはさまざまな手続きがつきもの。時間に余裕がない中で全てをそつなくこなすのは、なかなか難しいものです。必要な車の手続きの内容を事前に知っておき、慌てないようにしましょう。

運転免許証の住所変更手続き

実は、運転免許証の住所を変更しなくても運転することは可能です。もし変更せず放置した場合はどうなるでしょうか。
可能性として考えられるのは、免許更新の案内が届かないことです。住所を変更していないばかりに、更新時期に気づかず、失効してしまう方もなかにはいるようです。こういった事態を招かないためには、速やかに変更手続きをしましょう。

運転免許証の住所変更はどこで?

新住所を所轄する「警察署」または「運転免許センター」に出向く必要があります。各都道府県警察のホームページから住所を検索してみましょう。「交番」では、変更できませんので、注意しましょう。新住所の確認に住民票があると便利です。住所変更を行ったときに数枚もらっておいた方が、後の手間を省けますよ。

住所変更に必要な書類等
  • 運転免許証
  • 新住所を確認できるもの(住民票が確実です)
  • 運転免許記載事項変更届(窓口で渡されます)
  • 印鑑
  • 申請用写真(他都道府県から転入する場合)

参照:記載事項変更(住所・本籍又は氏名の変更の方) :警視庁

自動車保管場所証明書の申請手続き

自動車車検証の変更手続きに必要な、自動車保管場所証明書(車庫証明書)の申請手続きを先にしておく必要があります。

申請手続きはどこでできる?

新住所を管轄する警察署でできます。

申請に必要な書類等
  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所の所在図、配置図
  • 保管場所使用権原疎明書面
  • 保管場所使用承諾証明書
  • 印紙(当日購入できます)
  • 住民票か印鑑証明書
  • 印鑑

出典:自動車の保管場所証明申請手続 :警視庁

自動車車検証の住所変更手続き

住所変更から「15日以内」に手続きするのが原則です。期日を過ぎても特に罰則はありませんが、しないことによる不利益も大きいため、早めに済ませたほうがよいでしょう。

変更手続きはどこでできる?

普通自動車の場合は「新住所を管轄する陸運局」に、軽自動車の場合は「軽自動車検査協会」でできます。

変更手続きに必要な書類等
  • 自動車検査証
  • 申請書(陸運局にあります)
  • 手数料納付書(印紙を購入する必要があります)
  • 自動車保管場所証明書(発行から1か月以内のもの)
  • 新住所を確認できるもの(住民票が確実です)
  • 自動車税申告書(陸運局にあります)
  • 印鑑

参照:自動車検査・登録ガイド

手続きしないと、最悪の事態に陥ることもある!?

手続きをしないと税金を多く払わなけれないけないかも。

  • リコール通知を受け取れない
  • 各種書類(税金や保険など)が届かないことも。最悪税金滞納ということもある
  • 自動車税を滞納すると延滞金が発生する

自動車保険の住所変更手続き

これで最後ですよ!いわゆる「自賠責保険」の住所変更手続きです。加入している保険会社でできるので、電話連絡するのが手っ取り早いですよ。

引越しをしたときに必要な車の手続きのまとめ

引越しをしたときに必要な車の手続きをまとめてみました。もう一回おさらいしておきましょう。

  • 運転免許証の住所変更
  • 自動車保管場所証明書の申請
  • 自動車車検証の住所変更
  • 自動車保険の住所変更

引越しをしたときに必要な車の手続きはたくさんあります!ひとつひとつ確実に済ませていくことが重要です!手続きは基本的に本人が行う必要ありますが、代理人でも可能です。自分が行けない場合は、代理人を使うなどして忙しい引越し作業をうまく乗り切りましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数