エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 「サカイ引越センター」の見積もり料金は安くできる?引越し費用相場と見積もりの流れ
 

「サカイ引越センター」の見積もり料金は安くできる?引越し費用相場と見積もりの流れ

家探し、引越し

引越し費用は、じょうずに値引き交渉をすれば安く済ませることができます。この記事では引越し業者の大手である「サカイ引越センター」へ見積もりを依頼する方法や、引越し費用の相場、値引き交渉のタイミングのコツなどを具体的に解説しています。引越しの見積もり依頼をする前にぜひ参考にしてみてください。

サカイ引越センター」は、顧客満足度が高く、人気がある引越し業者のひとつです。サカイ引越センターを利用してみたいけど、大手の引越し業者だし料金も高いのでは……?と迷っていませんか?

効果的な見積もりの取得方法や、料金を下げるコツなどを知っていれば、引越しの料金を安くすることはできるんです!ここでは、サカイ引越センターの料金相場と、見積もりの取得方法などを詳しく紹介していきます。

「サカイ引越センター」の引越し費用の相場はどのくらい?

単身からファミリーまで、幅広い層に支持されているサカイ引越センターは、値引き交渉もしやすく、思ったよりも安い料金で引越しができたという声も多くあります。安いといっても実際の引越し費用はどのぐらいなのでしょうか?

季節や時期によって引越し費用の相場が変わる

3月から4月は引越し業者の「繁忙期」となり、料金が高くなります。3月から4月は進学や転勤など、人の移動する機会が多くなる時期のため、引越しの需要が増えて相場が上昇するのです。一方、3月から4月以外の閑散期には人の動きが比較的少ないため、料金が安くなる傾向があります。

また、繁忙期は料金が高くなるほか、引越しの作業日程を押さえにくいといったデメリットもあります。

サカイ引越センターでは、「お得な引越しカレンダー」という繁忙期が一覧できる表を公式サイトに掲載しています。「お得な引越しカレンダー」に記載されている「赤字覚悟」や「勉強しまっせ!」という日にちを狙って交渉をすれば、料金を安くしてもらえる可能性が高いでしょう。

引越し先までの移動距離や家族の人数が引越し費用の変動要因になる

サカイ引越センターでは、

  • 同一県内でおよそ15km以内
  • 50km以内の近距離
  • 200km未満の同一地方内
  • 500km未満
  • 500km以上

と、引越し先までの移動距離によって料金が異なります。

例えば通常期の場合、15km以内は6万6,000円、50km以内は約7万円、200km未満は約11万円、500km未満は約15万円、500km以上は約20万円となります。

また、引越しをする家族の人数でも料金が異なります。単身であれば通常期5万円前後の引越し作業の場合、2人なら約8万円、3人なら約9万5,000円、4人家族なら10万円前後となります。

「サカイ引越センター」からの見積もりの取得方法

サカイ引越センターでは、「電話」「WEB」「訪問」の3つの方法で見積もりを行っています。
見積もりを依頼する際は、現住所や転居先の住所、荷物量、家族の人数、現住所、引越し先の前面道路の状況(幅や交通量)などをサカイ引越センターへ伝えます。

どの方法であっても、見積もりは無料です。訪問見積もりの予約をキャンセルをした場合、キャンセル料は発生しません。

忙しくて見積もり日時の予定が確定しにくい場合でも日程の調整について柔軟に対応してくれるので、安心して依頼ができますね。

電話・WEBで見積もりを依頼する

電話か公式ホームページのフォームで依頼をします。

依頼の際に注意したいのは、荷物の種類や量について細かく伝える必要があるという点です。ソファーなどの大きな家具は、縦、横、高さをメジャーで測って、正確なサイズを伝えるようにしましょう。

ただし、実物を確認しなければわからない場合も多いので、電話やWEBで取得する見積もりはおおよその金額になります。

忙しくて見積もりにかける時間が取れないという人には適していますが、荷物量が多かったり、正確な見積もりを取りたい場合には、訪問見積もりがおススメです。

訪問による見積もりを依頼する

サカイ引越センターのスタッフが直接自宅に来て見積もりをしてくれる方法です。その場で正確な見積もり金額を算出してもらえるので、荷物量が多い、正確な引越し費用を把握しておきたい、などの場合には訪問見積もりを選択するとよいでしょう。

引越し費用を少しでも安くするには?

人それぞれで引越しの条件が異なるため、引越し費用に「定価」というものはありません。そのため、工夫次第で引越し費用を安くすることができます。

ここでは、サカイ引越センターでの引越し費用を安くするためのコツをご紹介します。

荷物量を減らす工夫をしてみる

引越し費用は荷物量が少ないほど安くなるので、自分で運べる荷物はできるだけ運んでしまいましょう。また、不要なものを引越し前に処分するのも、荷物量を減らすのには有効な方法です。

サカイ引越センターの「小口便引越サービス」を利用してみる

関東~関西間の引越しで荷物量が少ない場合には、小口便引越サービスを利用することで引越し費用を安くすることができます。指定されている「高さ144cm、幅105cm、奥行き75cm」のBOXに荷物を詰めて運ぶため、料金が格安に設定されています。

ただし、小口便引越サービスは「関東と関西間の移動に限る」「資材は別料金になる」という条件があるので注意してください。なお、梱包資材については3種類の資材セットの販売サービスがあります。

サカイ引越センターの資材セット
Aパック 3,240円(税込)
ダンボール大5個 ダンボール小5個 ガムテープ1個 布団袋1枚
Bパック 6,480円(税込)
ダンボール大5個 ダンボール小5個 食器包装紙100枚 エアキャップ10m ハンガーBOX ガムテープ1個 布団袋2枚
単身資材パック 5,400円(税込)
ダンボール大10個 ダンボール小10個 ガムテープ1個 布団袋1枚

距離や時期にもよりますが、小口便引越サービスの料金は約3万円から5万円前後なので、条件が合えば引越し費用の節約ができそうですね。

「サカイ引越センター」と他社との比較をしてみる

少しでも引越し費用を安くするためには、サカイ引越センター以外の引越し業者にも見積もりを依頼し、比較検討してみましょう。比較した見積もり金額は、サカイ引越センターと交渉する際の材料になります。

他の引越し業者から提示された見積もり金額を伝えれば、それに対抗して大幅な値引きをしてくれることがあるので、ぜひ試してみてくださいね。

引越し一括見積もりで「サカイ引越センター」の引越し費用も安くなる!?

サカイ引越センター」へ見積もりを依頼する方法や、引越し費用の相場、値引き交渉のタイミングのコツなどについて解説しました。

荷物量や引越し時期について工夫をすることでじょうずに引越し費用を節約することができますが、複数の引越し業者から見積もりを取ってサカイ引越センターと料金の交渉をすることもおススメです!

「引越し一括見積もり」でよりおトクに引越しをしよう!

よい引越しサービスをより安い料金で受けたいなら、まずは引越し一括見積もりサイトを活用してみましょう。

最初からサカイ引越センターに引越しの依頼をすると決めている場合でも、引越しの一括見積もりサイトを利用してみましょう。引越しの一括見積もりサイトで自分の引越しの条件を入力すると、さまざまな引越し業者から一括して見積もりをとることができます。

また、引越し見積もりサイト限定のキャンペーンなどの優待を受けられるチャンスがあり、タイミングによってはサカイ引越しセンターへ直接依頼をするよりも、引越し見積サイトを通して依頼した方がおトクになる場合もありますよ。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。